2017-10

青春の詩 サミュエルウルマンを読む

先週末の朗唱練習会が終わった後に、次の朗唱素材を何が良いかを
オンラインの先生と話しをしていた時に、「前にインビクタスに感動したと
言っていたからあれが良いのでは」とアドバイスをもらいました。

詩の朗読というのは、念頭になかったのですが、それもありかと思い、
原文を取ってきました。

私の好きなおっさん俳優のモーガンフリーマンが主演したインビクタスの中で、
マンデラ大統領役のモーガンフリーマンが、詩の一部のフレーズを何度も
つぶやきます。
(この映画は、南アフリカでマンデラ政権が誕生し、ワールドカップラグビーが
南アで初開催された時の実話を元に作られています。良い映画です。 )

それが、以下のフレーズです。

 I am the master of my fate: 私が我が運命の支配者
 I am the captain of my soul.
 私が我が魂の指揮官なのだ

 ご興味がある方は、INVICTUS William Ernest Henleyで検索してみて下さい。
 詩的な表現もありますが、力強い意志を感じさせてくれます。


これの他に、何か他にないかなあと考えて、思い出したのが

サミュエルウルマンの「青春」という詩です。

「青春とは人生のある期間を言うのではなく
心の様相を言うのだ。」


という出だしで始まる詩です。
色々な所で紹介されているので、ご存知の方も多いのではないでしょうか。
邦訳等は、詩の普及活動をしている「新青春の会」のHPをご覧下さい。

随分昔に見たことはあるのですが、その時は「中高年の詩だな」と思っただけで
心には響きませんでした。(当たり前です。)
でも、今読むと良いです。特に英語で読むと魂に響く感じです。
(この詩に感動するようになったのは、おっさんになった「証し」です )

これとインビクタスを次の暗唱素材として、取り組みます。
並行して、他の素材でも少しずつ音読を重ねてみたいと思います。

詩だけではなく、洋楽の朗読もありかとも思います。
いずれにしろ、自分の好きな物を愉しんでやるという事が大事なんでしょうね。

最近やっと少しだけ英語に前向きに取り組めるようになってきました
それが一番の収穫かもしれません。

英検の勉強はどうしたかって? 今週末から頑張ります。

“YOUTH” Samuel Ulman

Youth is not a time of life -it is a state of mind ;
it is a temper of the will, a quality of a imagination,
a vigor of the emotions, a predominance of courage over timidity,
of the appetite for adventure over love of ease.

Nobody grows old only by deserting their ideals.
Years wrinkle the skin, but to give up enthusiasm wrinkles the soul

Worry, doubt, self-distrust, fear, and despair― there are the long, long, years
that bow the head and turn the growing spirit back to dust.

Whether seventy or sixteen, there is in every being's heart the love of
wonder, the sweet amazement at the stars and the starlike things
and thoughts, the undouted challenge of events, the unfailing childlike
appetite for what next, and the joy and the game of life.

You are as young as your faith, as old as your doubt;
as young as your self-confidence, as old as your fear,
as young as your hope, as old as your despair.


So long as your heart receives messages of beauty, cheer, courage,
grandeur, and power from the earth, from man and from the Infinit,
so long you are young.

When the writer are all down and all the central place of your heart is
covered with the snows of pessimism and the ice of cyncism,
then you are grown old indeed and may God have mercy on your soul.




インビクタス / 負けざる者たち [DVD]
ワーナー・ホーム・ビデオ
2010-11-03
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by インビクタス / 負けざる者たち [DVD] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

コメント

No title

2つ前の記事を読んだときはブログの方向性が変わったのかと思いました(笑)

インビクタス、良かったですね。私はマットデイモンが大好きで英語をやり直すことにしたんです。実は。グッドウィルハンティングを100%英語で理解したいと思ったのが動機でした。

「英語が前向きに取り組めるようになってきた」その気持ちわかります。私も結構長いこと半分後ろ向きでやってました。屈折してたんです・・・。

英語をやり直し始めたころはドンドン伸びますし、TOEICでも点数が反映されて面白く感じれるのですが、上にいけばいくほど、伸びが実感できる場面が少なくて、出来ないことばっかりが気になりますよね・・・。でも1年後2年後の自分に期待して頑張りましょう!!!

No title

そうなんですよ、2つ前の記事はこれでもちょっと反省しています。女性ファンが・・・(爆)

milkさんの動機はグッドウィルハンティングですか。評判は知っていますが、実はまだ見ていないので、今度見ます。映画を100%理解出来る日は私には来そうにないですが、字幕無しで大体理解できるようになりたいですね。

この間のIPテストが終わって何となく気持ちが落ち着いた所があるので、じっくりやっていきます。英検も周りを気にしないで自分合格を設定して少しずつ駒を進めて行きます。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://geteiken1.blog.fc2.com/tb.php/66-7b6235a9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

プロフィール

Hiroshi

Author:Hiroshi
2011年から勉強開始

2013年 TOEIC935
2013年 TOEIC965IP
2014年 英検1級(通算8回)
2015年 通訳案内士取得
2015年 英検1級奨励賞受賞

英検® 特化型塾サクシード

最新記事

最新コメント

カテゴリ

英検1級 (155)
英検1級2次試験 (45)
目標管理とか (22)
英語勉強法 (45)
英検準1級 (9)
雑記 (114)
オンライン英会話 (8)
音読 (7)
TOEIC (13)
通訳案内士 (18)
未分類 (12)

月別アーカイブ

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる