2017-06

リーディングマラソン 英検読解編 DAY4

今日の私です。
画像


なんとか6回分を解きました。

しかしへろへろ。。。


今日の対象は2010年の2回から、2021012年の1回まで。空所補充(大問2)と内容一致(大問3)です。

結果は以下のとおり。


       大問2  大問3 (カッコ内は解答時間 分)
2010年
2回     6(14)  20(54)
3回     6(13)  20(50)
2011年
1回     5(12)  20(35)
2回     6(10)  16(42)
3回     6( 8)  12(45) 
2012年
1回     3(14)  14(42)

(大問2は6点満点、大問3は20点満点)

前半は、時間がかかり過ぎだし、後半は理解度が低下。。。

このあたりが、今の限界です。


今回の取り組みの目的が単なるブログネタだったのか、何だったのか最早分からなくなってきたので、もう一度整理すると、


1.英文を長時間読むことで、英語読みの体力をつける。

2.多解きをすることで、英検の選択肢に迷わされない。

3.限界を超えることで、何か得られるのかを探る。


普段やれないことをやろうということでしたが、目的はこんな感じでした。

で、何か得たものがあったかというと


「つ・か・れ・た」 


そりゃそうです。

大して復習もしないで、問題演習だけやったら勉強としてはあまり意味がありません。限界を知る意味では良かったですが、勉強としてはいかがな物かというのが結論です。ハイ

まあでも英検の問題を読むことくらいなら、抵抗はなくなったのでそれだけでも大きな成果だと思うことにします。


そうじゃなきゃ、時間をかえせ~!!!!!です。


そうは言っても、急に止めるのも何なので、明日はキリが良い2012年の残り2回だけやっときます。


そういうことで、皆さんは楽しいGWは過ごされましたか?

私は、とっても思い出に残るGWを過ごすことができました(爆)。


また、今週はたくさんの方から「ブログ気持玉」をいただきありがとうございました。

おかげさまで頑張ることができました!!!

コメント

No title

しかし。。。この毎回マンガの挿絵、どこからひっぱってくるのん(笑)
HIROSHIさん、ここまでやったら、ほんと、
「真の英検研究家」だわ~!!(爆)

なかなかおらんよ。ここまで頑張れる人(爆)

実際のところ、英検1級独特の 読解記事分野とか、選択肢の選び方って大量に解いて慣れるって必要だもんな~。。

それはTOEICにも言えることだけど、
ここまでがんばれない~(泣)

尊敬するわ~♪

え、今日も解答するんですか(爆)
がんばってください!

No title

お久しぶりです。
昨日と今日と挿絵に笑いが止まりません。コーヒー飲んでいたら吹くところでしたよ。
私は3日間韓国ドラマ三昧でした。今の体力では英検の長文は読めない。のび太に負けないようがんばります。

No title

大阪の主婦さんへ
あれっ、コメントしたつもりだったのが、最後出来てなかった模様。

もうろうとしていたのかも(爆)

ブログの連投も意外と大変でしたが、主婦さんのコメントで励まされました。

No title

ばっちもんがらさんへ
こんばんは~♪お久し振りです!!
喜んでもらえてなによりです。

いつもばっちもんがらさんのブログでは、勉強させてもらってます。ああやって映画やドラマから学べるようになるのが理想です。

そろそろ学習方法も所謂参考書からだけで学んでいては伸びないだろうなと思いだしています。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://geteiken1.blog.fc2.com/tb.php/201-ba299262
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

プロフィール

Hiroshi

Author:Hiroshi
2011年から勉強開始

2013年 TOEIC935
2013年 TOEIC965IP
2014年 英検1級(通算7回)
2015年 通訳案内士取得
2015年 英検1級奨励賞受賞

英検ゼミ サクシード

最新記事

最新コメント

カテゴリ

英検1級 (148)
英検1級2次試験 (41)
目標管理とか (22)
英語勉強法 (42)
英検準1級 (9)
雑記 (109)
オンライン英会話 (8)
音読 (7)
TOEIC (13)
通訳案内士 (18)
未分類 (12)

月別アーカイブ

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる