2017-10

英検1級2次試験に何が起きているのか?

2016年に入ってから、2次試験の様子が今までと異なっています。

最大の変化は、去年までは面接官の採点で6割あれば合格でしたが、
今年からは6割では不合格となったことです。

今年からは、面接官の採点は以下のとおりです。

スピーチ     10点
インタラクション 10点
語彙・文法    10点
発音        10点
合計        40点

昨年までは上記に当てはめると24点で合格だったのですが、

第1回は26点が安全圏で、25点だと不合格のケースがあり、

第2回は27点が安全圏で、26点だと不合格のケースがでています。

何が起こっているのか、英検協会が何を意図しているかは全く不明ですが、
今までの合格基準(6割)が低すぎたと判断しているのかもしれません。

また運営上では、今回の首都圏の会場では、会場によってはタイムキーパーがおらず、
面接官が自分で、時間管理をしていた会場もあったようです。

新しい仕組みになって、色々と混乱が起こっていることが考えられます。

確実に合格を勝ち取るためには、全ての項目で7割を取ることが必要になったと考えた方が良さそうです。
更に面接官による差を考えると、8×4=32を取れる対策が必要かと思われます。

特に私のように、発音や文法・語彙に問題がある場合には、
そこを見過ごしたまま取り組んでいると合格に近づかない可能性があります。

これからチャレンジされる方も、スピーチということではなく、普段の学習の中で発音や運用語彙を増やす取り組みを少しずつされて行くのが良いと思います。

じゃないと、私のように後でツケが回ってきます。笑

しばらく結果は出ないと思いますが、私もアウトプットの向上に繋がる学習を中心に取り組んでいきます。

「無駄遣い王」として購入してきた教材をここで投入し、体幹を鍛えます!

テーマ: 英語・英会話学習 - ジャンル:学校・教育

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

隠しコメントさん

初めまして
ご質問に対する答えは以下になります。

ご質問
>チェルシー式とかというDVDがよく宣伝されているのですが、使用されたことはございますでしょうか。

使ったことも買ったこともありません。
あまりにも広告臭いので買う気がしません。
また、買ったことがあるという人を聞いたことがありません。

また昔の問題なら分かりませんが、
今年からは対策を変えるべきなのに、
対応していてない所も疑問があります。

そんな感じです。


Hiroshiさん、

ありがとうございます。情報提供ありがとうございました。
教材はこのブログで紹介されているものを使用して勉強していきたいと思います。ひき続き、よろしくお願いします。

Oakleyさん

Oakleyさんへ

私のブログは、根性論が多く、具体的な勉強の参考にはならないかもしれませんが、ご贔屓の程どうぞよろしくお願いいたします。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

プロフィール

Hiroshi

Author:Hiroshi
2011年から勉強開始

2013年 TOEIC935
2013年 TOEIC965IP
2014年 英検1級(通算8回)
2015年 通訳案内士取得
2015年 英検1級奨励賞受賞

英検® 特化型塾サクシード

最新記事

最新コメント

カテゴリ

英検1級 (156)
英検1級2次試験 (45)
目標管理とか (22)
英語勉強法 (45)
英検準1級 (9)
雑記 (114)
オンライン英会話 (8)
音読 (7)
TOEIC (13)
通訳案内士 (18)
未分類 (12)

月別アーカイブ

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる