2015-09

整える

さて残りあと10日あまりです。

今回の自分目標は2つ書きました。

1.熟語除き語彙問題で21点中20点とる
2.作文関連を1時間/日やる

はっきり言って出来てません。
特に2.は全然ダメです。

既に敗北です。
偉そうにしてますがそんなもんです。

あと10日だけでもちゃんとやります。

やらないよりマシなのだ!!


1.についても大分前進しましたが、語彙20点はかなり厳しいです。
JUNさんの英検スカイプ摸試に今月は7回くらい参加したのですが、過去問で目標までいったのは3回です。

パス単はあと100個くらい怪しい。
そいつは重点的にグルグル回してるので、これは何とかいけるかと。


一方、1年ちょっと取り組んできたSVLは厳しいです。

未知語の棚卸しをしたところ
ランク別(各ランク1000単語)にみると怪しいのが

ランク7  144
ランク8  115
ランク9  110
ランク10 245
ランク11 250
ランク12 270
合計   まだたくさんある


SVLは今回ではいけそうもありませんが、最後まで足掻きます。

ここから先はあまり焦っても仕方がないので、もう一度自分ができる範囲を考え、何をやり切るかを考えるのが良いです。

私も今回は作文除き通しを7回やって、なんとなく試合勘のようなもの(英語力ではない)も整ってきているので、あとは無理はしないようにします。

最後の1週間は、自信をなくすことはしちゃ駄目。
何度も解いたような問題とかで調整するとか、不確かな部分を固めるとかですね。

チャレンジャーの皆さん、今が一番不安なときかもしれません。
夜明け前の一番暗い時です!!
最後何ができるか考え悔いのないようやりきりましょう!!

修造先生も全力で応援しています!!




追記:

最後に、ここからは英検ネタではなく通訳案内士ネタです。
私は自己採点ミスもあり、若干点数も変わり歴史と地理は大丈夫そうですが、一般常識がボーダーです。
ふと思い立ち、センターの免除を考えてみました。
現代社会8割で免除ですが、8割取れてるんだったら考えようと思い、2年分解きました。
結局7割前後だったので、センター受験は止めましたが、勉強時間が取れる方は一考の価値はあると思いました。申し込み締め切りは10月9日です。

今日からお前はタートルだ!!

連休のトークで受けた質問をせっかくなので記事にしてみます。

いただいた質問

2013年3回から2014年1回で読解の点が大きく伸びてるが何があったか?



これが分野別の得点率推移です。
画像


確かに読解は急激に上がってます。

初回合格(2014年6月)までに大まかには読んだものは
2011年 TOEICのみ
2012年 多読(Grade Readersの類い)
2013年 TOEIC、新聞(ASAHI weekly)
2014年 英検過去問+JAPANTIMES on Sunday TIME(1~2記事/週)
この時点で過去問は2005年~2012年までを2周くらいでしょうか。


少しずつ難易度が高い物に移りながら、英語を読むことに対する耐性をつけていった感じです。

こうして書いてみると世の中で一般的に良いと言われてるようなものを普通にやってきてる「学習者の鑑」ですね~(笑)。

この2013年3回(2014年1月実施)から2014年1回(2014年6月実施)までの間に新しいことを始めたのはTIMEの定期購読です。3月から始め、1記事は精読(3回読んだ後、仲間との勉強会で確認)しました。

ただし初回の合格時点では精読を始めて2か月くらいしか経っていないので、その効果は目に見えてはなかったです。

じゃあ、何もなかったのかというとそうではありません。

読むことを継続していました。
1月の試験では結果は出ませんでしたが、少しずつ力もついていったのだと思います。

ジャパンタイムス(週刊)の購読履歴もはっきり覚えていませんでしたが、前のブログを確認したら1年位読んだようです。

結果となって表れるのが遅かっただけです。

とここまで書いた所で勉強ログを引っ張り出したら、2014年の2月からはリーディングの時間(過去問含む)が増えていました(記憶で話したりするといい加減です)。

それはコレ
画像


(この期間はマジメに勉強していたので記録も正確です。)

継続したことと、多少なりとも読む時間を増やしたことで、次の回の結果に繋がったのだと思います。
(この時から語彙の時間も増えているので、その分他が減ってます。その時々のテーマに合わせた強弱ですね。)

やっぱりコンスタントに読むこと。
これにつきるのではないでしょうか。

読解の点数が足りない場合、まだ量が足りてないことが多いと思います。自分が継続できるものを探し、量を満たすことで必ずどこかで伸びてきます。

なかなか適当な読み物はないのですが、新聞系がやっぱり幅広いトピックを扱っているのでお勧めです。
私は1枚4ページをノルマの単位として読み終わったら1枚ずつ捨てたので、続けやすかったと思います。
(もちろん小説の方が好きであれば、そっちの方が良いです。興味のある物を読むのが一番です。)

今もクリアに読めてるかというとそうでもないんで、偉そうなことは言えませんが…。

実際、問題を解くときにはいつもの読むスピードでは遅いので、シャープペンを強制的に動かし読むスピードを上げています。ほっておくと未だに黙読せず全文脳内音読をしようとするので、これではスピードが上がらないと思ってます。

出来るだけ、1語1語の単語ではなくアイスパンを広くして、かたまりで意味を捉えていかないと精度もスピードも上がらないです。
もちろん設問に関わるパートは丁寧に読む必要があると思いますが、まだまだ修行不足です。

多読と精読をうまく組み合わせれば読解能力は必ず上がります。

特効薬はないので、「うさぎとカメ」のカメになる必要があります。

カメは目標だけを見据えて確実に歩みを進めること、これしかありません。

これは私が2回目の不合格の時に見ていた修造先生のビデオメッセージにありました。

そのビデオを貼り付けようと思ったら見つからなかったので、修造先生の代わりに

今日からお前はタートルだ!!」





皆さん良い週末を!!

きたのか?

皆さん良い連休を過ごせましたでしょうか?

私はのんびりながら充実した連休でした。

1.オペラを見た   
   芸術とは無縁な生活ですが、仲間の晴れ舞台だったので行ってきました。パフォーマンスも素晴らしかったですが、ずっと頑張っていたのを見てきたので舞台に上がった姿を見た時は感無量でした!

2.読解セミナーに参加した
   なぼさんという英語講師の方のセミナーです。頭の整理になったし、一番聞きたかったことも聞け大満足でした。

3.ブログ読者と話した
   今回の連休の目玉企画でした。誰もいなかったらどうしようかと思いましたが、なんと4人の方にお申込みいただきました。

しかも

しかも

女性4人

いまさらながら、きた?

きたのか? 

これがモテキかーーーーーー!!!

画像


これは「英検トーク」ではなく「ハーレムトーク」ですか!!

いやいや、純粋な学習者の心を失ってはいけない。

何かお手伝いできればという気持ちはどこに行ったんだ~!!

ええ、ちゃんと色々と資料を準備して臨みましたよ。


1人の方は当初の予定が会わなかったため土曜日に楽しくお話しさせてもらいました。

そして3人の方と話すべく21日(月)を迎えました。

その前にオンラインの先生のレッスンがあったのでスカイプをつけたら、グルグル回ったまま。

またポンコツPCが壊れたのか???

時間になってもオンラインにならないのでスクールのHPを見に行ったら・・・、



スカイプに障害発生につき、本日のレッスンは全てキャンセルします。。。


えっ

まさか

マジですか??

3年くらいやってきてこんな大きな障害はなかったのですが。。。。。


私の「ハーレムトーク」が・・・・・

イメージ画像

画像


ここでそんなブログねたはいらんだろっ!!
頼むから、ちゃんとスカイプ動けよ~!!


動揺している所に、「虎の穴輪読会」メンバーのピッピさんから、「スカイプ動きますか?」とのグループメールがきました。私が状況を返信したら、MILK姉さんからこんなメールが


「ハーレムトーク、動機が不純すぎたのが神様にばれたかも!」(下僕が身の程知らずなことをするからだわ!オーホホホホ


いいじゃないですか。たまにはいいことあっても(号泣)。


しかし、参加予定者の方には翌日に繰延するということを了解いただけたので、何とか開催できました。

ありがとうございました。m(__)m


さすが私のブログの読者の方々です。

真摯に勉強されてます。

でも自分の進んで行く方向がこれでいいのか不安も抱えている、そんな風に感じました。

その時もお話ししたのですが、コップの中に水を注いでいけばいつかは一杯になります。それがいつになるのかは分かりませんが、注ぐことをやめなければ必ず満ちる時はきます。

時が来るまで、歩みを進めること。
時には負荷をかけることも必要ですが、信じて進めることが一番大事かと。

また機会を作って色んな方とお話ししたいと思います。

皆さん、連休の最終日良い1日をお過ごしください!!

あきらめの悪い人達

私は、基本怠け者です。

画像


一方では「あきらめの悪い人達」が大好きです。

何というか、年齢、環境、人生とか色んなことに「あがらって生きていこうとしている人達」です。

でも、そんな人達もすごく頑張り続けられるかとそんなことはない。

色々あれば疲れちゃう。


そういう人達が私は好きです。
できることがあれば応援したくなります。


だって、自分がそうだから。


楽しんでやれれば良いけれど、必ずしもそうじゃない。

「何でこんなことやらなきゃ駄目なんだ」

「どーしたら分かるようになるんだ」

「いつになったら覚えらるんだ~!!」

そんなことの繰り返しばかりです。


最近は仕事が終わった後は眼精疲労でしばらく文字を見たくありません。

でも続けていけば、どっかでご褒美もあるし、世界が広がる。

好きでもなかったし、止むにやまれず始めましたが、あきらめ切れない人達と一緒に進んできたから何とかここまで来たし、もうちょっと先まで進んで行けるんじゃないかと思います。


来週はそんな「あきらめの悪い人達」とお話しすることになり、とても楽しみです。
全て女性なのがご機嫌な理由であることはいうまでもありません

せっかくなので、例によってというか色々作っているのですが、その中の一つが下の写真です。

過去4年半の私の学びの履歴です。
どんなことをしてきたのか大まかに書いてあります。
クリックすれば拡大できます。
画像


明日はこれもまた学習仲間の舞台を見に行きます。
これは、いつかそんな日が来ればと陰ながら応援していたので、すごく楽しみです。

珍しく色々予定のある連休ですが、まとめてできる最後の機会なのですべきことを見極めて取り組みたいと思います。

久し振りに聞きたくなったので「ファイト!!」

自分合格を設定する

さて、英検1次試験まで残り4週間です。

私は毎回自分合格を設定しています。

いわゆる合格とは違って、その時のレベル・勉強したテーマ・気持ちに合わせた合格基準です。

ちなみに1次試験の過去4回の自分合格目標はこんな感じ。

1回目
受験者平均得点を上回る。
作文を35分以内に書く。

2回目
何が何でも合格。

3回目
とにかく語彙と読解の点数が前回を上回る。
出来れば合格。

4回目
実感を語彙+読解で40点を取る。
終わった時点でガッツポーズ!!

時々訳のわからないものがありますね。
2回目以外は概ね達成しています。
ちょっと難しいかな、でも頑張れば出来るよねというラインを意識して設定しています。


そろそろ今回の自分合格を決めようと色々考えました。

今回はコレ
・語彙の熟語除き単語問題21点中20点取る。
・作文関連の取り組みを毎日1時間する(模範の音読含む)。


語彙は1ミスなので、見たことがあるものを確実に仕留めなきゃ駄目です。

全く自信なしですが、あと4週間で少なくともパス単の怪しいものをつぶし、SVLも何とか仕上げまで持っていきたいと思います。


作文は点数目標を置きにくいので、日々の勉強時間を目標とすることにしました。
嫌いなので、目標を立てないとやりません。
こんな目標でもいいのです。
やれば力になるから今回結果が出なくとも価値があるのです。
とは言え、ちょっとゆる過ぎる目標であることは否めません。

それだけ嫌いだということです(笑)。


「目標は自分との約束」です。


日々出来ることをやり、約束を果たし、たまには褒めてあげたいと思います。

「よくやったよね」と。


そう言えば
前回のブログで私と喋りたい人を募集したところ、
連休の最中だというのに、よっぽど暇だったらしく何人も応募いただきました。ありがとうございます。

楽しく・熱く語らせていただきます!!

ちょっと恥ずかしい写真

前回のブログ予告で「ちょっと恥ずかしい写真」というタイトルを出しました。

かなり恥ずかしいのはあるのですが、

ちょっと恥ずかしいのは意外とない。

何も載せないのも申し訳ないので

読者も変わっているだろうということで、大分前にブログに載せた写真。

コレ

画像

バブル華やかりし頃の会社の余興写真。
センターが私、27年くらい前。。。

画像


そうですよね。ゴルゴさん


ごめんなさい、本題と全然関係ない写真です。

「ちょっと恥ずかしい写真」はこれではありません。
笑いも私のブログのテーマなので出してみました。<(_ _)>

こっからが今回のテーマです。
英検の試験問題には、書き込みができます。
合格ギリギリの場合、時間短縮や正答率UPのために書き込みは有効な手段です。

私が何を書き込んでいるのか過去の問題用紙をそのまま載せます。

字が汚いのでホント恥ずかしいので嫌なのですが、今までブログで書いてきたことだけではイメージがつかめないかもしれないので、アップします。

リスニングセクション
PART3で先読みの時間に前提条件を日本語で書き出します。
写真の左側です。
「じこ」くらい「事故」と書けよって感じですがそれだけ必死に書いてるということです。
先読みの時間に真っ先にやるのがこの作業です。

これをにらみながら聞き、条件に合わないものを×します。
主人公になり切って聞くためにやってます。

PART3の書き込み例(2014年1回)
画像


PART2は気になるワード(固有名詞等の意味がとりにくい単語)に事前に○をつけたりします。
PART1とPART4は何もしません。

聞きながらメモ取りをする人もいますが、私は書こうとすると聞くことに対する意識が弱くなるのでしてません。

PART2~4は聞きながら条件に合わないもの(言ってることと違うもの)を消せると楽になります。これは私も出来てるわけではないし、PART2は設問によって出来ない場合もありますが、スクリプトの朗読が終わった時に選択肢を選べている状態がベストです。

リーディングセクション

穴埋めは大して書き込みはしません。

内容一致は、人名等の固有名詞が最初に出た部分に○します。またセンテンスが終了している箇所にスラッシュを入れます。
いずれも設問を読んだ後に本文に戻りやすくするためのものです。大概聞かれるのは人名に絡んだ質問なので、もう1回読むときにどこに戻れば良いか探しやすくするための目印です。
画像


ヘンゼルとグレーテルのパンくずみたいなものです。

以前はいっぱい線を引きすぎて訳が分からなくなったことがあったので、引き過ぎ注意です。

エッセイは大した書き出しはしていませんでした。
6個のキーワードを○×で分類しているだけでした。

これも私のスタイルなので、全ての人には当てはまりませんが、試行錯誤しながら問題を解き、自分に合った書き込みを作っていけば良いのではないでしょうか。


ここからは、最近JUNさんの所のSKYPE模試に参加していて、毎回の運営偉いなあと思っていての思いつきです。

9月の連休中に、私と英検に関する話しがしたい人っていますかね?

そういう人がいたらSKYPEでシェアできる話しがあればしたいと思います。複数いれば同時にお話しする感じです。このブログを読んでいる方で過去に英検1級を受験されたことがある人が対象です。21日か22日の夜を考えています。


特に問題を解いたりとかは考えてません。
勉強法とか教材とかの話しかなと思いますが、何か要望があればできる範囲で対応します。

奇特な人がいれば、以下のアドレスにメール下さい。
hiroshi55eiken@yahoo.co.jp @は小文字です。


そういうことで良い週末を!!

英検1級語彙対策

画像


誰ですか?

この人??

分かった方は私の「な・か・ま」です。

「デカパン」さんです。

私世代じゃないと分からないと思いますが、漫画「おそ松くん」に出てくるこの人。語尾に「~ダス」とつけるのが口癖です。

まあ何でデカパンが登場したというと、忘れられない単語「EXODUS(脱出)」に関係しています。

語呂合わせで覚えたので、絶対忘れません。

EXODUS(脱出)の場合、語呂合わせだと「行くぞダスとデカパンの脱出」と覚えます。

ホラ、覚えたでしょ!!

語呂合わせサイトはこちら 英単語語呂合わせ

これは、私が敬愛するボキャビル大使から教えてもらいました。その人はこれで語彙を増強し、英検に合格しています。


さてどうやって語彙を増やすか?


答えは、やり方は人それぞれです。

私も語呂合わせを真似ようとコピペしてエクセルに落としましたが、右脳の働きが悪くどうもイメージ化出来にくいのもあって、途中で挫折しました。

やっぱり向き不向きはあります。


私のように普通の人は、実績のある語彙本をやるのが間違いないんじゃないですかね。

理由は2つあって、

1. 過去のデータベースに沿って抽出

英検に関して言えば、パス単は6割弱カバーしてるし、アルクの究極の英単語はVOL3とVOL4を合わせるとカバー率75%弱(当校調べ)。

2.発音記号がしっかりしている

アテネフランセに通った時に、発音の先生が私のアルクの単語本を見て、発音記号が正しいねと言ってました。その先生曰く、結構間違っているものも多いらしいです。これはTOEICの超有名著者とお話しした時に、出版社によって発音記号を校正出来る所とそうじゃない所があるというような話しを聞いたことがあります。この辺りはアルク・旺文社は間違いないのでは。


あとはやり方でしょうね。
文脈で増やす人は「文単」だし、王道は「パス単」、最近は「でる順」なんてのもありますね。私は「パス単」とアルクの「究極の英単語」です。

これも一長一短あります。

パス単は、同義語も掲載されているが、訳が1対1のことも多く、多義語の場合せっかく覚えても寸足らず。

文単は、収録数が少ない。

究極の英単語は、意味が複数載っているが、同義語とかはない。あと、音声が別売り。

言えることは1冊だけではダメという事ではないかと。

複数やれば、カバー率も上がるし、不自然な訳も修正されていきます。前にTOEICerのHBKさんが無理せず複数をやりましょうと書いてます。ココ

大体収録語は一緒なので、私も最近昔挫折した積読本を眺めてみると、大分分かる語彙が増えています。


そんな偉そうに言ってもまだパス単を覚えきってないし、今年の目標であるSVL制覇もまだ先。。。


やっぱり愛が足りないのか!!

もう2年の付き合いになろうというのに

冷たいじゃないか

どこかにいる私へ

今日は、色々と異論もある話しです。

書くのを止めようかと思いましたが、かつての私と同じように「証し」がどうしても欲しい人がいるかもしれないと思い書くことにしました。

私が英検に取り組み出したのは2年ちょっと前です。
若い人にはTOEICもあるし、英検1級に対する愛着は薄いかと思いますが、私と同年代の人には特別な資格だと思います。若いころにはそれしかなかったし、自分には縁のない彼方にある資格でした。

そんな私にとって英検1級は「英語ができる人の証し」でした。
(実際には入り口でしたが)。

英語を差別化の武器とするために私はどうしても欲しかったし、
もっと言えば、あの時の私には「自分自身の存在の証し」として欲しかったのかもしれません。

だから、何としてでも受かりたかった。

色んな人のブログを読み、色々教材を買い試しました。

その中の1つが過去問です。

TOEIC勉強の時に公式問題集の繰り返しが有効だったので、過去問をきっちりやることを柱の1つに据えました。そこで、現行方式になって以降の過去問をブックオフやヤフオクで地道に全て集め、繰り返し使えるようPDFにしました。ちなみに地道に時間をかけて探すと定価くらいで買えます。

過去問を解き、また受験を重ねることで、気がついたのがリスニングのPART1における「永年受験者のためのサービス問題」です。リサイクルという言葉はこれに関して好きではないので、使いません。個人的には、英検協会の「長く受けている人だけにサービスしちゃうから頑張って!!」という受験者へのエールだと思っています特に中高年受験者はリスニングは弱いですからね。

サービス問題の出現は、ちょうど2014年からです。今年になって傾向が変わるかと思いましたが変わりませんでした。回によって異なりますが6問から8問選択肢を含め全く同じ問題が出ています。パート1はそんなに難しくないので、有利・不利も出にくいから使っているのだと思いますが、それでも1点の重みはあります。
私は素で受けてPART1は8点から9点だと思うので、そんなに点数に影響はありませんが、PART2への入り方が全然違います。7,8問分かっていれば次のPART2に集中することが出来ます。と言いながら前回リスニングはさえませんでした(笑)。

どの問題が過去に出たのかをUPします。
小さくて見づらいとは思いますが、たくさん選ばれている回とそうではない回があります。黄色が使われている問題です。
画像


これを見て点を取っても、意味がないという意見もあるでしょう。その通りです。それでも受かりたい人は手に入れればいいと私は思います。どっちにしろ受かってからが勝負ですから。当たり前ですが、そもそも出るとは限りません。

しかし、しっかりスクリプトを読んでおくことは、表現の勉強にもなります。前回の試験で初めてちゃんと読みましたがそう思いました。


それともう1つ。
リスニングの先読みについてです。
読解の時間を早く終わらせて先読みの時間を確保することを書いたことはありますが、その順番についてです。

これは全ての人に共通します。

PART1については後回しにしてください。
リーディングとリスニングの間の時間にやって下さい。

理由はこうです。
これは、前回の上智での受験での話しです。
リーディングの試験が終わった後試験官がこう言いました。「それでは、これからリスニングの準備をしますので、PART1のページを開いてお待ちください。」
以前の横浜の会場では、具体的な指示は出ていませんでしたが、上智ではページの指定をしていました。ということはその間にPART1の先読みをすれば良いのです。PART1の先読みは、実際にはあまり有効ではないと思いますがどんな話しなのかを想像することは出来ます。

これについては、会場ごとで指示が異なるかもしれませんが、現時点であの準備の時間にリスニングの問題を見ることは禁止事項になっていないのだと思います。

全く本質的ではなく馬鹿みたいな話しですが、どうしても受かりたい、そんな人がどっかにいるかもしれないと思い書いてみました。

できることは何でもやる、必死になれば知恵も生まれます。

絶対、できる!!

画像

さあ、英検チャレンジャーの皆さん!

あと1か月やりましょう!! 
→オマエが一番やれよな。

原点回帰

通訳案内士試験の件は残念ですが、もう忘れることにしました。

将来何か出来ればぐらいの気持ちで、今すぐプロのガイドになるつもりはなかったので、プロになるための試験ならあきらめます。


色々学ぶことが出来たのは、良かったのでよしとします。


さて、本来の道である英語能力の向上です。

英検まであと1か月だし、どうするか?

当初は今回は、普段やってることの延長で英検の試験を受けるつもりでした。

例えば8月からDMMを始めて、良い先生がいることも分かったのでしばらく継続しようと思ってました。

しかし、植山先生のブログの通訳案内士に打ち込んできた人の感想を読んでいたら、「今自分は一所懸命に英語に取り組んでいるのか?」という疑問が湧いてきました。

答えはもちろん「NO」です。

通訳案内士もやりましたが、やり切ってはいない。

今回の英検も適当に普段の延長で流していいのかという気になりました。

やっぱりちゃんとやりたい。

また真剣に向き合わないと、私のレベルでは転がり落ちる。

まずは1次突破に向け自分比真剣モードで取り組むことにしました。
とりあえず決めたのは、
 ・DMMは暫く休会
 ・TOEICerのJUNさん主催のSKYPE模試(英検編)に参加(平日週2)
 ・英作文のレベルアップ(旺文社の参考書 音読・リスニング)
 ・パス単・SVLの仕上げ

自分合格をどうするとかまだ色々考えなければいけませんが、1か月はとにかく集中する。

これが今の自分に合っているのか分かりませんが、自分の納得のいく形で10月11日を迎えます。

原点回帰で、真剣に英検と向き合います。

«  | ホーム |  »

プロフィール

Hiroshi

Author:Hiroshi
2011年から勉強開始

2013年 TOEIC935
2013年 TOEIC965IP
2014年 英検1級(通算7回)
2015年 通訳案内士取得
2015年 英検1級奨励賞受賞

英検ゼミ サクシード

最新記事

最新コメント

カテゴリ

英検1級 (138)
英検1級2次試験 (40)
目標管理とか (22)
英語勉強法 (41)
英検準1級 (9)
雑記 (106)
オンライン英会話 (8)
音読 (7)
TOEIC (13)
通訳案内士 (17)
未分類 (10)

月別アーカイブ

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる