2017-07

英語を学ぶ?英語で学ぶ?

課題の読解能力向上のために、何を読もうか模索中です。

読解の能力を向上させるためには、文法を理解するとか
色々すべき事があると思うのですが、他の方を見いて一番大事なのは、

たくさん読む事、「多読」なんだろうなと思います。

読む物は、レベルと興味に合っていれば何だって良いと思います。
「習うより慣れろっ」て奴ですね。

私の場合、先々の事を考えるとニュース系統の読み物をたくさん読んで
慣れていきたいと思ってます。慣れるためには、継続が大事なので、
紙物で定期購読をお金と時間と能力を考えて始めます。

小説は、私は後回しですが、読まれてない方は子供向けからが
お薦めです。GR(Graded Readers)も良いですが、
あまりおもしろくありません。
小学校低学年向けの本は結構おもしろいです!
実際私は、この間のTHE FIRM以外は全部子供向けです。
右のサイドバーにある多読王国なら、読んだ人の感想もあるので
初めて洋書を読む方は、一度覗かれると良いと思います。


さて、ちなみに私が過去に定期購読したのは、以下の2つです。

・Japan times weekly
(2年前位で、3ヶ月だけ購読。実質、読んだのは1ヶ月)
・Asahi weekly 
(去年の5月~11月。色んなレベルの記事があり、楽しめました。)


で、最近試したのは、

TIME(これは今週から、まず3ヶ月の定期購読開始。精読用)

Economist(分厚過ぎてとても読み切れません。ムリ)

THE JAPAN TIMES ON SUNDAY
(お試しが2日前に届きました。まだ全部読んでいませんが、
昔のWEEKLYよりおもしろくなった気がするし、分厚くなった?
日刊新聞は無理ですが、この位なら継続出来そうです。 要検討。)

あと、紙物ではないですが、NIKKEI ASIAN VIEW (APP版)
(内容はおもしろいのですが、紙になると高い・・・。ipadで継続出来るか?)

TIMEは、読める物と読めない物があるので、
定期購読者特典の抄訳がある記事で、精読します。

Economistは、おもしろそうな記事も多いのですが、値段が高いのと、
絶対読み切れないので、断念です。

でも、他の方のブログで、WEB版の 「The Economist expalains」 という
コラムを知りました。1日1本ブログ的にアップされていて、中々テーマが
おもしろいので、これは時々見てみようと思いました。

「何故インド人は金が好きなのか?」 
「何故、アメリカの選挙はお金がかかるか?」
何でだろうっていう興味をそそる記事が結構あります。

タイトルに書いた英語学ぶと英語学ぶ(英語で楽しむ)ですが、

どうしても日本人は、「英語学ぶ」事に重点を置きがちな気がしますが、
「英語学ぶ(楽しむ)」ことを私も取り入れていきたいと思います。

少し記事を読んだだけでも、
中国の一人っ子政策の弊害による男女比率差(女1に対し、男1.3) とか、
インド人は、銀行口座を持っていない人が、半分いるとか、ゴシップぽい
話しですが、知らない話しを知ると賢くなった気がします。フフフ

これからは、
英語を学ぶだけでなく、
英語で学ぶ事も意識したいです。

コメント

No title

がんばってますね~♪
最近、新聞を読まなくなってしまったので、
またこのエコノミストのリンク先飛んでみたら読みたくなってきました~。

英語「で」いろんなことを学ぶって刺激的よね~♪

私も英検合格するまではPBよまず、ひたすら英字新聞だったかと。
「量を読む」って大切よね。
でもじゃあ、その読み方は?って話だけど、

ざっと読んで量を増やすのか、精読して時間かかるけど量を増やしていくのか。。

私は 精読やったかも。
ジャパンタイムズWEEKLYで
下の日本語の語句解説も参考にしつつ、わからない単語も辞書で調べた。
その読み方をほぼ毎日、30分~1時間。
数か月。

量に圧倒されなくなったのはたしかやわ。。

楽しみながらぎゃんばれ~!!!

No title

「ざっと読み」派、です(汗)。ホント、すっけえ適当な読み方してたもんなあ。反省して、いまはちゃんと読んでいます(笑)。

週刊紙ならNewYorkTimes Weekly Reviewってのもありますよ。朝日新聞の販売店行ったら見られるかも。入れてもどこも取ってないから、見本紙タダでもらえた(笑)。ペラペラで、あれならJapanTimesWeeklyのほうがいいかな。JTWはJapanTimes取ってるから毎週来ますけど、さすがに休日は英字紙はカンベンってかんじです。全然読んでない(汗)。

日刊紙、とても読み切れる量ではないのですがなんか面白いのがあれば毎月5000円でもペイするかな、と思い「お布施」のつもりで取ってます。毎日来るから、いやでも多少は読みますしね。英語の勉強ってつまるところ継続ですので、日常生活の一部とするよう努めています。

No title

私はJapan times on sundayを取り始めて1か月ほどたちますが、やっぱり紙だとすぐに手に取りやすくて、継続しています。おでんさんのおっしゃるとおり、やっぱり日常の一部になってくると楽になってきますね。
私も2年ほどまえにJapan Times weeklyのとき、3か月とってやめたのですが、やっぱりそのころより英語力も上がっているから今のほうが楽しめています。
「英語で学ぶ」、お互い楽しみましょうね。

No title

大阪の主婦さんへ

相変わらずというか、更に忙しそうですが大丈夫ですか~?!
主婦さんは英字新聞読んでたんですね。
JTWは、2回3カ月の定期購読をしたんですが、いずれも続かず(汗)語彙も足りないし、文意も取れないでしたが、やっと気にならなくなってきたかも。(嬉)

精読と多読の両方をバランスを取りながら進めようと思うんですが、ちゃんと出来るのかなあ。私の場合、構想は良いんですが、段々尻すぼみになっていく所が…。

勢いでJapan times on line もポチッとしたので、TIMEは無理せず新聞だけは全部読んでいきます。丁度28ページなので、1日4ページで1枚ずつ読めば終了~♪♪

ちょっとずつ楽しんで行きますね(^^)

No title

おでんさんへ
ざっと読めないんですよねぇ。スピードに乗って拾い読みが出来るくらいにいつかなりたいです。(いつになるやらですが。)

JTWを頼んだのですが、明日NewYorkTimes Weekly Reviewも朝日の専売所に行って見てきます。昔JTWを読んだときには、只のFACTSの羅列だったような気がするのですが、今は記者の視点が入っている記事が多くなったんですかね。学習用の新聞から普通の新聞になったように感じます。

「お布施」はいいですね。(笑)私も「お札」が毎週届けば、ちょっとは拝んどこうと思うので、神棚に奉らず身近な所において、唱えたいと思います。
継続する事、大事ですね~。ついつい目移りしたりしますが、読む事はこれから私にとって大事な事なので、しっかりやっていきます。

No title

たんぽぽさんへ
JTWは考えて見ると、今回で3回目の定期購読です。2回目はipadを買った時で、デジタル版を頼んだのですが、これは紙よりダメでした。(泣)
3度目の正直ですが、英語力の問題もあると思うのですが、内容もおもしろく感じます。なんとか続けたいですねぇ。

平日は会社に行くので、リズムが作り易いのですが、週末がどうも色々家の用事(お使いとか)で、意外とちゃんと出来ないので、週末もちゃんと生活の中に組み込みたいです。
は~い、楽しみましょう!!

No title

Economist Explains、私もつい最近良さに気付いて読み始めました(←英検準1レベルの私でもスイスイいけますね^ ^)
丁度私も今大学受験レベルの文法解釈本を3冊やりつつ時事ネタは多読、のアプローチをしていますので、Hiroshiさんとレベルは全然違うところにいますが、今回の記事は深く頷きながら読ませて頂きました!

No title

marimoさん
コメントありがとうございます。
書いておきながら、最近読んでませんでした。というか忘れてました。(汗)
大汗をかきながら、スピーチを始めたので、何も読んでませんが、また読みたいと思います。marimoさんのように基礎を固められると、早いと思いますよ~!!駄文ですが、また遊びに来て下さい。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://geteiken1.blog.fc2.com/tb.php/110-db2a33d6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

プロフィール

Hiroshi

Author:Hiroshi
2011年から勉強開始

2013年 TOEIC935
2013年 TOEIC965IP
2014年 英検1級(通算7回)
2015年 通訳案内士取得
2015年 英検1級奨励賞受賞

英検ゼミ サクシード

最新記事

最新コメント

カテゴリ

英検1級 (148)
英検1級2次試験 (44)
目標管理とか (22)
英語勉強法 (43)
英検準1級 (9)
雑記 (111)
オンライン英会話 (8)
音読 (7)
TOEIC (13)
通訳案内士 (18)
未分類 (12)

月別アーカイブ

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる