FC2ブログ

2015-07

通訳案内士対策 一般常識編

いやな響きですよね~。

「一般常識」

できないってことは、一般的な常識がない。。。

そんな感じがしませんか?

まるで、

「あしたのジョー」の「マンモス西」状態です。


画像


もうちょっと他の言葉にしてくれないかなあ。

「通訳案内士に求められる一般的知識」とか


そんなことを言っても始まらないので、例によって今週末の過去問の結果から

2014 66 (50) カッコ内は1回目で勉強なし
2013 77 (68)
2012 59 (52)
2011 54
2010 66
2009 70
2008 61

微妙だけど、何とかなりそう。

やった(通読した)のは、
1. ハローの植山先生のセミナーテキスト、マラソンセミナー
2. 観光白書
3. 最新最強の一般常識(成美堂)
4. 今が分かる時事用語(共同印刷)

あとはもう一度出そうな所を整理して、想定問題を書き出してみます。

制度    (国会、裁判、内閣、選挙、日銀)
数字    (観光関係、財政収支)
時事    (新幹線、新しい法律、文芸、映画等)
日本文化 (お茶、酒、温泉、建築)

制度・数字をきっちり押さえておけば、60点まではなんとかなるでしょう。

地理の方は植山先生のセミナーテキスト、最重要事項とJTBの地図とデータでよくわかる日本地図を読みました。読み終わって解いた過去問は2012年88点、2011年83点なのでこれも大丈夫。


やっぱり英語と違って、サクサク進む感じが良いですね~。

日本語バンザーイ(爆)!!

思ったより早く何とかなりそうな感じなので、ペースを落としてもう少し英語の時間を増やそうと思います。

ていうかほとんど英語に触れてません。

前にやろうと書いてたことはなにも出来てない。

さすがにまずい・・・。



ちょっとここからは英検の2次の話し。

以前に英検の面接官(3級~2級)をやったことがある方がブログでこんなことを書かれていて、大いにうなずいたのでご紹介します。

以下抜粋
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
私の気持ちは「すべての受験者を合格させたい」それだけでした。「ちょっとのろいけど、ちゃんと意味は通じてるよ。ええい、合格だ!」と思って合格にした受験者が結構います。もちろん、極端な点数の上乗せはしませんよ。そんなことしたらえらい問題になります。あと1点で合格か不合格が決まる状況で、不合格にする理由がないと判断したときだけです。

中略

せっかくなので、今後二次試験を受けるに方にちょっとだけアドバイスを。

「これだけはやめておいた方がいいよ」と思うことがあります。

それは「無言・沈黙」です。
黙ってしまっては評価ができません。

ゆっくりでもいい。
考えながらでもいい。
つっかえながらでもいいから、とにかくしゃべること。
間違えたら言い直せばいいんですよ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

やっぱり、伝えること(喋り続ける)ことが大事だし、面接官は「敵」じゃなくて「味方」。きっと多くの面接官は、一生懸命聞こうとしてくれるし、面接を楽しんでいるんじゃないかと改めて思いました。

受験する側もそんな気持ちでいると、お互い楽しいコミュニケーションができるのではないでしょうか。

«  | ホーム |  »

プロフィール

Hiroshi

Author:Hiroshi
2011年から勉強開始

2013年 TOEIC935
2013年 TOEIC965IP
2014年 英検1級(通算9回)
2015年 通訳案内士取得
2015年 英検1級奨励賞受賞

英検® 特化型塾サクシード

最新記事

最新コメント

カテゴリ

英検1級 (164)
英検1級2次試験 (51)
目標管理とか (23)
英語勉強法 (45)
英検準1級 (9)
雑記 (127)
オンライン英会話 (8)
音読 (7)
TOEIC (13)
通訳案内士 (41)
未分類 (12)

月別アーカイブ

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる