2017-06

やっぱり「ニュースで英会話」は学習者の最強マテリアル

今スクールで良く聞かれる質問のひとつ。

「リスニングの勉強で何をすれば良いですか?」

素材はなんでも良くて、自分のレベルに応じて精聴と多聴を行なえば良いのだと思います。

有料の物であれば、アルクのヒアリングマラソンやCNNeeといった所が定番でしょう。

無料の物で言えば

CNN STUDENT NEWS
VOA LEARNIG ENGLISH
BBC 6MINUTES
ジャパンタイムスST

こういった所がスクリプトも手に入ってあまり長過ぎないのでお勧めです。

もちろん英検に関していえば、過去問もお勧めです。

とは言え、レベルにも差があったり、かけられる時間にも差があります。

そんな中、万人に対応できる神番組が「ニュースで英会話」ではないかと思ってます。

テレビやアプリではなくPC版です。
ニュースで英会話

PC版なら、アナウンサーが喋ってるもの、ナレターが吹き込んだもの(遅い、普通)と3種類のスピードから選べます。どの番組も1分程度なので、繰り返し聞いたりすることが苦も無くできる長さです。単語の意味も出ているし、至れり尽くせりです。

これを題材に毎日トレーニングを続けたら間違いなく伸びてきます。

短いニュースなので、色々なトレーニングをすることが可能です。

私が以前にやっていたのは、こんな感じです。

通常のアナウンサーバージョンです。

まず1回聞く。

2回目は取れなかった音や意味にフォーカスして聞く。

次にスクリプトを読む。

理解して3回目を聞く。ここで一応リスニングに関しては終了です。

この後は、2回自分で音読をします。

3回目はアナウンサーと一緒に同時読みします。
当然ついていけない箇所はありますが、端折って読みます。

最後にもう1回そのスピードを意識して読んで終了です。

多分これで10数分程度ですが、集中してやると結構疲れます。

音読を混ぜるようにしているのは、自分の発音(話し方)の矯正のためです。
声にだすことで聞けない音も自分のものになってくると思っているからです。

自分のレベルややりたいことに合わせて、音声を変更したり、サマライズを間に挟んだりすることもできます。短い番組だからこそ自由にアレンジできるのではないでしょうか。

達人になると和英に取り組んだりもされてますが、私はまだまだそこには至りません。

PC版を試されたことがない方は、ぜひ一度何が出来そうか試してみて下さい。
15分でも負荷がかかるトレーニングをすれば、良い学習になることは間違いありません。

ただし、ちゃんと毎日やらないとです。
ねえ、あっこさん(笑)

試験前は試験のことに集中すべきであるので、受験される方にはお勧めしませんが、短い時間で効果的なトレーニングをされたい方にはお勧めです。

テーマ: 英語・英会話学習 - ジャンル:学校・教育

コメント

やってみます。ニュースで英会話。”実践ビジネス英語”も楽しいと思います。やっぱりこの英検1級レベルの単語も使うのね~って実感しています。使わなきゃ損ですよね。ネイティブではないので。

とにかく実践あるのみ。いろいろとやっているうちに身についてるといいなぁって思います。

せにちゃんへ

実ビジも良いですね。
私は何度も実ビジは挫折していますが、
杉田先生の語り口が好きです。

いろいろやっていけば、身についてくると思います。
そう思ってやらないと、こんなことやってられません(笑)。

できる、できる、絶対できる!です。

Hiroshi先生!!

いつもどうも有難うございます!!
職場のお昼休憩でするのにちょうど良いボリュームです。
食後の眠気も覚ましてくれます。笑。

AKIKOさんへ

AKIKOさんへ

コメントどうもです!
この番組は、短いので色々な使い方ができるところが良いのではと思います。
声を出すのは、良いですよね。

私は息の使い方がへたくそで、すぐに息切れして、いやになりますが、練習あるのみです。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

プロフィール

Hiroshi

Author:Hiroshi
2011年から勉強開始

2013年 TOEIC935
2013年 TOEIC965IP
2014年 英検1級(通算7回)
2015年 通訳案内士取得
2015年 英検1級奨励賞受賞

英検ゼミ サクシード

最新記事

最新コメント

カテゴリ

英検1級 (148)
英検1級2次試験 (41)
目標管理とか (22)
英語勉強法 (43)
英検準1級 (9)
雑記 (109)
オンライン英会話 (8)
音読 (7)
TOEIC (13)
通訳案内士 (18)
未分類 (12)

月別アーカイブ

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる