FC2ブログ

2019-09

音読の効果 (只管朗読)

最近のブームは音読です。

きっかけは茅ヶ崎方式英語です。
茅ヶ崎方式英語の授業では、その週に聞いたリスニング素材の一部が
次週の英作文テストに使われます。

別にそのままの表現でなくとも、英作文が出来れば良いのですが、
私の場合、英作文が出来ないので(汗)、音読を続けて暗唱するように
トレーニングをしています。
(完全な暗唱ではなく、和文からの英訳が出来る程度です。)

ある週のリスニング教材です。(これと同じ程度のニュースが2つです)

1.Japan and Taiwan have concluded a fisheries agreement on waters
near the Senkaku Islands in the East China Sea.

2.The two sides signed the agreement in Taipei on Wednesday,
17 years after the first talks began,The talks were suspended four
years ago when Tokyo and Taipei failed to narrow their diffrences
over fishing areas.Both parties reopened the negotiations last
November.

3.The deal will allow Taiwanese fishing vessels to operate in part of
Japan’s exclusive economic zone near the Senkaku Islands.The
area includes the rich tuna fishing grounds between the islets and
the Yaeyama Islands.ButJapan will not allow Taiwanese trawlers to
enter Japanese waters up to 12 nautical miles from the Senkaku
Islands.

4.The agreement does not touch on territorial rights to the disputed
Senkaku Islands.Japan nationalized the uninhabited islets last
September, but they are also claimed by China and Taiwan.

5.Analysts say Tokyo made a concession to Taipei mainly to prevent
Taiwan from joining hands with China over sovereignty of the islets.
They also say Japan realizes it has much to gain from strengthening
friendly relations with Taipei.

まだ始めて2ヶ月程度なので、効果は分かりませんが、1週間経つと
この文章についてはスムーズにリズムに乗って読めるようになります。

(読む回数は、100回/週程度です。ぼっーと聞いているのも入れると120回~
150回です。もう少し少ない回数で仕上げらると良いのですが・・・。)


トレーニングはこんな感じでやっています。

 ・読み手に重ねるように同時読みを繰り返す。

 ・読めるようになってきたらシャドーイングを行なう。
  (冠詞・前置詞を含め、100%までやり切る。)

 ・口を動かすだけでなく、意味をしっかり意識して、シャドーイングする。
 
 ・和文から英訳にする。

最後は和文英訳なのですが、残念ながらその際のスピードは相当
たどたどしいです。少しずつ表現のストックが溜まったり、訓練を続けていけば
スピードもアップ出来ると思います。

今の私にとっては、丁寧に音読し、ある程度暗唱することは、表現がストック
されたり、聞き落としていた音を正確に拾うようになったりと、非常に有用な
手段だと思っています。
また、単純に発話の練習としても非常に有効だと思います。

それと同時に英語の音ということについて、いくつかの本から勉強したことが
役に立っています。今までちゃんと勉強していなかったので、これを機会に
音についても勉強したいと思います。

ぜったい音読 (入門編と挑戦編)で受験を突破!

今日は私の息子の大学受験ネタです。

息子は一応受験生なのですが・・・・

 単語知りません
 文章読めません
 会話分かりません・・・・

偏差値は分かりませんが、先日センター模試かなんかで200点満点で
50点くらいを取って来て、流石に、このままではまずいレベルです。
(昨日英検3級の問題をやらせたら、まあ出来たので3級レベルです。)

今までは本人任せでしたが、学校も塾も大してあてにならないので
対策をとる事にしました。

戦略は、
 とにかくリスニングのレベルを上げて、全体を底上げする、です。

センター入試の素材で何か良いリスニング教材はないか色々と調べた
のですが意外とありません。

そこで同レベルの英検を活用するのと同時に、私自身非常に有用性を最近
感じている音読を学習に取り入れることにしました。 

音読のツールは前にも探したことがあって、森沢先生と國弘先生の本が
人気であることは知っていたので、書店で見比べてみました。

ぜったい音読は、中学の教科書からの抜粋ということで、話しがどうなのかなと
思いましたが、非常に良く出来ています。テーマも歴史・文化・生活と幅広い
テーマについて書かれています。

中学の教科書ってこんなに興味のあることが書かれてたっけと、驚きです。

で、まずは入門編を買って、ついでに私用に挑戦編も買いました。


「ぜったい音読」の著者は、國弘正雄先生です。
私も詳しくはないですが、アポロ11号の着陸時の同時通訳をやられた方で、
同時通訳の神様と言われた方です。

先生が提唱される只管朗読 (しかんろうどく)は以下の通りです。

1.只管朗読とは 英文をただひたすら音読すること。

2.只管朗読の目的
  読む・書く・聞く・話すを含む総合的な英語力をたかめること

4.只管朗読の効果
  ・英語学習の盤石な基本が確立され、語感・英語らしさが体得される。
  ・ハイレベルなオールラウンドの英語力を身につけることができる。
  ・英文を見て、聴いて、瞬時に理解できるようになる。
  ・筆を執ると自然に英文が流れ出てくるようになる。
  ・英語が自然に口をついて出てくるようになる。

5.只管朗読のための教材
  ・中学2・3年の教科書で充分。
  ・中学の教科書には日常に使う表現、構文、文法、語彙がすべて網羅
   されている。
  ・音読するには内容、構造、文法、単語がよく理解できていることが
   望ましい。

全く英語をやって来なかった息子がどうなるのか分かりませんが、一緒に
トレーニングをしていきたいと思います。




Amazonアソシエイト by 英会話・ぜったい・音読 【入門編】?英語の基礎回路を作る本 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

«  | ホーム |  »

プロフィール

Hiroshi

Author:Hiroshi
2011年から勉強開始

2013年 TOEIC935
2013年 TOEIC965IP
2014年 英検1級(通算9回)
2015年 通訳案内士取得
2015年 英検1級奨励賞受賞

英検® 特化型塾サクシード

最新記事

最新コメント

カテゴリ

英検1級 (164)
英検1級2次試験 (51)
目標管理とか (23)
英語勉強法 (45)
英検準1級 (9)
雑記 (127)
オンライン英会話 (8)
音読 (7)
TOEIC (13)
通訳案内士 (40)
未分類 (12)

月別アーカイブ

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる