2017-04

英検CSEスコアの謎に迫る! ~2016年第1回英検1級1次試験CSEスコア分析、何が変わったのか~

多数の方にご協力いただき2016年英検1級1次試験CSEスコア分が大体まとまりましたのでご報告します。

まず一番大事な合格ラインからです。
各技能の合格ラインであるCSEスコア676を超えた正答数・得点を表示しています。
2016年1回1次合格ライン

表にある通りですが、以下が合格ラインです。
リーディング 29点
リスニング  19点
ライティング 24点


配点は合計で100点になるのですが、CSEスコアに換算するので素点の合計に意味はありません。

次にいただいたスコアの一覧表です。
黒字は報告いただいた数字で、赤字は私の推計です。黄色の網掛けが合格ラインです。

2016年1回1次csescore

興味深いのはオレンジの囲みで、同じ得点でもスコアが異なる場合があることです。
詳細を教えていただいたライティングの分野別得点を出してみます。
2016年1回1次w

ライティングの分野ごとの得点比率は均等であると英検協会は言ってましたが、得点は同じでもスコア換算する際に何らかフィルターをかけるため、スコアに違いがでるということです。

次に上記の表を分野別にグラフにしてみました。
縦軸がスコアで、横軸が得点です。

リーディング得点分布
2016年1回1次Rcsescore

リスニング得点分布
2016年1回1次Lcsescore

ライティング得点分布
2016年1回1次Wcsescore

いずれも右側の高得点になるほど1問の重みが増すことが分かります。
意外だったのは、リーディングの合格ラインより下の得点分布が思ったよりなだらかなことです。私は合格ラインを過ぎた所から下げ幅がおおきくなるのではないかと思っていました。

これは、リーディングでのダメージをリスニングとライティングでかなりカバーできることを示唆しています。これは後ほど具体的に述べます。

ここからは、これらのデータから感じた私の感想です。

今回のCSEスコアの導入によって、全く別物の試験になりました。

1.ライティングの重要性がやはり高い
2.リーディングの比重が思ったより下がった


これは上に書いた通りリーディングの失敗を他の分野で容易にカバーできるということです。

例えばリーディングで仮に半分の得点であったしてもCSEでは私の推計では633あります。

合格レベルの676に対して、不足約40を他の2分野で埋めればいいのです。

分かりやすい例では、従来帰国子女の小学生は語彙が壁になっていましたが、ライティングとリスニングで点数を稼げば、苦も無く合格するのではないでしょうか。

4技能化ということを考えていけば、正しい方向だと思いますが、私は英検を通して「読み」を強化したいと思ってきたので、語彙を含めた読みのウェートが下がるのはさみしい感じがするというのが正直な感想です。ガラパゴスと言われようが、その良さがなくなるのは残念です。

一方で最後に1つ申し上げるならば、今までとは違った取り組み方法が可能になることで、英検1級へのチャレンジのハードルは下がった、合格に続く道が増えたと言えるのではないでしょうか。
今までためらっていた方の受験をお勧めします。

今回の試験で残念だった方や新たなチャレンジャーの皆さんは、こうしたデータを踏まえ、何にどう取り組むのかを考えれば自分の合格への道が見えてくると思います。

皆さんのご参考になれば幸いです。

また貴重なデータを提供いただいた皆さんには大変感謝申し上げます。
特にボーダーまでのデータの提供がなければ、誤った想定をしていたのではないかと思います。
本当に助かりました。ありがとうございます。
数字の誤りや赤字部分の想定スコアに関する追加情報がありましたら、教えていただければ助かります。

テーマ:英語・英会話学習 - ジャンル:学校・教育

コメント

Hiroshiさん
すごい分析ですね。これはホントに英検対策英語塾できますね。素晴らしいと思います。

実は息子が今回一級を受けてまして、ギリギリ1次合格してました。赤字部分を埋めるのにちょうどいいのでご報告します。

reading 25/41 CSE 657
listening 23/27 CSE 723
writing 22/32 CSE 651

赤字部分、ほぼ合ってますね。素晴らしいです。

リーディング、ライティング、リスニングのグラフでデータを考察されているようですが、横軸の特典スケールに違いがあります。この場合はスケールを最大値か何かで標準化し比較すべきかもしれません。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

shu-tさんへ

shu-tさんへ
英語の実力では足りませんが、試験に受からせる戦略では普通の学校には負けないのではないかと思います(笑)。

貴重なデータをありがとうございます。
それにしても、この親にしてこの子ありですね。
素晴らし過ぎです。

想定スコアも大体合ってましたか。
そういうことだけは長けているのかもしれません。ははは

匿名さんへ

匿名さんへ

単純に得点分布を並べたかっただけなので、スケールを合わせようとかの視点はありませんでした。

ただ、問題数に違いもあるので、比較することで何か特別な考察が得られるようには感じません。

比較していただいて何か分かりましたら是非ご教示ください。

隠しコメントさんへ

貴重なデータありがとうございます。

助かりました。

私も目指したいと思います。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

プロフィール

Hiroshi

Author:Hiroshi
2011年から勉強開始

2013年 TOEIC935
2013年 TOEIC965IP
2014年 英検1級(通算7回)
2015年 通訳案内士取得
2015年 英検1級奨励賞受賞

英検ゼミ サクシード

最新記事

最新コメント

カテゴリ

英検1級 (138)
英検1級2次試験 (40)
目標管理とか (22)
英語勉強法 (41)
英検準1級 (9)
雑記 (107)
オンライン英会話 (8)
音読 (7)
TOEIC (13)
通訳案内士 (17)
未分類 (12)

月別アーカイブ

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる