FC2ブログ

2016-03

目標設定について

弟子1号とは別に、しばらくTOEICに関して面倒を見る人が出てきたので、自分の頭の整理も含めて「自分目標設定用紙」の計画の立て方の話しです。

目標で押さえるべき「3つのポイント」

1 詳細に   具体的に細かく分けて考える
2 鮮明に   ゴールイメージ(目標が達成出来た状態)を明確にする
3 定量的に  どんなことも出来るだけ数値化する

具体例で、「語彙増強」という課題に対する目標を立ててみましょう。

悪い目標例
 パス単を全部覚えよう!!!!

大ざっぱで、いつまでにどのくらいできているかが分からない悪いパターンです。

これを次のように具体化することで、アクションにつながる良い目標になります。

1 数値ゴール: 
パス単アプリの正解率をAランク98%、BCランク95%以上にする
3月 Aランク完成、4月 Bランク完成、 5月 Cランク完成

いつまでに何をどうするかを明確にします。また途中の目標(マイルストーン)を設けることで、計画の途中修正が可能になります。

2 状態ゴール:
英検語彙問題を10分で解いている状態

この状態ゴールというものも大事で、目標達成しているときの状態がどんな状態にあるのかをイメージすることで、そのために必要なアクションが何かを考えることができます。定量的な目標ではなく、定性的な目標になります。

この場合、10分という時間が目標に加えられているので、そのために何をすべきか考えるようになります。

状態ゴールというのは、慣れないと変な感じかもしれませんが、達成したときの自分の状態を「~している状態」というように表現すると分かりやすくなります。

このように大きい目標を出来るだけ分解して考え、具体的な行動に落とし込むことが目標設定の上で大事な1点目です。


目標設定でもうひとつ大事なことは、3つの目標を立てることです。

最高の目標、中間の目標、必ずできる目標の3つです。

今回の目標を中間の目標に置き、それより高い目標を最高の目標と置くことで、達成すべき目標の達成イメージがぐっと下がります。また、より高みを目指すことで、トレーニングの密度や考え方が変わってきます。

意識の置き所を変えるだけで、随分心構えが変わってきます。

設定した目標を達成することが当たり前のこととして考えられるようになってきます。


今日はちょっと真面目に書いてみました。
「自分目標設定用紙」について興味がある方がいれば、少しずつ書いていきたいと思います。今後もこの手の記事を読んでみたい方は下にある「ブログ気持玉」をポチッと押して下さい。希望が多ければ続けていきます。
あんまり独りよがりでもしょーもないんで。
画像


ところで、ハウス・オブ・カード、やっぱりおもしろいですねー。字幕があってもむずいけど・・・。
とりあえずシーズン2があとちょっと・・・。
私が好きなのは、仕事人ダグ・スタンパーです。

«  | ホーム |  »

プロフィール

Hiroshi

Author:Hiroshi
2011年から勉強開始

2013年 TOEIC935
2013年 TOEIC965IP
2014年 英検1級(通算9回)
2015年 通訳案内士取得
2015年 英検1級奨励賞受賞

英検® 特化型塾サクシード

最新記事

最新コメント

カテゴリ

英検1級 (164)
英検1級2次試験 (51)
目標管理とか (23)
英語勉強法 (45)
英検準1級 (9)
雑記 (127)
オンライン英会話 (8)
音読 (7)
TOEIC (13)
通訳案内士 (40)
未分類 (12)

月別アーカイブ

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる