2017-08

TOEIC IPテストを受ける意義

TOEICのIPテスト(会社主催のテスト)についての話しです。

このブログを読んでいただいている方はご存知ですが、私が英語の勉強を始めた理由はリストラ対策でした。3年の勉強を経て、今回異動で英語が必要な部署へ移る事になりました。その経験の中から、TOEIC IPテストを受ける意義について書きます。

私は全く偉そうに言える立場ではないのですが、他山の石としてもらえればと思います。

会社のIPテストを受けるメリット

1.英語の能力をアピール出来る。

必要な点数は、年齢によっても異なると思います。若ければ700点で十分でしょうし、私のように年齢がいっていれば、即戦力を要求されるので、900点は必要かもしれません。良くも悪くも会社は英語力をTOEICでしか判断出来ないので、必要な点数をTOEICで取っておくことはリスクヘッジにもなります。

今は必要なくとも、どっかで必要になるかもしれないので、英語を勉強しているなら会社のIPテストは受けておくべきです。会社の記録に残ります。


2.継続できる(やり遂げる)力をアピール

私の会社の公式記録はこうです。 (下の数字以外のIPは青学と明治です)

2010年 2月 585

勉強開始2010年12月

2011年 3月 685(L395、R290)
2011年 8月 770(L400、R370)
2012年 1月 895(L470、R425)
2013年 8月 965(L485、R480)

以前に他社で人事をやっている友人と話しをした時に、「継続して自主研鑚を積んでいる事は会社は絶対見てる。」と言ってました。同じ経歴であれば、努力を継続出来る人間にチャンスが巡ってくるのではないでしょうか。

今は、TOEICに関する良い参考書がたくさん出ています。信頼出来る講師の書いた本・やり方を3ヶ月言われたとおりに実行すれば、必ず点数は上がります。 素晴らしい方が何人もいらっしゃいますが、私の場合それは中村澄子さんでした。2011年8月にセミナーに参加し、そこから2012年1月までは中村先生に言われたことしかやりませんでした。

通勤時間と昼休みを工夫するだけで、3時間程度の学習時間は確保出来ます。

私が、TOEICに集中して取り組んだ2011年の後半は、家から駅までがPART2、電車でPART3・4、座れればPART5、昼休みにPART7(一部)という感じで、やってました。

自分を信じて頑張って下さい!大丈夫、絶対出来るから。

私も道半ばです。まだまだ先は長い!!

画像

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://geteiken1.blog.fc2.com/tb.php/129-44ff6384
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

プロフィール

Hiroshi

Author:Hiroshi
2011年から勉強開始

2013年 TOEIC935
2013年 TOEIC965IP
2014年 英検1級(通算7回)
2015年 通訳案内士取得
2015年 英検1級奨励賞受賞

英検® 特化型塾サクシード

最新記事

最新コメント

カテゴリ

英検1級 (149)
英検1級2次試験 (44)
目標管理とか (22)
英語勉強法 (43)
英検準1級 (9)
雑記 (113)
オンライン英会話 (8)
音読 (7)
TOEIC (13)
通訳案内士 (18)
未分類 (12)

月別アーカイブ

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる