2016-06

英検CSEスコアの謎に迫る その1 2次試験編

さて突然ですが、新シリーズ 「英検CSEスコアの謎に迫る」のコーナーです。

今日の記事はマニアがマニアおよびチャレンジャーに向けたものなので、多くの方には関係ありませんので、読み飛ばしてください。

色々謎のCSEスコアでししたが、段々と分かってきました。

まず大きく勘違いしていたこと。

衝撃の事実

従来の1点、2点問題の配点がなくなった?

もし、読解の2点問題と語彙の1点問題に差がないとしたら、そりゃダメでしょう。

英検協会は微妙な書き方ですが、「正答数から算出したスコアとなります。」と言ってます。
HPの深い所にこんなことが書いてありました。

1点2点

まだ調査中でありますが、CSEスコアが700点以上の人に関してはこれが当てはまります。ミス数に応じてスコアが変わります。

ただし、ボーダー辺りのスコアでは、読解の正答1問のスコアの方が語彙の正答1問のスコアより大きいようです。しかし、倍という感じではありません。

LとRはもう少しデータを集める必要がありますが、2次試験については大体分かりました。

まず、素点にあたる点数は今までと同じです。
協会に見本の2次試験の成績表がありました。

100点満点で分野別に評価されます。
二次試験成績表見本

英作文も文法と内容の採点が同じだったので、スピーキングで発音とスピーチが同じ採点だったらどうしようかと思いましたが、ちゃんと今まで通りでホッとしました。

もう一つの疑問。

合格点は602点で満点が850点ということは、合格には7割が必要なのか?

これは必要なさそうです。
先程の従来の点数をCSEスコアに換算することで対応すると考えます。

多分こんなイメージ。
前回の結果と、今回の試験でわかったことから作成しています。

2次想定CSEスコア

旧100点と99点の差がCSEスコアで50点ありますが、これは満点だけが特別というか満点の場合のみ英検で測れないC2レベルの可能性があることを示唆しています。

そこからは、こんな感じで順に得点が下がっていくと考えます。

サンプル数が少なく、精度はあまり高くないですが、現在私が集めた他のLRのCSEスコアから類推すると、得点レンジは別にして考え方は概ね間違ってないと思います。

結論

2次試験の合格のための採点方法に変化なしです。

1次試験は大分変化ありなので、また別途記事にします。

またこんな記事を調べて書いて今日も勉強していない。
いくら勉強より楽しいからって、大丈夫か自分?

追記:本記事に関するお問い合わせは、私もこれ以上分からないのと、私の主観で書いてますので、お答えしかねますのでご承知下さい。

テーマ: 英語・英会話学習 - ジャンル:学校・教育

~魂が震えた~2016年度第1回英検1級一次試験結果

今日の結果に泣きました。

もちろんBREXITの話しではありません。

今日の15時22分に届いたこのメールです。

合格報告

弟子がやってくれましたーーーーーー!!!

「1点差」を取り続けた弟子がついに合格しました~!!

15時を過ぎたら必ず連絡をするように言っておいたのですが、なかなか連絡が来ない。

またなのか?

2度あることは3度あるのか? と思っていたところにこの朗報が飛び込みました。

苦労した分、嬉しいし、
苦労した分「自分のもの」として学んだことは身についていると思います。


よく1月の試験で心を折ることなく、頑張ったと心から褒めてあげたいと思います。

「試験と思うな!人生と思え!」です。


さて、私の結果です。

2016年1回1次

CSEスコアは2,236で、合格バンドG1+9でした。(いまいちピント来ませんね)

今回の「自分合格」「エッセイで750点をとる!」でした。

「803点」でした。

私も弟子と一緒に合格です!!

多分800点越えというのは満点850点から1項目何か足りないものがあるレベルだと思うので、従来の点数で言うと26点相当です。

今まで22点が最高点だったので、これは嬉しいです。

また前回のブログで偉そうに書いといて実は点数が低かったらどうしようと、ビクビクしてましたが、これでどういうエッセイを書けば良いかはっきりしました。
多分私のエッセイの成長を一番しみじみ感じているのは、3年前の私を知ってるA女史です(笑)

CSEスコアはまだよく分からないところもありますが、素点については従来の1点、2点が活きていると思っていましたが、それはどうやら誤っていたようです。また、満点近くなると1ミスの点数の影響が大きくなるというのが今分かっていることです。この辺りのマニアしか受けない記事はまたもう少し判明したら別途書きたいと思います。

今回残念だった方もいると思いますが、弟子を見て下さい!

「あきらめなければ夢は叶うんだ」です。

それでは久し振りにお聞きください。 

「チャンスの順番」



最後に前回のブログでは大変たくさんの方に拍手ボタンを押していただき、ありがとうございます。

今回の結果で、私がやってきたこと、言ったことが少しは証明されたかなと思うので、安心して組んでいただければと思います。

テーマ:英語・英会話学習 - ジャンル:学校・教育

新しくなった英検1級1次試験の試験対策はどうすれば良いか?

さて、冷静になって英検1級1次試験を振り返ってみます。

以下、最も英検攻略を研究していると思われる馬鹿者「Eikenist Hiroshi」が考える今年の英検1級対策です。


今回の変更点は、以下の2点です。

1.エッセイの条件(ポイントの廃止、語数増加)が変わったこと
2.3技能の点数が均等に評価されるようになったこと

得点配分の変更イメージは分かり易くグラフにしてみました。

変更点

何度も書いていますが、エッセイが今回の試験から鍵になっています。

これによって、何が起こったのでしょうか?


ええ、私は試験を通して確信したのです。

英検1級1次試験は、従来以上に対策を立てて勉強することが可能になったと。

3年前までは、それほど有効な対策はありませんでした。

しかし2年前の試験から徐々にマニアには対策ができるようになってきたのですが、今年は更にそれが顕著になったと考えます。


特に、エッセイです。

合格レベルの作文(従来の20点レベル)を書くのにハードルが下がりました。

ポイントがなくなった分大変じゃないの?

そこは違いました。

ポイントが廃止されましたが、実は難しくなったのではなく書きやすくなったのです。

もっと言えば、事前に準備出来るようになったということです。


つまりこうです。

事前に、点が取れる作文の書き方を学び、それに沿って想定されるトピックを最低10本、出来れば20本書く。

それを覚えておけばいいのです。

それならできます。

どんなトピックが出るか予測し、書く。

それだけです。


今回私は、想定トピックを8本考えましたが、その中から1つ(海外分も入れれば2つ)出ました。

オーソドックスなトピックを書けばいいんです。

今回のお題は「世界平和の実現」です。

エッセイを書いていけば、必ず取り組むトピックです。

今年に関しては、協会側も様子見を含めて分かりやすいトピックを出してくると考えます。

トピックの絞り込みには、若干研究がいるかもしれませんが先日ブログに出した過去のエッセイ問題2次のトピックを見て20本書けば必ず当たります

それで、得点の1/3を占めるライティングで間違いなく合格レベルの点数が取れるのです。

またエッセイ対策はそのまま2次試験対策に繋がるので、最初から暗唱レベルまで仕上げておけば2次試験が非常に楽になります。


自分で言うのもなんですが、すご~く人様の役に立つブログみたいじゃないですか(笑)


次に語彙です。

こいつは仮説なので次回を見ないと分かりませんが、パス単(言い換えれば過去問)がより重要になっています。

理由はこうです。

いつものSVLとパス単が選択肢に登場した比率を載せます。
svlランク別出現数1

SVLの比率が若干下がっていますが、パス単はあまり変わりなく全体では大きな変更はありません。
これだけを見るとそんなに大きな違いはないですが、今回の特徴はSVL+パス単の正答が20だったのと、パス単掲載単語から正解に選ばれる単語数が増えたことです。

21語中、なんと16語がパス単から選ばれています。

ちなみに2015年の3回で現行パス単掲載単語がそのまま正答になった個数は2015年1回と2回が11個、3回が7個です。

パス単をやっておけば、単語だけで正解を16個選べたということになります。

あとは以前よりもう少し低いレベルの語彙が出ているので、人によっては準1のパス単とかをやる必要があります。パス単(過去問)から継続的に出るかは、まだ仮説ではありますが、語彙は間違いなく易化の方向です。

エッセイへの取り組み方がはっきりしたことと、語彙の難易度が下がったことで英検1級のハードルはぐんと下がったと考えます。

どうでしょう、この完ぺきな理論、説得力ありませんか(笑)

これ以外にもリスニングの傾向は大きく変わっていないので、ここも対策を立てることはできます。

今回私はリスニング対策に慢心がありましたので次回はリベンジです。


読解については、私もレベルがまだまだだし、有効な解法も見つけきれていませんが、もう少し選択肢を研究していけば正解率を上げることが可能な気がします。


どうしても受かりたい人は「試験に何が出たか、何が出るか」にフォーカスして考えていけば、戦略的な学習が可能になるのではないでしょうか。


今回の研究成果は以上となります。

なるほどと思って頂けた方は、拍手ボタンを押していただけると、馬鹿者が勉強をサボって作った資料が浮かばれます。

これで、英語力が高まれば少しずつ進めている「妄想スクール計画」の実現が近づきますので、皆様の愛ある「拍手」をお待ち申し上げております。

テーマ: 英語・英会話学習 - ジャンル:学校・教育

英検1級2次試験問題 2013年以降のトピックカード一覧

たまには、人様のお役にたてることを

ということで、2次トピックカードです。

あまり多く出しても練習が大変なので、2013年以降のカードを掲示します。

午前午後で、異なる4セットが毎回準備されます。

全てがオープンにはなっていないので、午前の2種類です。

似たようなトピックは必ずあるはずなので、これで練習してみて下さい。


また1次の作文もこういうお題を見ていれば、どういう物が次回出るのか予想できます。過去のお題はココ

書けたかどうかは別にして、今回のお題の「世界平和」は予想問題の中に入ってました。

英検仲間で、ロンドン受験のNOBUさんによるとロンドンでは「グローバリゼーション」が出たそうです。

こっちも的中です!!

そういうことを考えるところまでは、誰にも負けません!!!

わははは


にも関わらず40分かけて書いてるようじゃ、お話しにならないのはいうまでもありません。

ここから2次トピックカード

2015-2
Card A:
1. Should more be done to protect the cultures of the world's indigenous peoples?
2. Are large corporations solely interested in generating profits?
3. Agree or disagree: Social class is still relevant in modern society.
4. Is enough being done to stop cyberbullying in Japan?
5. Is political correctness really necessary in today's world?

Card B
1. Is enough being done to stop the exploitation of workers in the developing world?
2. Should there be any limits on the right to freedom of speech?
3. Agree or disagree : Legalized gambling has a positive effect on a country's economy
4. Should more be done to fight piracy on the open seas?
5. Will there ever be a world without religious conflict?

2015-1
Card A
1. Do the pros of having only one superpower outweigh the cons?
2. Should the government make scientific research a greater priority?
3. Can the hunting of animals for sport be justified?
4. Agree or disagree: Lifetime employment is no longer practical in modem society.
5. Are the potential dangers of artificial intelligence exaggerated?

Card B
1. Can the arts promote peace between nations?
2. Is a loss of privacy inevitable in modem societies?
3. Agree or disagree: Modem agriculture puts too much pressure on the environment
4. Are people today too reliant on prescription drugs?
5. Is capitalism the only realistic economic system in a globalized world?

2014-3
Card A
1. Agree or disagree: Classical literature still has a place in the modern classroom.
2. Is globalization reducing cultural diversity?
3. Should the sale of tobacco products be made illegal?
4. Is modern society too dependent on computers?
5. Should celebrities stay out of politics?

Card B
1. Should all citizens be required to vote by law?
2. Environmentalism and big business: Will there always be conflict?
3. Does raising the consumption tax help or hinder economic growth?
4. Agree or disagree: Not enough importance is given to the study of history
5. Is Japan facing a social-welfare crisis?

2014-2
Card A:
1. Is it too late to save the world's rainforests?
2. Agree or disagree: Internet advertising is effective
3. Is the world heading toward another global conflict?
4. Is solar power the energy of the future?
5. Can racial discrimination be totally eliminated from society?

Card B:
1. Does the media sensationalize the dangers of climate change?
2. Agree or disagree: Social networking sites do more harm than good
3. Can peace in the Middle East ever be achieved?
4. Do women's rights get enough attention?
5. Has digital technology changed the art world for the better?

2014-1
Card A:
1. Agree or disagree: Science makes a bigger contribution to society than art
2. Is warfare between nations an inevitable consequence of human nature?
3. Would Japan benefit from a more open immigration policy?
4. Is enough being done to protect the world's wilderness areas?
5. Are consumption taxes a good way to raise government revenue?

Card B:
1. Is promoting a nation's economic development more important than protecting its culture heritage?
2. Agree or disagree: The advantages of legalized gambling outweigh the disadvantages
3. Which is a greater threat to society, crime or environmental pollution?
4. Should Japan's low birthrate be considered a national crisis?
5. Is it too late to protect the world's oceans from overfishing?

2013-3
Card A:
1. Does money have too much influence on politics?
2. Agree or disagree: Homelessness is inevitable in a modern society
3. Is government funding the only way for Olympic athletes to stay competitive?
4. Would the world be a better place if everyone spoke the same language?
5. Should schools put more focus on teaching IT skills?

Card B:
1. Agree or disagree: As societies become more modern, religion becomes less important
2. Can Japanese agriculture survive in today's globalized economy?
3. Has the Internet made people's working lives easier?
4. Can military dictatorships ever be justified?
5. Does society make full use of the talents of senior citizens?

2013-2
Card A:
1. Is enough being done to protect the world's oceans from exploitation?
2. Is there such a thing as a justifiable war?
3. Agree or disagree: The news media should be regulated by the government.
4. Is Japan a good role model for the economic development of other nations?
5. Will nanotechnology have a major impact on our lives in the future?

Card B:
1. Will the continued loss of biodiversity lead to environmental catastrophe?
2. Is corruption an inevitable part of modern society?
3. Should taxpayer money be used to support the arts?
4. Can world peace ever be achieved?
5. Agree or disagree: A university degree is necessary for success

2013-1
Card A:
1. Agree or disagree: Technological advances have made the world a safer place?
2. Are performance-enhancing drugs an inevitable part of professional sports?
3. Can the factory farming of animals be justified?
4. Do the strengths of multicultural societies outweigh the weaknesses?
5. Can an economic system based on capitalism ever be fair to all?

Card B:
1. Agree or disagree: Surveillance cameras should be installed in all public places
2. Can businesses be ethical and still be profitable?
3. Has the influence of Western values weakened Japanese identity?
4. Are current global agricultural practices sustainable?
5. Is information technology changing new media for the better?

テーマ: 英語・英会話学習 - ジャンル:学校・教育

2016年通訳案内士試験対策で最も重要なポイントとは?

今年の通訳案内士試験の申し込み受付が7月1日で終了します。

独学での合格を目指して準備を進めている方も多いのではないでしょうか。

通訳案内士の資格制度自身がかなり怪しいですが、今年も何人か仲間が受験するので、今年の試験について考えてみました。



実際の勉強は別として、私は試験対策を考えるのが大好きです。

どう攻略するか、どう勉強を工夫するのかを考えるのが楽しいんですよね。


そんな私が、見誤ったのが去年の通訳案内士の試験でした。

想定範囲を超えた試験でした。

あんな難問出しやがって」と思ってました。


しかし、私は去年非常に重要なポイントを見落としていたのです。

それは通訳案内士試験のガイドラインの冒頭にある「目的」です。


私は、最初にある(1)目的 をちゃんと読んでませんでした。

今年のガイドラインの(1)目的には次のように書いてあります。

試験の目的は、「通訳案内士として必要な知識及び能力を有するかどうかを判定すること」であり、出題方針も通訳案内の実務に沿った内容とレベルの問題を出題することとする。」

とあります。


「通訳案内の実務に沿った内容とレベルの問題」です。


それを考えると、去年の富士5湖の並びの順番だとか、箱根観光の経路といった問題にも違和感がありません。

富士山も箱根も定番中の定番の観光地です。

昨年と一昨年の問題の違いを上記に照らし合わせて見れば、変更点は非常に納得できるものです。

またこの試験は国家試験なので、役人が制度設計を行ないます。

国家公務員は、税金の使い方について真摯に対応します。
彼らがガイドラインに「通訳案内の実務に沿った内容」と記載している限りそれから大きくそれることはありません。
日本の役人とはそういうものです。


そこから考えると今年も「通訳案内の実務に沿った内容とレベルの問題」が出題されるということになります。

日本史の問題はあまり変わりようがないですが、地理と一般常識は「通訳案内の実務」という観点が加わると全く変わります。

今まで出ていたような中学校の地理や公民で習うような事柄が出なくなるのは当然だったのです。
ガイドラインにも「中高の授業」といった表現は記載がありません。

例えば、以前は出ていた「地図記号問題」も出ないでしょう。

また一般常識では、「日本の政治制度(国会の制度等)」も通訳実務の優先度からは下がるのは当然です。


出ないと言うだけなら簡単なのでじゃあどうするか。

私ならこうします。


1.地理

去年の問題の傾向から今年の問題を予測し、絞った場所について仮想旅行します。
観光ガイドを使って

どうやっていくか、

行ったら何を見て、

何を食べるか、

を想像します(覚えます)。



絶対押さえるべき場所としては、

世界遺産全て
ゴールデンルートの観光地
北陸新幹線、北海道新幹線に絡んだ人気観光地
外国人に人気の場所(去年出たようなSnow monkeyの類い)
ジオパーク
国際会議の実施地域(伊勢志摩など)
日本人の視点での人気観光地だけでなく、外国人視点の人気観光地を洗い出すことが必要です。
例えば、私は全く知りませんでしたが、「秩父の火祭り」なんていうのも人気のようです。


2.一般常識

一般常識の時事ネタも以前出ていたような、文学賞の受賞者とか絶対出ません。
くどいですが、「通訳案内の実務」には関係が薄いからです。


重大ニュースとかで、Googleで検索して重要なニュースの中から観光(外国人観光客)に関連しそうなネタを拾い、そこを深く調べます。
ぱっと思いつくのは北海道新幹線伊勢志摩サミットです。

また国際会議で検索するとまた色々出てきますので、そういった所からもネタを拾います。

観光白書からは出ると明記されていますので、ここも押さえます。

一般のニュースは項目だけでなく、そこから一歩踏み込んで、周辺情報を集めることが必要です。

去年私は「燃料電池自動車をトヨタが販売開始」は予想しましたが、そのエンジン心臓部に「白金」を使っていることが問われるとは思っていませんでした。
深さは去年ほどではないと思いますが、一歩深い情報を集める必要があります。

また去年の問題では、相撲や花火について問われていましたので、「和食」、「華道」、「」といった事柄についてWIKIで調べてみることも必要だと思います。

範囲が広すぎるので、もう少し傾向が見えた方が取り組み易いとは思いますが、皆が出来なければ合格基準は下がるので、昨年の傾向を踏まえて上記のように自分で調べる努力をされた方が良いです。

去年の問題を見ながら、どんな問題が出るのか是非考えてみて下さい。

少なくとも日本史以外は一昨年までの過去問や傾向だけで勉強するのは止めた方が良いし、出ない範囲を勉強する必要はありません。


試験は、「試験を実施する側の意図」をくみ取り対応することも非常に大事なことだと私は考えます。

また、こういった事柄を学ぶことは、単なる資格取得に留まらない「学び」にもつながります。

ご参考になれば幸いです。



テーマ:英語・英会話学習 - ジャンル:学校・教育

2016年第1回英検1級1次試験結果速報

2016年第1回英検1級1次試験の解答と答え合わせしました。

昨日の答え合わせから少し下がり最終は以下のとおりでした。
従来の点数で書いてます。

語彙     23/25
空所      4/6
内容一致  18/20
リスニング  29/34
合計     74/85

なんというか久し振りに不甲斐ない結果です。

本番には強いと思ってるし、集中してなかったわけではありませんが、調子に乗らずもっと勉強しろということです。

今回の難易度は、色々な人の感想を見ると
語彙 易
読解 易
聴解 やや難

ということで、昨年の合格ラインの82点から85点の間に収まると思われます。

従来通りのエッセイの点数を加えて大体この範囲に収まる人は準備に入ったほうが良いです。

読解が良くて聴解が悪い人は点数を固めに見た方が良いですし、逆の人は多めに見ても良いと思います。まあいずれにしろ、CSEが導入されて分かりにくくなりましたね。

エッセイが十分書けていなくて、ぎりぎりの人は、エッセイのウェートが上がる分厳しいかもしれません。

今回私の最大の関心事であった我が弟子はまたしてもボーダー。しかし今回は準備する模様。

準備する人は、1級チャレンジャーの聖地ハーシーさんの「目指せ!英検1級」をまずは読んでください。

それとエッセイにも使える英検1級参考書の新スタンダードのイッチー先生のこれがベストです。


あれもこれも盛りだくさんですが、目先のスピーチだけでなく、英語の体力作りも見据えて日々の勉強に取り組みます。

テーマ: 英語・英会話学習 - ジャンル:学校・教育

英検1級2016年第1回1次試験受験の感想とか

行ってきました。
2016年シーズン初戦の英検1級2016年第1回一次試験です。

今回はいつも受験の際に携帯するお札を弟子に託したので、ちょっとだけ不安が募ります。
お札

会場は久し振りに地元の愚息の卒業校です。

毎回色々事件が起こったので、何事もなければいいのになあと思いつつ、例によって一番に受け付けを済ませ、おにぎりで腹ごしらえ。

以前の反省を踏まえ、前から2番目の席を確保。 2回目の受験の時です。ココ

案の定というか、後ろのおっさんが「音が小さいんだけど」と言い出しましたね。
そういうやつは最初から前に座っとけ!!

今回の解き順と予定時間は、以下の通りでした。

単語    10分
内容一致 35分
作文    30分
空所    15分
合計    90分

まず作文だけお題を確認。

残念ながら予想の第一順位のインターネットは外しましたが、予想した内の1つの世界平和がきました。

よっしゃ!!これはスピーチネタにある。
2つまでは理由が書けるからいけるっしょ!!!


最初に書こうかと思いましたが、予定通り語彙から解きました。

語彙はオーソドックスな問題が出ていたので、比較的平均点も高そう。

内容一致もそんなに難しくはない。

ここまでは予定通りでしたが、作文がとにかく時間がかかる。。。

最後の1個の理由が若干支離滅裂になりながら、なんとか240語程度書き上げました。

結局40分弱使ったので、空所をやっぱり読み飛ばす感じでなんとか10分弱の先読み時間を確保。

リスニングに移りました。

パート1の読み手が変わったのか、何となく集中できない感じでスタート。

ちょっとまずいか?

パート2は苦手の理系の問題、生物系とか医療系の問題が・・・。

んん、大丈夫か?

パート3は先読みに時間をかけて条件を目いっぱい書き込みしたので問題なし。

最近鬼門のパート4。はっきりしない話しで、あまり自信なし。

何とか終了です。

終わるまでは気も張っていたのですが、終わった途端にげっそり。。。

全部出し切ったのもありますが、英語の体力がまだまだないということです。

遅い昼食をとり、エネルギー補給をしてJUNさんのスカイプ反省会に出席。

そこでの結果は

語彙    2ミス
空所    2ミス
内容一致 1ミス
リスニング 3~4ミス (まさかのパート1で3ミス)

作文はそこそこ書けてるはずなので1次通過はしてると思いますが、全然ダメです。

全く成長してない。

試験は正直疲れるし、どこまでいけばいいのか絶望しそうになりますが、「全然足りてない」ことに気付かせてくれるのが良い所です。

もっと余裕をもって出来るようになりたい。

ていうか、絶対になる!

今回の試験は、新しいCSEスコアに移行しているためどうなるか分かりませんが、前回と同じような素点が合格ラインになると思われます。従って、作文の点数が見込める人はとっとと2次試験の準備を進めましょう。

私は、明日の弟子からの報告を待ちたいと思います。

テーマ:英語・英会話学習 - ジャンル:学校・教育

英検1級1次試験で試験最中に意識していること(読み方・聞き方)

私は英検1級1次試験の際こんな意識で解いています。

読解
1.語彙   悩まない
2.空所補充 寄り添う
3.内容一致 ペースを変える

リスニング
1.Part1 引きずらない
2.Part2 あきらめない
3.Part3 なりきる
4.Part4 イメージする

少し、それぞれに対して書き加えると

読解

1.語彙 悩まない
悩むと次の問題でも考えながら読んでしまい、英文が入ってこない。

悩んだらダメです。

以前は私も「鉛筆でも転がせば」と言ってましたが、今は違います。

皆さん覚えてますか?

覚えている方は一緒にご唱和ください。


「迷ったら!! 1番!!!」


何のことという人は研究成果をクリックしてください。


2.空所補充 寄り添う

順接なのか、逆接なのか、補足なのか、文の流れを意識する。
接続詞、接続副詞を意識。

私はパラグラフを読んでから空所に戻り、選択肢を読みます


3.内容一致 ペースを変える

パラグラフのトピックセンテンスは少しゆっくり目に読み、そのパラグラフで何が言いたいのか、どんな話しになりそうかを掴む。設問と関係のないKEYWORDにふれていない箇所はスピードを上げ、KEYWORDに差し掛かったらまたゆっくり読む。KEYWORDは後で戻れるようアンダーライン。人名等の固有名詞が出てきたら必ずアンダーライン。


リスニング

1.Part1 引きずらない

これも語彙と一緒ですが、聞けなかった時に次の問題に引きずらない。過ぎたことは忘れる。

2.Part2 あきらめない

最初のパートが分からなくても、大概後半の設問は前半の内容とは関係のない設問なので、後半で気持ちを切り替える。Howeverとかで、パラグラフが変わったところで2問目は聞かれることが多く、「こっから2問目」と意識を切らさない。

3.Part3 なりきる

置かれた状況(曜日、帰国日等)を覚え、なりきって聞く。ホテルなのか、空港なのか、事故現場なのか、そうすることで主体的に聞ける。後半で疲れてるけど集中度はMAX。数字は書き取る。


4.Part4 イメージする

慣れれば意外と余裕のあるパート。設問と関係のないことを話していることも多い(特に最初はどんな職業が分かれば流し聞きで設問読む)。

ただし、最近はよく分からない話しが多くなってるので、注意が必要。

なんの話しなのかをよくつかむ。

この話しはこんなだよなとイメージすると、それから外れるような突飛なことは聞かないし、回答も非常識な回答はない。
インタビューが聞けてなかったら質問に対して、常識的な答え(選択肢)を選ぶのが吉。

無理と思ってもこの問題が最後「切れたら負け!!」

最後まで気持ちを切らさず、出し切れ!

絶対、できる!!

テーマ: 英語・英会話学習 - ジャンル:学校・教育

英検1級エッセイ問題を予想してみた

さていよいよ週末から英検1級2016年のシーズン開幕です。

私は、毎回の試験で自分合格(自分ゴール)を設定しています。

各回に向けて取り組んだことに対する自分基準の合格です。

今回はどうするか

今回の試験に向けてエッセイをテーマとして取り組んできたので、当然ライティングの点数がゴールです。

昨年のライティングの点数推移はCSEスコアでいうと、

712710700

えっ悪化の一途・・・・。

認識がなかったけどさすがにまずい。。。

今回の試験では750点を超えることを目標とします。

ちなみに過去の自分ゴールは以下の通りです。

過去の設定と達成

1回目 ○ 受験者平均を上回る
2回目 × 何が何でも合格
3回目 ○ 語彙と読解で成果を出す
4回目 ○ 自信を持って語彙+読解で40点、
     △ 終わった瞬間マラドーナばりにガッツポーズ
5回目 ○ 語彙のうち、単語問題で20/21以上を取る
6回目 ○ 1次+2次試験合計で170点以上をとる。


この自分ゴールというのは、元々ゴルフの本を読んでいた時に「自分パー」を設定すれば、誰でもパープレーを楽しめるという所からヒントを得て設定してきました。

「不合格」という言葉は誰しも嫌だし、1回で成果が出ないこともあります。

自分がやりたいこと、やってきたことに対して目標を設定すれば合格か否かということに振り回されにくくなるし、個別に目標を設定すれば、そのための行動計画も立てやすくなります。

あとは自分で決めた目標に向かって日々努力するだけです。


ところで、今回のエッセイでは、いくつか予想を立てています。

2004年以降のエッセイ出題テーマは以下の通りです。

エッセイテーマ一覧

完全にかぶっているものはないので、外せるものは外して良いと思います。

この所は経済系のテーマが増えているので、ちょっと違うものが出るのではないかと予想します。

意外とインターネット関連が出てないので、これを一押しとします。

社会系
・インターネットのメリット、デメリット
・男女平等
・科学、芸術の重要性や役割
・言論の自由、プライバシー


ここからは、最近のテーマともかぶりますが、このところニュースとかで話題に上りやすいもの。

政治・経済
・グローバリゼーションの是非
・世界平和
・格差問題


環境
・温暖化、気候変動


こんな所が、今回私が予想している問題です。過去の問題を見ながら何を書く、読むか見えてくるのではないでしょうか。


最近は、英検に特化したことはしていないので、今週は過去問をいくつか通しで解いてテスト勘を取り戻します。

泣いても笑ってもあと5日間!

最後まで気を抜かず、やり切りましょう!!

テーマ:英語・英会話学習 - ジャンル:学校・教育

いつかは英検1級優秀賞を取りたい、しかし新たな障害発生

う~ん、困った。

またまたつまらないことで悩んでます。

例えば、野球をやってる子供って甲子園に憧れますよね。

段々練習を重ねて上手くなると「よ~し、甲子園獲ったる~!!!」

と思うじゃないですか。

すご~くよく分かります。

で、友達とか、親とかに宣言するんです。「甲子園絶対行くって」

でもね、ある日その子は気がついたんです。

「甲子園」がなくなってたことに。

今日はそんな悲しい話しです。

ヒマな人は聞いてください。ヒマじゃなくても聞いて下さい。私の悩みを…


今日ね、英検のホームページで確認したいことがあって見にいったんです。


そしたら見慣れないページがありました。


成績優秀者表彰 リンクはコレ


あれっ、こんなページあったかなあ?


中を見ると色々と表彰のことが書いてありました。

個人表彰の頂点は、

「文部科学大臣賞」

米国大使賞、ブリティッシュ・カウンシル駐日代表賞、カナダ大使賞、オーストラリア大使賞、商工会議所会頭賞の方の中から、最も英検CSEスコアが高かった方に送られます。

この各賞の中で社会人向けは日商会頭賞です。

社会人のトップですね。


また前回私がもらった奨励賞のことも書いてありました。

「過去10年間で1級を3回以上合格した方の中から、英検CSEスコアが上位の方に贈られます。」


ん、待てよっ


奨励賞の事は書いてあるの見たことがないよなあ

気のせいかなぁ


おっ、生涯学習奨励賞も出てる。これが出てるのは初めてだぞ。

60歳以上で成績優秀な人に贈られる賞です。

プロを別にすれば、私より年上で勉強し続けている人はあまり見たことがないし、これはいただきでしょう!ぐふふふ


それ以外で私が目指すのは、日商会頭賞だけど、多分1人だろうからこれは厳しい。



んん、何か変だなあ


ここでやっと違和感に気付きました。


ない

ない

ない、ない

ない、ない、ない


書いてないじゃないか!


「優秀賞」も

「優良賞」も

これはどういうこと?

せっかくブログタイトルに「獲るぞ、英検1級優秀賞」と書いたのに、
幻の甲子園」だったのか?

そもそも優良賞を取った人ことのある人は聞いたことがいるけど

「優秀賞」を取ったことがある人は聞いたことがない。

よ~し、ここはGoogle先生だ。

検索した所、何人か出てきました。

ということは今もあるだろう。

でも書いてないしなあ。


いてもたってもいられず、電話しました。



「英検協会」に


最初に問い合わせ先に「個人表彰について伺いたい」と電話したのですが、
そんなことを聞いてくる馬鹿はいないので、明らかに不審者に対する対応でした。


はあ?こちらでは分かりかねるので担当者から連絡させます



担当部署の方から折り返し連絡をいただき、表彰について尋ねると


担「今年度は、HPに書いてあるものが表彰の全てです。」

私「優秀賞も優良賞も今は存在しないということですか~!!」

よっぽど切羽詰ったように聞こえたんでしょうか。優しく慰めるように

担「とりあえず、今年はということで、来年以降は決まってません。」



私の「甲子園」がなくなった。。。

目標をCSEスコアに変えるにしても、

「今度は3100を目指します!!」とか言っても

「それってサーティーワンとどっちがおいしい?」と妻に言われるのがオチだしなあ。

それと、ブログタイトルどうしよう

コレ

おっちゃん英語を勉強する。獲るぞ英検優秀賞!

格好つけて「獲るぞっ」とかつけたしなあ。

目指せるもので正しく書こうとすると「獲るぞ日商会頭賞!!」

これじゃあ、簿記の資格みたい。


「獲るぞ!生涯学習奨励賞!!」

これだと「ハイハイ、おじいちゃん、頑張ってね」とか言われそう。。。


名前を変えると、ブログを移って減ったアクセスが更に減りそうだし…。

う~んどうしよう・・・・。

おっちゃんの悩みは尽きないのであった。

おしまい

今日も何も役に立たないブログにお付き合いいただきありがとうございました。m(__)m

次はチャレンジャーに役立つブログを書くと思うので、これに懲りずにお立ち寄りください。

テーマ: 英語・英会話学習 - ジャンル:学校・教育

«  | ホーム |  »

プロフィール

Hiroshi

Author:Hiroshi
2011年から勉強開始

2013年 TOEIC935
2013年 TOEIC965IP
2014年 英検1級(通算7回)
2015年 通訳案内士取得
2015年 英検1級奨励賞受賞

英検ゼミ サクシード

最新記事

最新コメント

カテゴリ

英検1級 (138)
英検1級2次試験 (40)
目標管理とか (22)
英語勉強法 (41)
英検準1級 (9)
雑記 (106)
オンライン英会話 (8)
音読 (7)
TOEIC (13)
通訳案内士 (17)
未分類 (10)

月別アーカイブ

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる