2017-06

2016年第1回英検1級一次試験の難易度が変わる?! 簡単になるのか?

新しいCSEスコアによる1次合格点が2,028になるとお伝えしました。

それってどのくらいの比率だろと思って計算してみました。

1次試験の満点は2,550点なので得点率を計算すると2,028÷2,550=79.5%です。
(前回計算が間違ってました。正しいのは79.5%でした。すみません)

ちょっと待って下さい

80%!!

1次試験で8割の正答率!!

以前の113点満点で計算するとなんと90点です。

過去最高合格ラインだった2015年の第2回でも合格点は85点で得点率は75%です。

合格者平均の得点率でやっと81%です。

去年の第1回と第3回の合格点の得点率は73%です。


明らかにこれまでの傾向と変わってきます。

これは何を意味するのか?

色々考えましたが、やはり問題の難易度が変わるということではないでしょうか。

しかし、既にエッセイにポイント提示がなくなり、語数も増えることを考慮すると十分難化しています。

となると、他の技能の評価が甘くなるということになります。


普通に考えると、まず語彙の難易度が下がります。

語彙25点満点で8割の20点を取らせようとするとかなり甘くなりそうです。

これ以外の読解と聴解に関してはどうなんでしょう。

難易度が大きく下がることはないというのが私の意見です。

ただし、難問が出なくなるということだと思ってます。
例えば、読解のレベルで言えば、直近の2015年2回のレベルであり、間違っても2014年3回レベルではないだろうということです。

聴解の場合ならパート3のリアルシチュエーションの条件設定が難しくないパターンだし、パート4のインタビューもやさしい物に変わるのではないか、パート2なら選択肢の文章が短くなるとかではないかと予測します。

素直な問題を増やすことで、受験者が得点しやすくするということではないかと思います。

あと考えられるのは、受験者の出来栄えを見ながら各問題の配点を変更するとか、素点に係数(1.1倍とか)をかけてCSEスコアを算出するということも考えられます。


いずれにしろ、エッセイ以外で試験内容に変更があるわけではないので、今までの勉強内容を変える必要はありませんが、今までと違っている点が1点あります。

8割の得点が必要になるということは、捨てることが出来る問題が減るということです。

7割程度のラインなら、得意分野があればカバー出来ましたがこれからはそうは行きません。

もし苦手分野があるなら、ここからでもその穴を埋める努力をしていかないといけないと思います。

また、本番でもできたはずの問題を落とさないようにするために、より時間配分に注意が必要となると考えます。

特にエッセイ。。。 私だけかもしれませんが・・・。
私もやっとエッセイ練習にちゃんと取り組みだしました。

それにしてもスペルミスの多いこと多いこと・・・。

書くのには相変わらず時間もかかりますが、やらなきゃ変わらない!

ということでチャレンジャーの皆さんエッセイを書きましょう!! 
泣きながらでも書きゃいいんです、書けば!!

テーマ: 英語・英会話学習 - ジャンル:学校・教育

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

隠しコメントさんへ

ありがとうございます!!

数字を修正しました(滝汗)

またお気づきの点ありましたら教えて下さい。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

隠しコメントさんへ

6月の試験は、実際どうなるのか受けてみないと分かりません。

「当たって砕けず、突破してください!!」

私は、全力でやれてるとはとても言えませんが、

それぞれの環境の中で「自分がやれることはやる」ということが大事だと思ってます。

それもやれてるとは言えませんが、少なくともそう思っています。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

プロフィール

Hiroshi

Author:Hiroshi
2011年から勉強開始

2013年 TOEIC935
2013年 TOEIC965IP
2014年 英検1級(通算7回)
2015年 通訳案内士取得
2015年 英検1級奨励賞受賞

英検ゼミ サクシード

最新記事

最新コメント

カテゴリ

英検1級 (148)
英検1級2次試験 (41)
目標管理とか (22)
英語勉強法 (43)
英検準1級 (9)
雑記 (109)
オンライン英会話 (8)
音読 (7)
TOEIC (13)
通訳案内士 (18)
未分類 (12)

月別アーカイブ

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる