2016-02

英検1級最頻出単語は何??

ついに完成しました!!

今回は大作です!!!


そこで、唐突に問題です。


過去11年間の英検1級試験の語彙問題に最多登場した単語はなーんだ?

ヒント

その単語は選択肢に5回登場しています。

最初の3文字はGalで始まる形容詞です

Googleの画像検索ではこんなのが出ます。

画像






答えは



Gallant 

〈人・行為など〉勇敢な,雄々しい 堂々とした、威厳のある
braveより固い使われ方をするようです。


完成したのは、2004年3回から2015年3回までの全34回の語彙問題のデータベースです。

各回84単語(21問×4単語)の34回分で、全2,856語のデータベース!!!

わははは!!!

私以外にこんな物を作るバカは誰もいないでしょう!!!
もちろん、パス単とSVLのデータとひも付けもしています。


ちなみに4回登場したのは以下の15単語です。

画像


黄色の網掛けはパス単には登場していません。
SVLには出ています。

3回登場の単語数は126語で、2回登場は451語です。

派生語を含めればもう少しダブりもあると思いますが、さすがにそこまで追い切れませんでした。

だから何って感じですが、ちゃんとした研究成果は他にもあるので、ブログねたが無くなった時に折を見て出していきます。



ちなみに、あるお方にこれを見せたらこんなお言葉をいただきました。

「すごーい、時間かかってそう!! でもこれって勉強から逃げてるだけですよね!」

そのとおーり
相変わらず手厳しいですが、返す言葉なし。。。


実際結構時間かかったんですよね。多分何十時間も。。。


さて、今週から始めたルーティンチェックですが、今までやっていなかった作文関係が思う様に進んでいませんが、それ以外は順調です。

ちゃんと靴も揃えています!!

作文については、アドバイスもいただいたので、フルーツイングリッシュは見送り、まずはイッチー先生の本で学び、仕上げにオンラインを活用することにしました。

それでも日々の生活に取り込めていないので、どのタイミングなら続けられるか模索します。

私の場合、習慣になり易いのは毎日することに学習が結びついた場合です。

ごはんを食べるときはコレ。歯みがき時はコレ。電車乗車時はコレ。駅まではコレ。

日々の生活の行動を学習開始のスイッチとすることで、学習開始のハードルを下げることが出来ると思います。


しかし、今はあまり結びつきそうな生活行動がないので、しばらくしてなかった朝勉に結びつけるのが一番いいかなあと思うので、来週から朝勉開始です!

始動せよ!!

さて、これからの学習を整理しました。

闇雲に学習しても仕方がないので、試験が終わったらすぐにアクションを考えることが大事です。

今回は新しい試みを取り入れます。

今までやってなかった方法で日々の学習管理をします。


先日ちらっと掲示した「自分目標設定用紙」に基づく日々の取り組みを一覧にした「ルーティン確認表」の活用です。
画像


やることを書いてあるだけのよくある表です。

やったら○をつけていきます。

これを見えるところに置くことで何をやったか、やっていないかを忘れないようにします。

また達成目標を設定することで、モチベーションを保つようにします。

今月は理論上の○の合計数に対して70%達成を目標としました。


一見間抜けそうにみえる生活面のことも入っています。

「0時30分前に寝る」

アンタは子供か!!!!

そうではありません。

私にとって勉強のリズムを作る上で、睡眠は非常に大事な要素です。

ぐだぐだと過ごすと当然次の日やその週全体に影響が出てしまいます。


もう1つは

「靴を揃える!!」

英語学習と関係ないだろっ!!

もちろん直接は関係ありません。

家族や社会に感謝の気持ちを表すということでしょうか。

英語の技を磨くだけでなく、心と体を整えることで、良い循環が生まれるのではないかと思います。


心・技・体です。 

インチキ臭いですが、ダマされたと思ってやってみて下さい。

そもそも、靴をそろえるなんて多くの人がやってることでしょうが、私は出来てないのでそこからです。


あとは出来そうなことをたくさん書き、表を○で埋め、達成感を高めてるということも大事なポイントです。


このルーティン表は、自分では実践したことがなかったので、しばらく継続してみます。

こうした継続の仕組みは大事なことだと思うんですよね。

私の様な普通の人にとって

普通の人が構えないで続ける、成果を出し続けるための仕組みです。


それにしてもこの中で、書いていてどうにも踏ん切りがつかないのが作文。

フルーツイングリッシュの添削を毎週出すイメージが湧かないんですよね。。。

自分が納得できていないものは間違いなく続かない。

イッチー先生の面接大特訓の例文暗唱にするか考え中。

ここは、再考です。

英検1級 面接大特訓
Jリサーチ出版
植田 一三

Amazonアソシエイト by 英検1級 面接大特訓 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



ちなみにこの本はイッチー先生の本としてはダントツに読み易いし、難しすぎないです。
この本がこれからのエッセイ、スピーチの学習本のスタンダードとなると思われます。

暫定ですが、まずは「やってみなはれ!!」

画像

2015年第3回英検1級2次試験感想とか

2日前の朝の話し

妻 「また何か試験受けるの?」

私 「何で?今週末2次試験受けるよ。」

妻 「やっぱりー。ここ何日かうなされたわよ。」


そうなんです。いまだに2次試験前は緊張して眠りが浅くなります。。。

まだ自信がないんです・・・。


で、行ってきました。

四ツ谷の日米英会話学院。

今回は初めての朝一の9時15分集合でした。

8時50分くらいに着き待合室へ。

中に入ると、いつもと違う光景が・・・。
画像

そうなんです。。。

男ばっかり。。。。


いつもは女性の方が多いのですが、全員男だと明らかにむさくるしい。

テンションも上がらぬまま最後に自己紹介の復習などをして待ちました。

時間が来て、係員の人が私を含む最初の12人を呼びに来てそれぞれ12部屋に分かれて試験開始!!


今回はネイティブ女性と日本人は年配男性です。

日本人で年配の方は初めてです。どうでるか?


自己紹介の後、トピックカードを開けると

一つ目に「労働力減少は重大な問題になるか?」

おお、ラッキー!!これにしようと思いながら、欲が出て一応全部眺めました。

多分15秒くらい使ったかと。


これなら大丈夫とか思いながら、いざ喋り出したら、すごく練習してきた「人口減少は重大な問題になるか?」とごちゃまぜになって、収拾がつかなくなりました。

しゃべりながらマズイ、マズイと思っている内に、更に支離滅裂になりそうになったので、強引に結論に持って行き、とりあえずスピーチは終了。多分1分55秒くらい。

一度深呼吸をして、心を落ち着け質疑応答へ。
今回もどちらの面接官もつたないスピーチから断片を拾い、質問をしてくれました。文法の問題はあったかと思いますが、受け答えはちゃんと出来ました。

出来映えは、そうですねー、これよりは良かったしれません。
画像


この漫画ほとんど意味不明だと思いますが、ジュディ・オング の「魅せられて」の歌詞です。

まあそれはさておき、今回も今の実力は出せたので結果を待つこととします。


そして試験終了後は、隣駅に移動し試験の女神JUNさんと合流!!

あまり普段英検について熱く語れる場面もないため、楽しかったですねえ。
そしてそこには、午後受験予定のえなさん(会うのは初めて)も偶然いてイッチー先生のセミナーの話しなども教えてもらいました。

JUNさんの話しで印象的だったのはトピックの選び方。「上からではなく必ず2番目から見ます。ピピッときたら他の4つのトピックはチラ見もせずに残り50-55秒で作戦立てます。今回は2→3→4とみて、4番目にしました!」確かにそうすることで、スピーチの組み立ての時間を確保できます。

これは次回取り入れ、1分の使い方を練習します。

あと話しをしながら思ったのは、次回はやはりエッセイを中心に時間配分、解き順などの戦略を考え直す必要があると思いました。

エッセイにかける時間を決めて残りをどう配分するかということです。これは今考える必要はありませんが、4月くらいになったら私も検討していきます。


これでしばらく試験がありません。いわばオフシーズンです。

じっくり足腰を鍛えて、次に備えます!!

英検が変わる!!

えー、それって作文の指定POINTSがなくなるだけでしょ。

私もそう思ってました。

大きな誤りでした。


私にとっては大きく変わります。

作文嫌いにとっては。。。

ということで内容をみていきましょう。

今回の改編のプレスリリースで明確に記載されている内容はこうです。

1.エッセイの語数が増加。200語→240語
2.POINTSの廃止
3.試験時間(100分)の変更なし

しか~し、良~く読むと
「CSE2.0」に基づくスコアを技能別に算出し、それに基づいて合否を判定いたします。
と、書いてあります。

はあ、スコアで判別???

どうやら今までの素点の合計で合格を判定するのではなく、TOEICのようにスコアに換算して判定するということのようです。

具体的には、
1級の場合、満点は3,400点で4技能で分けると各850点満点。

1級はCSEスコア2630(4技能合計)が合格点で、これは固定!!
今までは、回によって合格点が変わりましたが、次回からは固定です。TOEICと同じ様に別の回で受験してもスコアは同等の評価をされるということです。

1次合格は2,630の3/4だとすると1,972.5点が1次の合格点。

ということは、読解と聴解が満点(1,700点)でも1次は通過できません。

今までは読解+聴解で85点満点なので満点ならエッセイ0点でも1次合格しましたが次回は無理です。

つまり今まで配点のウェートが高かった語彙を含む読解のウェートが大幅に下がり、エッセイのウェートが大幅に上がる!!

う~ん困った…。

整理すると今までと今後の1次試験の技能別比率はこうなります。
画像

読解の比率が45%から33%に下がり、エッセイの比率が25%から33%に上がります(号泣)!!


エッセイ書かなきゃ駄目ですか…。

読み書きのバランス良くなくてもいいじゃない。

ガラパゴスの試験でもいいじゃない…。

少なくとも4技能あるんだし…。

帰国子女系の小学生受験が増えるのか~!!


取り乱しました。 m(__)m 

4技能を測る試験としては正しい方向です。
私もエッセイで高得点を取らない限り、優秀賞は夢のまた夢です。。。

2次のスピーチにもつながるし、もう逃げられません。

だからこの間の自分目標設定用紙にもちゃんと入れました。。。


気を取り直したところで、最後に先程の表の1点当たりのCSEスコアを基に私の素点を使って理論上のCSEスコアと実際のCSEスコアを比較してみました。徐々に理論値との差が縮まっています。換算方法を色々試しながら、換算のブレを少なくしてきているということでしょうか?今年に入ってからのエッセイの得点上昇と関係があると思われますが、詳細は不明です。
画像

いずれにしろ、エッセイの素点が大きく影響するので、対応策をしっかり考える必要があります。

嫌な物にどう取り組むか。これも人生です。

まさに「試験と思うな!!人生と思え!!」


その前に日曜日の2次試験を乗り切らないとです。
職場で3人どうやらインフルが発生しているので、明日会社休んじゃだめかなあ・・・。

大いなる野望

大いなる野望に向けて第一歩を踏み出しました。

それは


「弟子を取りました~!!」


将来に向けた妄想には色々あるのですが、その1つが

「英検チャレンジャーをサポートしたい!!」

もちろん、私の英語の能力は大したことはありません。

だから「教える」のではなく、「サポート」なのです。

「手法(自分目標達成計画)」と「心(やる気)」のサポートです。


キャッチフレーズは
画像


ちょっといかがわしいって??

いかにもインチキ臭そう。。。??


そんなことはありません。

いくつかの有名なメソッドを組み合わせているし、誰でも実践可能です!!
(言い訳するところがさらに怪しいかっ?!)


私もやり直し英語が5年経ち、色んな学習者を見てきました。

継続することの難しさや目標達成の難しさも見てきました。

なんかもったいないんですよね。

もうちょっとやればいいのに、こうすればいいじゃないかなあとか。


私自身、英語好きでも何でもないので、あの手この手で工夫をしてきました。

そういうことは人一倍やりました。
(自慢にもならんです‥)

で、そろそろ試したくなってきたのです。

他の人にも有効なのか?

自分が学び、実践してきたことをモニタリング(人体実験)したいっ!!

ということで、チャレンジャーの1人に

「お願いだから弟子になって下さい。」

と土下座して頼んだという訳です。

普通は逆ですが仕方がない。。。

m(__)m m(__)m m(__)m m(__)m m(__)m


今は何をやってるかというと、一緒に「自分目標設定用紙」を作成しています。

どんなものかというと、こんな感じです。クリックすれば別画面で拡大できます。
画像


今回は私も一緒に目標を作り実行していくので、私の物を掲載しています。


3年後の突き抜けた姿とかバカバカしいと思うような項目もありますが、それぞれに意味があります。

またブログで追々紹介します。

弟子と一緒に6月まで走り切るぞ~!!

英検2次試験ってどんな試験?

英語のスピーキングを測る試験じゃないの?

私の答えは基本YESであり、一部NOです。

何度か書いている話しをちょっとまとめてみます。

合計100点の内、発音(20点)、語彙・文法(20点)はスキルですが、スピーチ(30点)、インタラクション(30点)は英語の技能だけではありません。

内容に説得力があるか、一貫した主張をしているかといったことも要求されます。

英検のHPには「カギは英語の知識のみでなく、相手に伝える発信力と対応力」とあります。

だから英語力がなくてもカバーできることがあると考えます。

相手に伝えようとする気持ちが大事であり、そのための努力をすべきではないかと思います。

「徹底的に面接官を味方につける。」です。

基本的に面接官は受験者の味方です。
特に日本人面接官は英語を生業としている人達です。
一所懸命勉強してきた学習者を全員合格させたいと思っています。面接官を敵と思わず味方と思いましょう。

ならば応援してもらえるよう準備すべきです。
私の場合はこんな感じです。

1.好印象を与える服装、態度で臨む
2.スモールトークを準備する
3.自分のスピーチする姿を鏡で確認する
4.テーブルの前に座って練習する

スモールトークは採点には関係ありませんが、第一印象なので結構大事。
準備の意味合いとしては
・自分に興味を持ってもらう(自分のこと、週末何するか等)
・少し難しい言葉も混ぜれば好印象。ミス厳禁
・30秒程度話すことで自分も落ち着く
こんな効能があります。
私は原稿をいくつか書いてます。

スピーチ練習では鏡を見ながらアイコンタクトの取り方の練習をします。また会場では机があるので、手をどこに置き、どう使うのか練習します。
机があると手の収まりが悪いんですよね。

鏡を見ながらの練習は私も前々回から始めたのですが、自分が相手からどう見えているか分かり良い練習になりました。

また声の大きさを色々変えてみるのもおもしろいと思います。ぼそぼそ喋った時と抑揚をつけて喋った時では印象も変わります。
それを録音して聴き比べてみると嫌だけど良い練習になります。

できるだけ本番の環境を想定して練習すること。
これが大事ではないでしょうか。
人前で英語を喋ることに慣れてないわけですから、人から見ると変な練習ですが大事です。

で、当日待合室では必ず隣の人に話しかける。
(会場によっては1人で待つケースあり)
少しでも気持ちを落ち着かせることをするのが良いです。
仮に隣がおっさんであっても話しかけてあげて下さい。

本番は、試験官と目一杯時間を使って会話を楽しむ!!
私も最初の試験では、ミスを犯さないことを考えていたので、「余計なことは喋らない」というスタンスでした。積極的なコミュニケーションが足りなかったと今は思います。もっとこちらから働きかけをしていくと相手も会話を引き出そうとしてくれると思います。それに喋らなければ、そもそも試験として成立しません。

またコミュニーションの有名な法則で「メラビアンの法則」というものがあります。これは、相手にメッセージを伝える時、言語情報(内容)が7%、聴覚情報(話し方等)が38%、視覚情報(見た目・ボディランゲージ等)が55%の重要度を持っている、という法則です。これはかなり限定された状況下での法則だし、もちろん基本は英語の運用能力を測るテストなので、完全に当てはまるわけではありませんが、意識する必要はあります。

色んなアプローチがあると思いますが、英語力に自信がない方はぜひお試しあれ!!

今回は自分に言い聞かせるように書いてみました。

珍しく風邪気味で練習出来てませんが、あと1週間!!

自分ゴールに向けてもうひと踏ん張り!!

ご褒美

久し振りに神田に寄った帰り。

せっかくだからご褒美に何か食って帰ろう。

キッチン南海、ボンディ、つじ田 色々あるよなあ。

そうだ、「いもや」に行こう!!
画像


神田神保町にある大好きなお店

「いもや」

年配のご夫婦が2人でやっている天ぷら定食の店です。

愛そうなく黙々と天ぷらを揚げる職人オヤジと

きびきび動作で愛想を振りまくお母さん。

650円の定食は、抜群のコストパフォーマンス。

うまいし、店の雰囲気が非常に良いです。


神田に行ったのは、これを買うためです。
画像


ありました。

名前が

無事通訳案内士に合格していました。

多分官報に名前が載るのはこれが最後ということで、記念のご購入です。

仕事にするのは、当面先ですが機会を作って色々勉強していきたいと思います!!

2015年3回英検1級1次試験を振り返る

ども、Eikenistです。

今回の試験の傾向をまとめてみました。

合格者平均と受験者平均の分野別得点推移です。

こっちが合格者平均推移
画像


こっちが受験者平均推移
画像


私の感覚(予想)は前回合格点からリスニング▲2点、語彙▲1点でした。

実際の前回からの変化はこう。

合格者平均:語彙▲2点、読解▲1点、リスニング▲1点、作文+1点。
受験者平均:語彙▲2点、読解▲3点、リスニング▲1点、作文+2点。

自分の感覚は当てにならないなあと思いながら、語彙が前回より難しかったというのはホッとしました。

数字をこうして並べるといくつかおもしろいことが分かります。


1.読解
これが一番興味深いです。
合格者する人の点数はあまり下がっていないが、平均では大きく下がっている。
合格者の平均得点は22点で、過去から比べても普通ですが、受験者平均では15点と低いレベルにあります。
読むのが苦手な人にとっては、今回は厳しい回だったと言えると思います。
2014年の3回がその典型ですが、今回も読解力の差が明暗を分けたかもしれません。


2.作文
これは何を意味するのでしょうか。
テーマが化石燃料の持続の可否なので書きやすかったと思いますが、受験者平均が18点と過去最高です。
18点と言えばかつては合格者平均の得点です。
採点がやはり甘くなっているということでしょうか。
また、合格者平均が21点なので合格者と受験者の差が最も少ない分野になります。
何がしかの調整というか、恣意的な採点要素が入っているように感じますがよく分かりません。

分かっているのは、私の作文が全く進化していないということだけ…。

いい加減、書く・話すを何とかしないと…。


3.総評
今回の1次試験は、語彙・読解が強い人には有利に働き、リスニング・作文が強い人には若干不利だったということです。当たり前すぎのコメント・・・。

継続して受験してる人は、数字を並べてみて、何が伸びたのか、何が足りないのか考えてみてはいかがでしょう。

必ず見えてくるもがあります。

試験結果は合否だけではありません。
そこから自分の課題を見つけ、4技能を伸ばしていくための基礎資料です。

仮説を立て、実行し、検証する。

私は今までそうしてきたし、これからもそれを実行して4技能を伸ばします。

それが私が英検を受験する意味かもしれません。


格好つけて書きましたが、こんなことでも書かないと頑張れない軟弱者であることは言うまでもありません(爆)。

お・も・て・な・し東京の現実

さて今日は東京都の「おもてなし東京」(東京都観光ボランティアガイド)の研修会に行ってきました。

「おもてなし東京」とは東京都が実施する観光ボランティアガイドです。
年に1回次年度のボランティアを募集しています。

私も去年の9月に申し込み、今日は次年度の新規ボランティアのための説明会でした。

主催者挨拶のあと、研修も兼ねているということで2人の講師が話されました。

「ボランティアとは」という話しと「ANAのおもてなしと」はみたいな話し。

講師2人の話しはとてもためになったのですが、ANAの講師への出席者の質問がおもしろすぎ。


質問者その1(初老男性)
「先生は、握手の時にお辞儀をしないと言われたが、世界にはお辞儀をしない国があるんですか?」

私は耳を疑いました。

「お辞儀はしない国はあるんですか??」

お辞儀は万国共通だったのかあああ

いやいや仮にも外国人向けの観光ガイドに申し込んだ人が聞きますか。それを!!!

先生は困ったように
「日本に来られる方は、日本のことも学んでいるので、お辞儀をしても良いかもしれません…」


質問者その2(別の初老男性)
「文化の違いを理解することが大事と言われたが、訪日客はあまりにも日本のマナーを知らなさすぎる!!日本に来るならそのルールに従うべきであり、全員に守るべきルールを書いた紙を入国時に渡すべきであ~る!!

お父さん、移民したいって話じゃないんだよ。それにそれぞれの価値観を認め合おうって話だったじゃない~!!

先生は開き直ったように
「そうですね。困った人はいますもんね、今の意見で東京都ももっと対応してくれるでしょう」


う~ん、これが東京の「お・も・て・な・し」の現実・・・。

先がおもいやられる…。

今日の収穫
今日のお父さんたちとシフトが一緒になったら速攻やめよう

ちなみに評判の悪いと言われてる制服(ポロシャツ)
画像


舛添さん満面の笑みだけど・・・

やっぱりやめようかなあ…。

2015年3回英検1級一次試験結果

無事1次通過です。
エッセイが22点で今回も100点に到達しました。
前回の出来過ぎも重ねていけば実力になります。
画像

私の分野別得点率(%)推移はこう。
画像

読解は伸びましたが、語彙が今回はダメです。
熟語が2/4だったのが痛いです。
色々な読み物を読んで語感を磨かないと安定しないのかと。
あとコレ
日向先生は、押しの強い写真が苦手なのですが、数字に基づくチョイスで説得力があります。


Amazonアソシエイト by 英語はもっと句動詞で話そう の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル




それにいい加減エッセイをちゃんとやらないとこれ以上点数は伸びない。
2次が終わったら対策を考えないとなー。
こっちも日向本を検討中。

毎回の結果に一喜一憂しても仕方がないですが、数字の傾向を客観的に見ながら対策を立てていけば、必ず4技能は伸びます。
今回残念だった人も、何が足りなくてどうすれば伸びるのか仮説を立て地道に取り組めば必ず成果が出ます。

あと参考までに合格点、合格者平均、受験者平均の推移を出しておきます。
画像

合格点▲3、合格者平均▲3、受験者平均▲4でした。
受験者の傾向に大きな変化はなかったように思われます。

また次週得点詳細が出たら、記事にします。


やっと体調は戻ってきましたが、来週は忙しいのであまりスピーチ練習は進みそうにありません。
仕方がないので通勤時にマスクで隠しながら練習します。

今回の2次が終われば6月から続いた一連の試験シリーズ(通訳案内士含む)から解放されます。
試験がないと勉強しないというのはありますが、毎月追われるのもさすがにつらい。

明日も午前中に東京都のボランティアガイドの説明会に朝行って、その後は仕事…。
日曜日は、ハラちゃんお勧めの映画を見てゆっくり休むぞ~!!

«  | ホーム |  »

プロフィール

Hiroshi

Author:Hiroshi
2011年から勉強開始

2013年 TOEIC935
2013年 TOEIC965IP
2014年 英検1級(通算7回)
2015年 通訳案内士取得
2015年 英検1級奨励賞受賞

英検ゼミ サクシード

最新記事

最新コメント

カテゴリ

英検1級 (143)
英検1級2次試験 (40)
目標管理とか (22)
英語勉強法 (41)
英検準1級 (9)
雑記 (108)
オンライン英会話 (8)
音読 (7)
TOEIC (13)
通訳案内士 (18)
未分類 (12)

月別アーカイブ

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる