2017-10

「ゼロ思考」で受け止める

今日は語彙の振り返りです。

いつものように語彙単語問題21題の選択肢84語を整理してみました。
SVL_passtan2.png

難易度はほぼ変わりなし。

前回よりパス単掲載語が正答に選ばれている比率は低かったですが、いつも通りです。

ちなみに私は派生語は全く見ていないので、派生語を含めれば10%程度比率は上がると思います。

忘れてました。

人は、「忘れる」し、「怠ける」動物だということを。

やんなきゃだめですね。


今日送られてきたメルマガ(出口光氏)に印象的なことが書かれていたので紹介します。

江戸後期の禅僧、良寛和尚の逸話を知っていますか。

マイナスでもプラスでもない、「ゼロ思考」のお話です。

良寛の名声をねたむ一人の船頭がいました。

その船頭は、良寛が舟に乗ったとき、川の真ん中でわざと大きく舟を揺らしました。

良寛は、川の中に投げ出され溺れます。

が、

船頭を恨むこともなく、運命を甘んじて受け入れ、死に向かいます。

その泰然たる様子に、さすがに船頭は良寛を舟に引き上げました。

そこで、引き揚げられた和尚は、何と言ったと思いますか?

「命を助けてくれてありがとう。あなたは私の命の恩人です。
このご恩は決して忘れません」
と手を合わせたというのです。

一見、プラス思考のように思えるかもしれません。

でも良寛和尚は、突き落とされたことをマイナスにもプラスにも解釈するのではなく、
ただ水の中に投げ出された事実と一緒にいたのです。

そして、船頭のその後の人生にとてつもない影響を与えました。

良寛は、自分のためにプラス思考をしたのではないのです。

マイナスでもプラスでもない「ゼロ思考」をまず、することができたのです。

「ただ、事実を事実として、受け入れる」 これは、本当の現実主義者です。




事実は事実として受け入れ、粛々と水を注ぎこむ。

それが例え「ザル」で「ダダ漏れ」であったとしても。

「焦らず、弛まず、粛々と」

テーマ:英語・英会話学習 - ジャンル:学校・教育

コメント

ええこというわ~!!!(感涙)

まるで昨日の私のスクールに体験レッスンにいったあとの心境だわ(←結果的に自分褒め)

焦らずたゆまず、粛々と。

そう。それしかない。。。

大阪の主婦さんへ

そうでしょう、年とってきた分、言うことだけは立派になってきてます。爆

でも、体と心がついていかないんですよ(特にカラダ)・・・。

勢いとかヤル気とかに左右されず、淡々と歩みを重ねたいですが、凡人なので中々そうはいきません。

今回は調子に乗っちゃだめだと思い知ったので、色々やり直しです。
合格してて欲しいなあ。

そうそう、私も主婦さんのスクールに行ったら、同じコース確定です。
主婦さんが書かれていた質問見事に玉砕してました。笑

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

プロフィール

Hiroshi

Author:Hiroshi
2011年から勉強開始

2013年 TOEIC935
2013年 TOEIC965IP
2014年 英検1級(通算8回)
2015年 通訳案内士取得
2015年 英検1級奨励賞受賞

英検® 特化型塾サクシード

最新記事

最新コメント

カテゴリ

英検1級 (156)
英検1級2次試験 (45)
目標管理とか (22)
英語勉強法 (45)
英検準1級 (9)
雑記 (114)
オンライン英会話 (8)
音読 (7)
TOEIC (13)
通訳案内士 (18)
未分類 (12)

月別アーカイブ

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる