2016-05

2016年度からの英検の新しい合否判定方法について

2016年度からの新しい合否判定方法について英検協会から正式なアナウンスが出ました。

http://www.eiken.or.jp/eiken/exam/2016admission.html

情報としては、今までブログに書いてきたものと変わりはありませんが、1点だけ新たになった情報があります。

以下、抜粋。

なお、2015年度と2016年度において、各級の難易度に変更はありません。弊協会では統計的分析手法を用いて、回次毎に確認しております。2016年度以降も、これまでと同様の難易度です。



難易度に変更はないと明記されています。

えー変わんないの!

じゃあエッセイの語数が増える分だけ難しくなるってこと?

私が予想していたような語彙のレベルの低下はないんですね。
読解、聴解に関しては、解きやすい問題が増えると思うんだけど大変です。

特に私のようにエッセイに問題があると時間が足りなくなることが想定されます。

さて、どう対処するか?

エッセイを早く書けばいいだろって

簡単には早く書けたら苦労しません。

ということで解く順番を変えることにします。

私の今までの解く順番と目安時間です。

①作文    :35分
②語彙   :11分
③内容一致:37分
④空所補充:13分
⑤先読み  : 4分
合計    :100分

次回は、私にとってあまり時間がぶれない(時短のしようがない)語彙と内容一致を先に解くことにします。

その後に様子を見ながら作文を書き、残った時間で空所補充に取り組みます。

これで慌てることなく、柔軟な時間対応が可能になる!!

多分

あとやっぱりエッセイねたをパッと思いつくようにしとかないとね。

最近日も長くなったので、早く帰れる時は皇居外苑でスピーチ原稿をちょっとだけ読んで帰ります。

IMG_1424.jpg

芝生はきれいだし、ほとんど人もいないので声をだしても平気です。

すぐに疲れるんだけどね・・・。

そういうことで、あと少しチャレンジャーの皆さん頑張りましょう!

テーマ: 英語・英会話学習 - ジャンル:学校・教育

妄想は妄想に過ぎないの?妄想の英語スクール準備編 

今日は金曜日。

金曜日の夜はサラリーマンにとって一番幸せな時です。

週末何しよう、あれもやりたい、これもやりたい、色々思いを巡らせるときです。

ちょっと今日はそんな私の妄想にお付き合いください。


私の「BUCKET LIST」(死ぬまでにやりたいこと)の中の妄想の1つ

それは

「英語を使って生計を立てる」

そのための方法や可能性は色々あると思うのですが、私が思いつくのはこういった職業

1.翻訳家
2.通訳者
3.通訳案内士
4.英語講師
5.学習塾

この中でやりたいこと、やれそうなこと

自分の市場価値、市場の将来性を考えると4・5が実現性が高いかなと思ってます。、

じゃあ何を教えるか?

サラリーマン相手のTOEICがおもしろいと思うのですが、もう新規参入余地はない。
大学受験とかには興味がない。
TOEFLは良い市場だけど、教えるレベルには到底たどりつけそうにない。

となると、やっぱり英検を究めて「専門校」を作るというのが、私の今の所の結論です。

私の妄想の学校概要はこう

【対象顧客】 
1級チャレンジャー(社会人英語学習者)

【コンセプト】
英語学習を通して、英語力のみならず「やり遂げる力」を身につける
英語学習を通して人生を変えることを目標とする
校訓「試験と思うな!人生と思え!」

【特  長】 
1人1人の目標達成をサポートする「目標設定用紙」を活用。
日々の学習は「ルーティン確認表」で、挫折知らずの学習法を提供。

【授業内容】 
各人の課題解決に向けたカリキュラム・学習法を提案・提供
過去問の徹底分析と豊富なデータベースを徹底活用

【授業形式】 
スカイプを使ったオンライン型個人レッスン

今の所考えているのは、こんなところです。どうでしょう。

英語を教えるという点では、いくらでも良い学校はあるので、私の出る幕はないのですが、

どう試験に対応するか
どうやって学習計画を立てるか
どうやって習慣化するか


こういった点では提供できるものも多々あるのではないかと思います。

そんなことを妄想しながら、少しずつ教材も作ってます。

前月モニター募集をした「目標設定用紙」のモニター募集もこの一環です。

また中身はこれからですが、HPとかも作ってます。

馬鹿でしょう

HP.png

こうなると、もはや「妄想」ではなく「暴走」レベルです。

HPを作っていて困ったのが学校の名前。

なかなか良いのが思いつかない

色々考えてみた案

プロセス
サクセス
プロシード
ジャンプ
ステップ
サクシード
サイド・バイ・サイド
あとは自分の名前

これに色々スクールとかゼミナールとかをくっつけてみたのですが、どうもピンと来ない。

やっぱり「英検」を組み合わせようと思い考えたのがコレ

「英検ゼミ」

どうですか!!

覚えやすいし、何を教えるかすぐに分かる

進研ゼミや英検運営と間違えて生徒も集まるかも

ついでにスクールロゴも考えました。

ロゴ

そのまんまやないかい!
著作権の問題は大いに謎ですが、妄想のうちは何も問題ありません。

それよりまず、レベルアップが先だろうって。
おっしゃる通り!!
でも、こうした「妄想」が私の場合学習意欲向上に繋がるのです!!

ということで皆さんも妄想の中で「大輪の花」を咲かせてみてください!

きっといつか実現するかも。。。

あっ、でも妻からは「頼むから馬鹿なことを考えるはやめなさい!!怒」と言われていることを申し添えておきます。

テーマ:英語・英会話学習 - ジャンル:学校・教育

もう伸びないのか?成長曲線におけるプラトー状態になったらどうするか?

学習を続けてるとホントに自分が成長してるかどうか分からなくなる時があります。

これを続けて行くと出来るようになるのか?

全然出来るようにならない、どうすればいいのか?

最初は、どんどん分かることも増えるし実感が伴う。

段々とそれがなくなり、地道な作業だけが増えて、どこまで行っても出口のないトンネルのように思えてくる。

いわゆるPlateau状態です。

私のイメージではこんな奴です。

成長曲線

能力は一直線に伸びるわけではないのは分かっていても、段々実感もなくなり時間だけが過ぎてく感じです。

まさに今の私。。。

辛抱強くやるしかありません。

ただし、変化が見られない場合、ちょっと考える必要があります。


量が単純に足りてないのか、

やり方が悪いのか

見極めが必要です。


正しくない努力を重ねることは、やってるつもりでも下手を重ねているだけです。

最近やってない私のゴルフのようなもので、いつになっても100を行ったり来たりの状態が続きます。

無駄にクラブを振って練習した気になっても下手を固めるだけです。



本当に上手くなりたければ、考える必要があります。

私の英語で言うとスピーキングとライティング。

リーディングとリスニングに関しては、自分に合った教材で多読と精読、多聴と精聴をやっていけば伸びるという実感も出来たので、これは量の問題です。
従って、今伸びてなくてもあまり気にはならないのですが、話す・書くはどうもダメです。

圧倒的に掛けている時間が足りないので、実感も糞もないのですが、2年前と比べても確実に進歩しているとは言い難い。。。

読み・聴くの進歩と較べると全然ダメです。

それもあって、今回の英検はライティングの向上をテーマとして取り組んできているのですが、しばらく時間がかかりそうです。

今回の取り組みをざっと書くと

●「積読本」で学び直す。
  イッチー先生のスーパーレベルライティング
  日向先生の英文ライティング
  フルーツイングリッシュの冠詞本

●ベストティーチャーでのオンライン添削

●イッチー先生の面接大特訓の内容インプット(これは進んでいない)orz

今まで、ちゃんとやっていなかったことばかりなので、1回読んだだけじゃ覚えられないし、成果が表れるのは先の話しです。

それでも、書いていけば何とかなりそうだけど、
スピーキングは、最近ホント下手だなあと思うようになり、こっちはまだどうすれば良いのかよく分からない状態です。暗唱・音読系も量をこなすという点で、なかなか定着しません。

いずれにしろ、今年は性急に結果を求めず、次のステップに向けてじっくりと力を溜める作業をする年と思うことにします。

焦らず、弛まず、粛々と!!

テーマ: 英語・英会話学習 - ジャンル:学校・教育

Best teacherをやってみた

5月に入ってから始めた「BEST TEACHER」ですが、まじめにやってます。

テーマを選んで300文字程度のライティングのやり取りを3回~5回ほどしてから最後にオンラインのレッスンを受けます。なかなかおもしろいというか大変です。

3つまでのテーマを同時に進められるのですが、Aというトピックに関して返事を書いて、送信。次にBのトピックついて書いて、送信。Cのトピックについて書いて送信。

先生からするどいツッコミがくるのと、書くのに時間がかかるので、1ターン終わるのに30分弱くらいかかります。そうこうしているうちにAのトピックの返信が来ます。またそれを書き終わると、Bの返信が返ってきてます。

一応返信は数時間以内となっていますが、返信が来るのが結構早い。。。。

延々とパソコンの前でうなっている感じです。

おまけに、内容が英検の問題なので、返答が大変。

ちなみに、ということでおもしろかった(大変だった)のを貼ると

最初に私が書いたのは

「科学と芸術はどっちが重要か?」というお題で、
「科学が大事。何故なら①科学を専攻している学生の方が職を得やすい。②科学の方が日常生活に役に立つ」という感じのエッセイを書きました。語数は200語程度です。

いつもなら、大して良くなくても You wrote a good essay!!とか書いてあるのですが、今回は違いました。

スタートが
I will disagree with you mostly から始まってました!
ええー、いいじゃない、一生懸命書いたんだからagreeで、と思いながら読み進めると

「芸術を色んな見方で私は見ていて、例えば科学技術も芸術と言える・・・。」
延々と理由を書いてて、最後に「私にとって科学は、芸術だ」

えーそれじゃお題と違うだろ~!!

と思いながら、怒っちゃ負けなので、「芸術は、必要不可欠なものであることは分かる。日常生活の色んな所、例えば「信号」も芸術だ。皆が注意できるようデザインされている。でもこういったものも科学技術を基に作られてるよ。」と返したら

「現代社会の芸術の利点は、その創造性にある。芸術が、柔軟さや創造性を養うし、そうしたことが科学技術の発展に役立つ」
をまた返してきました。

めんどくさいなあと思いながら、負けちゃダメなので「創造性は科学にとって大事だけど、芸術がいつも創造性を伸ばすわけじゃないし、科学者全てが芸術に親しんでいるわけではない」

もうこれで終わりにしようかなと思いつつ(1度でも返事を返せば、ダイアログを終了して、会話のレッスンに移れます)、これで終わると負けなので最後まで行くことにしました。

そうしたら、次は「ホント言うと、わざと大げさに言ってみたのさ。あなたの練習のためにね・・・。」

だって。。。

疲れました。

実際のやり取りを貼っときます。
黒髪が私のパートで、赤字でアンダーラインがあるので修正箇所です。
つまらん間違いが多いですね。

こういうやり取りを時間をかけずに出来るようになれば上達するんでしょうが、期間限定じゃないとこのペースでは続きません。
ちなみにこの英検コースは15,000円/月なので、今月限定です。
書きたいだけ書けるので、たくさん書けばお得ですよ。

私は今まで書いたものの内、添削をあまり受けていないトピックを出しているので、純粋に書いているわけでないですが、このペースだと40本は超えそうです。

ちなみに添削のレベルは、文法中心で、構成まで至らないので、フルーツイングリッシュとかよりは甘いです。

何か負荷をかけていかないと伸びないし、負けられない相手が参戦するようなので、大変ですが1カ月限定で頑張ります!!
「絶対に勝つ!!」
best teacher1
best teacher2
best teacher3
best teacher4

テーマ:英語・英会話学習 - ジャンル:学校・教育

2016年第1回英検1級一次試験の難易度が変わる?! 簡単になるのか?

新しいCSEスコアによる1次合格点が2,028になるとお伝えしました。

それってどのくらいの比率だろと思って計算してみました。

1次試験の満点は2,550点なので得点率を計算すると2,028÷2,550=79.5%です。
(前回計算が間違ってました。正しいのは79.5%でした。すみません)

ちょっと待って下さい

80%!!

1次試験で8割の正答率!!

以前の113点満点で計算するとなんと90点です。

過去最高合格ラインだった2015年の第2回でも合格点は85点で得点率は75%です。

合格者平均の得点率でやっと81%です。

去年の第1回と第3回の合格点の得点率は73%です。


明らかにこれまでの傾向と変わってきます。

これは何を意味するのか?

色々考えましたが、やはり問題の難易度が変わるということではないでしょうか。

しかし、既にエッセイにポイント提示がなくなり、語数も増えることを考慮すると十分難化しています。

となると、他の技能の評価が甘くなるということになります。


普通に考えると、まず語彙の難易度が下がります。

語彙25点満点で8割の20点を取らせようとするとかなり甘くなりそうです。

これ以外の読解と聴解に関してはどうなんでしょう。

難易度が大きく下がることはないというのが私の意見です。

ただし、難問が出なくなるということだと思ってます。
例えば、読解のレベルで言えば、直近の2015年2回のレベルであり、間違っても2014年3回レベルではないだろうということです。

聴解の場合ならパート3のリアルシチュエーションの条件設定が難しくないパターンだし、パート4のインタビューもやさしい物に変わるのではないか、パート2なら選択肢の文章が短くなるとかではないかと予測します。

素直な問題を増やすことで、受験者が得点しやすくするということではないかと思います。

あと考えられるのは、受験者の出来栄えを見ながら各問題の配点を変更するとか、素点に係数(1.1倍とか)をかけてCSEスコアを算出するということも考えられます。


いずれにしろ、エッセイ以外で試験内容に変更があるわけではないので、今までの勉強内容を変える必要はありませんが、今までと違っている点が1点あります。

8割の得点が必要になるということは、捨てることが出来る問題が減るということです。

7割程度のラインなら、得意分野があればカバー出来ましたがこれからはそうは行きません。

もし苦手分野があるなら、ここからでもその穴を埋める努力をしていかないといけないと思います。

また、本番でもできたはずの問題を落とさないようにするために、より時間配分に注意が必要となると考えます。

特にエッセイ。。。 私だけかもしれませんが・・・。
私もやっとエッセイ練習にちゃんと取り組みだしました。

それにしてもスペルミスの多いこと多いこと・・・。

書くのには相変わらず時間もかかりますが、やらなきゃ変わらない!

ということでチャレンジャーの皆さんエッセイを書きましょう!! 
泣きながらでも書きゃいいんです、書けば!!

テーマ: 英語・英会話学習 - ジャンル:学校・教育

AFN最強の生英語リスニングでリスニング能力UP!!

普通の会話が理解できるようになりたい!!
リスニング力を向上させたい!!

と思いつつ、有効な手を打てていませんでした

ドラマを何度も見るのはだるいし、インタビューは話者によるクセが強すぎるし。
ナマ素材は色々あるけど、スクリプトがついた短い素材ってないんですよね。

見つかりました。

今の私にピッタリの教材です!!

これは良いです!!

AFN最強の生英語リスニング


アマゾンの紹介コメント
「AFN(旧FEN)」で実際に放送された「お知らせ」を80本収録しています
1本あたりの長さは30秒~1分。集中して聞くのにはもってこいの長さです。シンプルなアナウンスメント、コント、ドラマ、パロディーなど、どの「お知らせ」も趣向がこらされており、本格的な効果音や BGM がリスナーをその世界に引き込みます。


これなら短いから、繰り返し同じものを聞けるし、内容も飽きないし、幅が広い。

実際にどんな内容かというと

・タバコの害
・オレオレ詐欺に気をつけろ
・運転中の携帯電話はダメ(ローカルルールを守ろう)
・10代の母親の本音

本当に幅の広い内容が、80本入ってます。


それにしても聞き取れない。(T_T)

何を言ってるんだか、細部が分からないものだらけです。

だからいいんですけどね。

先週から空き時間にずっと流してます。
そろそろ聞き取れない箇所もはっきりしてきたので、スクリプトを見て、聴けない箇所をつぶしにかかってます。

ちょうど、やっとアメリカンアクセントトレーニングも、音の変化(リダクション、リンキング)といった所に差し掛かってきているので、これもリスニング強化に役に立ちそうです。

地道な取り組みですが、継続すれば血肉になって力がつくはず!!


調子に乗ってモチロンその前作も買いました(絶版なのでプレミア価格!)。
どっかのA女史のようにためらいません。
もたもたしてる内に追いついてやるのだ。 わははは


それにしても今週は疲れた…。
休み慣れしたせいか体が仕事についていかず…。

週末は地道にエッセイ書きと地道に聴けない音をつぶしてみます。

英検1級の変更点について(まとめ)

さて、1次試験まであと1カ月です。

今回の英検の変更点(制度、内容)を整理してみます。

1.制度上の変更点
まず、得点算出方法と合格ラインに変更があります。

①「CSE2.0」に基づくスコアを技能別に算出し、それに基づいて合否を判定
②満点は1次・2次合計で3,400。4技能を等しく評価し、各技能の満点は850
③合格点は固定。1次2次合計2,630点。
ただし、1次試験は2028(満点2550)以上、2次試験は602(満点850)以上が合格。

以上が制度上の変更点です。

今回の最大の変更点は1次試験の3技能が等しく評価されたことであり、ライティングのウェートが上がり、語彙を含めた読解のウェートが下がったことです

従って語彙が苦手で作文が得意な人には有利になりました。
具体的な数字は以前のブログを参照ください。ココ

個人的は変えて欲しくないポイントですが、読み偏重からの脱却という点では良いことだと思います。


もう1つ良かったと思うのは、合格点が固定化されたことです。
運営サイドに立つと2次試験受験者数も読みにくくなるし、試験の精度をより求められることになるので大変ですが、リピート受験者に対する批判がこれで解消されます。

私はいつもその時できる全力で準備をして、真摯に試験に向かい合ってきたので、あまり気にはしていませんでしたが、それでもどうしても受かりたい人の枠を気にせず受けられるのは良かったです。

2.内容の変更点
これはライティングについての変更です。

①ポイントが示されなくなる
②語数を200~240語書く

今までは200語書いていなくても減点対象ではなかったと思いますが、今回からはしっかり語数を書かないといけなくなりました(
私は大体180語くらいでした)。
エッセイの時間配分について見直しが必要かもしれません。
ポイントについては、頻出トピックについてはアイディアがパッと出るように必要に応じて練習したほうが良いです

私は以前作るだけ作ったアイディアカード(イッチー先生の面接特訓を基に作成)で論理をしっかりここから刷り込みます。
IMG_1258 (640x480)

ここまでは既出ネタですが、こっからが今回のネタです。

以前もエッセイの評価方法について推測を書いたのですが、実は英検のHPにしっかり出ていました。
以下抜粋

一次試験のライティングはより詳細なフィードバックが可能となる観点別に採点されます。

各観点4点が満点です。 (1級・準1級・2級共通)
観点は各級共通で
1. 「内容:課題で求められている内容が含まれているか」、
2. 「構成:英文の構成や流れが分かりやすく論理的であるか」、
3. 「語彙:課題に相応しい語彙を正しく使えているか」、
4. 「文法:文構造のバリエーションやそれらを正しく使えているか」
の4つとなります。


ここからが仮説ですが、850点満点と言いながらエッセイは16点満点と一緒ではないでしょうか。
つまり、観点別の1点がCSEスコア53.125点に相当するということです(850÷16=53.125)
具体的に比較するとこういう感じ。

観点別 CSE2.0
16点  850点
15点  797点
14点  744点
13点  690点
12点  637点


1点の重みが今まで以上に大きくなるというのが私の仮説です。
以前ブログにコメントをいただいた方が26点(満点28点)でCSEスコアは800点なかったと言われてましたので、当たらずとも遠からずの感じがします。
となるとボーダーの人は、とにかくつまらんミスを避けて13点を狙うというのがとるべき戦略と考えます。
満点のエッセイを見ましたが、極端な語彙は使われてないし、そんなに凝った文章を書く必要もない。合格を考えるのならば無理せず型に沿って語数を書いていけば良いのだと思います。

優秀賞を狙っていくためには、やっぱり満点の作文だろうなと思いつつ、私にはまだ先です。はあ~…。

今回の一次終了後にブログの読者の皆さんや他の受験者にも協力を仰ぎ、エッセイのCSEスコアと観点別得点を教えてもらい、その関係を整理していきますので、その際にはご協力お願いいたします。

私はこれから、語彙の見直しとエッセイ関連のルーティンを少しずつ学習の中心に据えて、試験モードに徐々に入っていきます。入り方はそれぞれですが、ベストの仕上がりに向けて調整を考えられると良いと思います。

準備についてで言うと、昨日たまたま珍しく見たスポーツニュースで興味深い話しがありました
修造先生が柔道オリンピック金メダリスト(女性)に試合に向けた気構えについてインタビューしていました。

その選手の試合への入り方がスゴイ。

1か月前 「女を捨てる」
2週間前 「自然と同化する」
1週間前 「野獣になる」


確かに
img_2.jpg
さあ、チャレンジャーの皆さん、準備を進めましょう!!

テーマ: 英語・英会話学習 - ジャンル:学校・教育

「SVL対パス単」英検1級語彙問題最後の戦い

前回のN君ネタは、意外と笑っていただけたようで、多くの拍手をいただきどうもありがとうございました。
彼もきっと満足していることでしょう!

今日は久しぶりに英検ネタです。

どっちが強いか!!

これは子供の頃めっちゃ見たかった映画。
122016805.jpg
東映マンガ祭りの定番でした。
行きたいと言い出せず、見に行ったことはないのです。。。。

昔話は置いといて
今日のテーマは最後の対決!!

「SVL 対 パス単」

アルク対旺文社の出版社の誇りをかけた戦いです!!

過去に一部比較をしたことはありましたが、今回はGW特別企画で

2004年3回~2015年3回までの全34回の比較です!!

そんなことを調べてる間に単語を覚えたらどうなんだと言われそうですが、こういうことは楽しいのです!!

単語問題21問に対する正答数(SVL+パス単)、選択肢(21問×4)のカバー率を表にしました。

じゃあ、行ってみましょう!!

SVL+passtan.png

ここまでが、現行パス単がカバーしている(過去問から単語を収録した)回なので、パス単が圧倒的に優勢です!!


ここから一気にパス単のカバー率が下がります。

一方、SVLは抜群の安定感!!
ほとんど変わってません。
SVL+passtan2.png

語数を考慮すれば当たり前ですが、SVLのカバー率は安定してますねえ。

SVL+パス単12,637語(ダブリなし)の直近のカバー率は80%程度です。
派生語は見ていないので、派生語を含めれば85%近くなるのではないかと思います。

13,000語レベルで大体カバー出来るとすると、とんでもない難単語は出てこないというのが1級語彙ということではないでしょうか。

私もいい加減全部覚えたいと思いますが、まだ多分400~500語くらい怪しい感じです。

まあボチボチ進めていきます!!

何度も取り上げているので、定義は割愛しますが、私がSVLと言ってるのはこれです(VOL1からVOL4まで)。



連休は予想通り予定の半分も消化できていない感じですが、その分リラックスして溜まっていた疲れもとれた感じです。

あと2日あるので、少し仕事モードに戻しながら、引き続き普段できないことをやっていきます。

テーマ:英語・英会話学習 - ジャンル:学校・教育

連休の谷間とN君

皆さま連休はいかがお過ごしでしょうか?

今のところ地雷を踏まず何とかやっております。

連休の谷間ですから、ちょっと勉強の合間にくだらない話しにお付き合いください。

昨日は数年ぶりに学生時代の悪友のN君に会いました。

N君と会った理由は2つあって1つは修造先生の色紙を受け取ることと、もう一つは彼の昇進祝いをすることでした。

IMG_1390[1]

修造先生の色紙も額に入れると中々良い感じです。



N君と私は学生時代、同県民の学生が集まるいわゆる県人寮に入っていました。

大学もバラバラで1学年20人くらいで全体で80人くらいの寮です。

まあ、無茶苦茶な寮でした。

この写真は、新入生が入ってきたときにやる「花見」の後の写真です。


IMG_1378.jpg

4月の第一土曜日に、なにも知らない1年生を事前予告なしに花見に連れていきます。
300mくらい離れた当時「花見通り」と呼んでいた桜並木です。
今では東京の花見の名所の一つになっているそうですが当時は地元の人だけ。

ビニールシートで宴会開始。 
公園じゃなくて普通の路上です。

花見で酒を飲ませてくれていい寮だなあと思うのもつかの間

終わったころには、何人か正体不明で土座衛門状態。

で写真のように、スーパーのショッピングカートに乗せてお持ち帰り~。

2年に1回は誰かが急性アルコール中毒になるので病院に連れていきます・・・。

今なら絶対訴えられます。

ちなみに写真右手前は、地元で市会議員、右後ろは立派な社会科の高校の先生です。


こっちは、1個下のくそまじめで、女の子と喋ったことのない奴を「合コン」に連れて行こうと悪だくらみをした時の写真です。

丸ノ内線の中の写真なのですが、左側の人がインパクトのある人だったので、「となりに座れ」といって撮った写真。
着ているものは、写真だと分かりにくいですが、皆で変な服を持ち寄って着せ替え人形にして合コンに連れていきました。
ズボンは登山用のニッカボッカです。

IMG_1368.jpg


で、N君。

IMG_1363.jpg

この頃は、変なシチュエーションで写真を撮るというのが流行っていて、多分その一環かと
N君が格好つけているのは、洗面所。
後ろの緑の箱はもちろん洗濯機!!

ホント無茶苦茶でしたが楽しかったです。

N君とは、大学も会社ももちろん違うのですが、数年単位ではお互い行き来をしています。
一緒に色々社会勉強もしたし、私が苦しかった時に何度も助けてくれました。

そんな彼も、4月から役員になりました。
立派になられて、社会貢献もしているようです。
img_news.jpg

人間30年も経つとずいぶん変わるようです。

冗談はさておき、彼は優秀なのですが筋を通すので、「味方も多いけど、敵もいる」タイプ。
そういう彼が昇格したのは嬉しかったですねえ。

彼にはこのまま全うな道を歩んでもらい、「私の履歴書」にぜひ寮の写真を使ってほしいと思った次第です。忙しい彼ですが、何も考えなくて良いかけがえない友なので、時々遊んでね。


一応英語関連のブログなので、最後にちょこっと英語のお勉強の話し。

ベストティーチャーですが、ライティングが必須なので今までの所とはかなり感じが異なります。
先生と何度か事前にライティングのやり取りをした後、スカイプレッスンになります。

ライティングは時間もかかるのですが、こういうことを繰り返していけばちょっとはマシになりそうです。
一部を張り付けておきます。スカイプレッスンの前に4往復位やり取りをします。
Best teacher

そんなことで、くだらないブログに今日もお付き合いいただきありがとうございました!

明日・明後日は帰省して、GW後半にまとめてライティングに取り組みます!!

テーマ:英語・英会話学習 - ジャンル:学校・教育

«  | ホーム |  »

プロフィール

Hiroshi

Author:Hiroshi
2011年から勉強開始

2013年 TOEIC935
2013年 TOEIC965IP
2014年 英検1級(通算7回)
2015年 通訳案内士取得
2015年 英検1級奨励賞受賞

英検ゼミ サクシード

最新記事

最新コメント

カテゴリ

英検1級 (138)
英検1級2次試験 (40)
目標管理とか (22)
英語勉強法 (41)
英検準1級 (9)
雑記 (106)
オンライン英会話 (8)
音読 (7)
TOEIC (13)
通訳案内士 (17)
未分類 (10)

月別アーカイブ

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる