2017-10

英検1級1次試験で試験最中に意識していること(読み方・聞き方)

私は英検1級1次試験の際こんな意識で解いています。

読解
1.語彙   悩まない
2.空所補充 寄り添う
3.内容一致 ペースを変える

リスニング
1.Part1 引きずらない
2.Part2 あきらめない
3.Part3 なりきる
4.Part4 イメージする

少し、それぞれに対して書き加えると

読解

1.語彙 悩まない
悩むと次の問題でも考えながら読んでしまい、英文が入ってこない。

悩んだらダメです。

以前は私も「鉛筆でも転がせば」と言ってましたが、今は違います。

皆さん覚えてますか?

覚えている方は一緒にご唱和ください。


「迷ったら!! 1番!!!」


何のことという人は研究成果をクリックしてください。


2.空所補充 寄り添う

順接なのか、逆接なのか、補足なのか、文の流れを意識する。
接続詞、接続副詞を意識。

私はパラグラフを読んでから空所に戻り、選択肢を読みます


3.内容一致 ペースを変える

パラグラフのトピックセンテンスは少しゆっくり目に読み、そのパラグラフで何が言いたいのか、どんな話しになりそうかを掴む。設問と関係のないKEYWORDにふれていない箇所はスピードを上げ、KEYWORDに差し掛かったらまたゆっくり読む。KEYWORDは後で戻れるようアンダーライン。人名等の固有名詞が出てきたら必ずアンダーライン。


リスニング

1.Part1 引きずらない

これも語彙と一緒ですが、聞けなかった時に次の問題に引きずらない。過ぎたことは忘れる。

2.Part2 あきらめない

最初のパートが分からなくても、大概後半の設問は前半の内容とは関係のない設問なので、後半で気持ちを切り替える。Howeverとかで、パラグラフが変わったところで2問目は聞かれることが多く、「こっから2問目」と意識を切らさない。

3.Part3 なりきる

置かれた状況(曜日、帰国日等)を覚え、なりきって聞く。ホテルなのか、空港なのか、事故現場なのか、そうすることで主体的に聞ける。後半で疲れてるけど集中度はMAX。数字は書き取る。


4.Part4 イメージする

慣れれば意外と余裕のあるパート。設問と関係のないことを話していることも多い(特に最初はどんな職業が分かれば流し聞きで設問読む)。

ただし、最近はよく分からない話しが多くなってるので、注意が必要。

なんの話しなのかをよくつかむ。

この話しはこんなだよなとイメージすると、それから外れるような突飛なことは聞かないし、回答も非常識な回答はない。
インタビューが聞けてなかったら質問に対して、常識的な答え(選択肢)を選ぶのが吉。

無理と思ってもこの問題が最後「切れたら負け!!」

最後まで気持ちを切らさず、出し切れ!

絶対、できる!!

テーマ: 英語・英会話学習 - ジャンル:学校・教育

コメント

頑張って下さい

Hiroshiさん、お久しぶりです。
いよいよ明日ですね。
Hiroshiさんに出会ってなかったら、きっと私も明日受験してただろうと思います。
一級合格後は、TIMEのリーディング、映画など楽しみながら英語学習しています。
目下の目標はとりあえずTOEICで納得できるスコアを自分史に残すことです。
エッセイが今回は前以上にストレスがかかると思いますが、Hiroshiさんも出し切ってください。応援しています。

やっぴさんへ

やっぴさん、お久しぶりです!
応援コメントありがとう!
少しでもお役に立ったなら光栄ですが、受かったのはやっぴさんの実力です。
いい感じで楽習してますね〜。
興味のあることを楽しみながら学ぶのが、あるべき姿です。
やっぴさんの自分史にまた新たな伝説が刻まれることを願ってます。
私は今回最後にガス欠気味で、十分な準備ができていませんが最後まで足掻き全部出し切ります。
「試験と思うな、人生と思え!」です。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

プロフィール

Hiroshi

Author:Hiroshi
2011年から勉強開始

2013年 TOEIC935
2013年 TOEIC965IP
2014年 英検1級(通算8回)
2015年 通訳案内士取得
2015年 英検1級奨励賞受賞

英検® 特化型塾サクシード

最新記事

最新コメント

カテゴリ

英検1級 (156)
英検1級2次試験 (45)
目標管理とか (22)
英語勉強法 (45)
英検準1級 (9)
雑記 (114)
オンライン英会話 (8)
音読 (7)
TOEIC (13)
通訳案内士 (18)
未分類 (12)

月別アーカイブ

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる