2017-04

えっ、ライブラリーじゃないの?

日本人って凄いと思うんです。

勤勉だし、器用です。

色々なものを組み合わせて工夫し、様々な物を生み出してきました。

ロボット技術や自動車などは、今でもその最たるものです。

しか~し、その弊害が英語学習には出てると思うんです。

それは「カタカナ」と「ローマ字」です。

確かに、分からない言語を何とか日本語にしようという工夫は素晴らしかったと思いますが、伝わる英語を学んで行く過程ではどうしても足を引っ張ります。

特に私くらいになると、長年染みついた「カタカナ」と「ローマ字」が抜けないし、気が付いていなかったのです。

基本語彙でも「えー、そうなのー」というのがいくつもありました。

代表的なのはビジネスです。
スペルがBUSINESS で、発音記号が bíznəs
「ジ」は入ってません。気が付いてなかった・・・。

びっくりしたのは
ライブラリー ご存じ「LIBRARY」です。

発音記号は、láibrèri なのですが、音節に分けると3音節で、li・brar・yです。

ということは、発音記号を音節で分けると lái brèr i なのです。

強いてカタカナ混じりで書くと ライブラerィーみたいな感じでしょうか。

January、Interestingなんかも似たような感じです。

基本単語からして、全然違っているということです。

まあ遅まきながらでも、気がついてよかったということで、練習あるのみです。

発音を教わっている先生から宿題で出た早口言葉を貼っておきます。
ぜひやってみて下さい。

あ、もちろん私はゆっくり言ってます。爆

On a lazy laser raiser lies a laser ray eraser.
She sells sea shells by the seashore
Sam's shop stocks short spotted socks.
I slit the sheet, the sheet I slit, and on the slitted sheet I sit.
Selfish shellfish. (Try saying this several times)
Peter Piper picked a peck of pickled peppers.
I wish to wash my Irish wristwatch.
We surely shall see the sun shine soon.
Jerry's jelly berries taste really rare.
Rory's lawn rake rarely rakes really right.
A really leery Larry rolls readily to the road.
Lassie Lilly likes Ronny's rulers.
I thought I thought of thinking of thanking you.
Fred fed Ted bread, and Ted fed Fred bread.
I saw a kitten eating chicken in the kitchen.
A loyal warrior will rarely worry why we rule.
Around the rugged rocks the ragged rascals ran.
Susie works in a shoeshine shop. Where she shines she sits, and where she sit she shines.
A skunk sat on a stump and thunk the stump stunk, but the stump thunk the skunk stunk

最後に告知です。
以前、ブログへのお問い合わせで、サクシードでスポットの学習相談についてお問い合わせをいただきましたが、もしご興味のある方がいらっしゃれば、スクールのお問い合わせ欄からご連絡ください。通常の1回の授業料で対応させていただきます。

テーマ: 英語・英会話学習 - ジャンル:学校・教育

軸を決める

2次試験が終わって、おもいつくまま色々やってます。

NETFLIXでSUITSを見たり、気になっていた本を読んだりしています。



これは、準1級から1級まで幅広い人に良いのではと思う本でした。
読んでておもしろいし、学習参考書としては、単語リスト・対訳もあり、音声もついています。

あとは、オンラインの先生に薦められて思いついたように「ショーシャンクの空に」の原作も読みました。
これには、スタンドバイミーも入ってます。

初キングです。爆

情景が浮かんでくる描写は、今までに読んだ本とは確かに違いました。

映画に出てくるZihuatanejoは実際にある町なんですね。
mx_zih_beachabove1.jpg

早速私の「BUCKET LIST」に加えました!

死ぬまでに行きます!


こうしてやりたいことをやっていれば楽しいのですが、そればかっりだと私の場合は伸びません。

軸を決めないとダメです。

やりたいことをやっていても量をこなせば良いのでしょうが、そこまで時間をかけられないし、そもそも疲れてできません。笑

これをやると決めてそれに注力しないと、まとまった学習量にならず知識やスキルとして溜まっていかないです。

じゃあ、どうするかということですが、ここ2カ月くらい、週4回のペースで発音関連のレッスンを取ってきたので、それを当面の軸にします。

色々やってみたいことはあるのですが、喋りの改善に取り組みます。

それでは、皆さま良い週末をお過ごしください!

テーマ:英語・英会話学習 - ジャンル:学校・教育

英検1級合格マップWS開催のお知らせ

えー、今日は告知です。

「英検1級合格マップ」の著者のJunさんと一緒に
英検1級ワークショップを開催することにしました。

本の読者の方と一緒に何かできないかということで、話しをしてきたのですが、
こちらから一方的に話しをするのではなく、参加者が主体的に参加できる
「ワークショップ」形式にしたいというJunさんの想いからそういう形式になりました。

次の試験までの間、毎月1回開催予定です。
1回だけの参加でも毎回参加でも大丈夫です。

第1回は3月19日(日)で、東京千代田区内です。

1回目の内容としては、

過去問(一部)を解き、ミニ解説をしたのち、
グループワーク、6月までの計画作り、個別学習相談といったことを行います。

6月までの計画が明確になっている状態を作り上げたいと思います。

またWS終了後の継続のための仕組みも用意しています。
★オンライングループでのコミュニケーションにより、WS後も学習継続ができます
★週に1度の学習状況の進捗報告・レビューにて学習サポート(参加回から次の開催まで)

私は、主に学習計画作りなどのサポートを行ないます。
「自分目標設定用紙」、「ルーティン確認表」といったものと、学習の習慣化や使い方を示した「自立した学習者になるための教科書」(12ページ)を提供させてもらいます。→詳しくはココ

jiritsu.png

日程(予定)は以下の通りです。
第1回目 3/19 (日) 千代田区 13:00 - 17:00
第2回目 4/22 (土) 千代田区 13:00 - 17:00
第3回目 5/27 (土) 千代田区 13:00 - 17:00
第4回目 6/17 (土) 千代田区 13:00 - 17:00

私とJunさんは、学習方法のタイプも異なるので、違った話しが同時に聞けるのではないかと思います。
また、その場で終わるだけなく、一緒に勉強する仲間を作ることも出来ます。
お得なワークショップです。

お申し込みはこくちーずのサイトでこちらからです。
→http://kokucheese.com/event/index/456849/

お申込みお待ちしております。

えー、遠くに住んでいるから行けないよ~。

そんな方は、サクシードにお申し込みください。爆 

テーマ: 英語・英会話学習 - ジャンル:学校・教育

3人の「あっきー」

今日の昼の話しです。

最近、体力がもたず、必須となった席での昼寝の直前です。

席でスマホを見た途端

「うおおっ!」

思わず声が出ました。

長く一緒に取り組んできた方から来たんです。

「合格してました」メールが!

私の声に「何かあった?」と同僚に怪訝な顔をされたことは言うまでもありません。爆


今回が2次試験4回目の崖っぷち受験からの生還です。

その方が2回目の受験となった7月の2次試験から、勉強のお手伝いをしてきました。

地方にお住まいで、教わっていた先生がいなくなったということを大阪の主婦さんブログのコメントで知っていたので、去年のGWの読者企画(目標設定用紙)にお申込みいただいた際に、サポートの申し出をさせていただきました。

したがって、サクシードを始める前の0号生徒さんです。

私は、自分でも喋りはまだまだなのは自覚しているので、最初はスピーチの作り方や質疑応答で気をつけるべきことをお話しして終わりにするつもりでした。

色々お話ししていく中で、継続的なサポートの要望をいただいたので、その後も学習計画作りやスピーチのアイディア出し、学習法のアドバイス、2次の模擬面接といったことを1週間に1度継続してきました。


私自身、一緒に学習を進めていく中で、多くのことを学ばせてもらいましたが、
特に次の2点は見習いたい所です。

1.アドバイスを聞き、かつ自分流にアレンジして実行する。
2.楽しんで勉強する。



学習者としては理想的な方でしたが、試験に向けては大きな課題がありました。

「発音」です。 →アンタが言うな。怒

7月の2回目の試験では、時間も限られていたので、そこは目をつむり、スピーチや質疑応答を重点的に学んでもらいました。

3回目に向けては、スピーチの持ちネタを増やすのと同時に、私がフォローできない発音への取り組みを色々してもらいました。。

オンライン発音セミナー、World Talk、Mastering American Accent training等

万全の態勢で臨んだのですが、残念ながらすぐには結果に繋がりませんでした。


そこで4回目はしばらく「スピーチ」練習を行なわず、「発話の量を増やすこと」、「話し方(発音)」にフォーカスし、練習してもらいました。

最後の2週間は模擬面接を可能な限り行いました。

試験では、何度も練習していたトピックが出たのを聞いてホッとしました。

所要のため連絡が遅れるだろうと思っていましたが、良い連絡を頂けたので本当に良かったと思います。

仕事しながら、早起きで時間を確保され、継続して取り組んできましたからねえ。

いつ結果に繋がるかは分かりませんが、どこかで必ず結果に現われるということです

私も勇気づけられる合格でした。

ということで、これで今回の2次試験後のブログで絶対に貼り付けたいと思っていた動画を貼り付けられます。

3人の「あっきー」へ修造先生からのお祝いの歌です


「おめでとう!あっきー。やっぱりできた!」

テーマ:英語・英会話学習 - ジャンル:学校・教育

2016年3回英検1級2次試験結果

今回はやらかした感があったのですが、何とか合格してました。

2016年3回2次

素点は多分前回と同じ29点/40点(72.5%)です。
自分ゴールは32点だったので、目標には届きませんでしたが、
やれることはやった結果なので、また次に向かって努力するだけです。

結果が現われるのには、時間がかかることもあるので、
そういう時期だと思い、辛抱強く取り組みます。


一方では、嬉しい報告をもらっています。
弟子が3回目のチャレンジで2次試験を突破しました!

一次試験も1点差に2度泣き、前回の2次試験も素点で合格ラインに乗ったものの
CSEでは1点差で泣きました。

苦労した分、しっかりとした力がついたのではないかと思いますし、
継続する力もついたのではないでしょうか。

またブログの読者の方から嬉しい合格報告をいただきました。
40代のサラリーマンだそうです。
そういう方のお役に多少なりともお役に立てたなら嬉しい限りです。

私は英検の合否をこんな風に捉えています。

 合格があるから喜びもあるし、自信にもなる。
不合格があるから悔しさもあるし、学びもある。

不合格という響きは嫌ですが、学びが大きいのは間違いなく後者だし、それがあるから喜びも大きくなるのではないでしょうか。

また私が好きな言葉に東芝の創業者の田中久重の次のことばがあります。

知識は失敗より学ぶ
事を成就するには
志があり
忍耐があり
勇気 があり
失敗があり
その後に成就があるのである


今回残念だった方も、必ず道は続いています。
何をすべきか、考えながら取り組めば、必ず成就に繋がります。

試験と思うな!人生と思え!です。

私もまた次回に向けて取り組んでいきます。

テーマ: 英語・英会話学習 - ジャンル:学校・教育

«  | ホーム |  »

プロフィール

Hiroshi

Author:Hiroshi
2011年から勉強開始

2013年 TOEIC935
2013年 TOEIC965IP
2014年 英検1級(通算7回)
2015年 通訳案内士取得
2015年 英検1級奨励賞受賞

英検ゼミ サクシード

最新記事

最新コメント

カテゴリ

英検1級 (138)
英検1級2次試験 (40)
目標管理とか (22)
英語勉強法 (41)
英検準1級 (9)
雑記 (107)
オンライン英会話 (8)
音読 (7)
TOEIC (13)
通訳案内士 (17)
未分類 (12)

月別アーカイブ

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる