2015-02

4つの10分 

私の平日には4つの10分があります。

駅までの10分。

1回目の乗り換えまでの電車の10分。

昼休みの10分。

寝る前の10分。

決まったことを決まった時間にやる時間です。

駅までの10分はリスニングです。
前日のNHKworldです。長さが駅までの距離に合っているので、ちょうど聞き終わる感じです。気が向けばシャドーイングもやったりします。うまくは出来ませんが。。。

次の電車は語彙です。相も変わらずSVL12です。
いまやってるパート(500語)は1月から始めたのですが、最初は10分ではほとんど見切れませんでした。最近はもうちょっとで、終わる所まできています。10分と区切れていることで、集中力も増す感じです。10分で進む量が増えるというのは、励みになります。
10分で500語見終わるのが今の目標です。←こういうのがちっちゃな目標です。

昼の10分は、今は語源本を読んでます。1日に14個見るようにしていて、2周目が終わったので、来週から3週目です。会社に置きっぱなしなので、会社でしか見ませんが、家では読まなかった本なのでちょうど良いです。


最後は寝る前の10分です。今は「137億年の物語」を読んでます。

ホントは、もっと色んな10分(ニュースで英会話のリスニング&音読とか、CNN Student News)も完全な習慣に入れたいのですが、この辺は毎日やってません。

もちろんこれだけで上達するわけではないので、あとはその日の状況に応じて(疲れ具合、仕事)、TIMEとかの読み物の時間が加わります。語彙ももうちょっとやってます。

区切った時間を決まった時間にやることで、習慣づけしやすいし、完結する教材を選んでいけば十分トレーニングの効果が出るのではないかと思ってます。


先週の日曜は、横浜に広田さんのセミナーに行ってきました。CNNを使った勉強会で、自分じゃやらない嫌いなディクテーションのトレーニングにもなったし、音読のトレーニングにもなりました。広田さんありがとうございました。m(__)mしかし、参加者が今回は全員男だったのが妙に新鮮でした。普段の学習仲間は女性が多く、いかに恵まれた学習環境にあるか痛感しました。(爆)

来週から3月。もうすぐSakura の季節です。
ということでHAPPYになれる曲をアナ雪と共に歌ってます。(相変わらずの字余りですが)



サビの部分のbring me down, can't nothing がどうしてもそう言ってるように聞こえません。。。


アメリカのみのもんた「オプラ・ウィンフリー・ショー」にPharrell Williamsが出た時のインタビューが良かったので、ついでにこれも。


すべての人にHAPPYが訪れますように!! 

今日帰りに本屋で水野敬也さんの新刊「あなたの物語~人生でするべきたった一つのこと~」を見てきました。今回のも良いです。

自分のスタイルと1級に受かる姿勢

昔、「何をすると英検に受かりますかねぇ」と確かあっこさんに聞いたときこのブログを紹介されました。

今は更新されてませんがココ→イングリッシュライフ
(書かれてる内容は、下に貼り付けておきます。)


紹介されたときは、「え~、こんなのできるようになるのにどんだけかかるんだ!」と思いました。

今もこれができているわけではありませんし、ここまでできなくとも1級には合格します。(私がそうです)


でも拙いながら、私も似たようなことをやるようになってきています。

特に、「自分のスタイルにあったやり方」というところは、大いに納得できます。こうすれば、4技能のそれぞれを伸ばすことができるということはわかってきました。

あとはそう「やるか、やらないか」だけです。

よく聞く「すぐやる、必ずやる、できるまでやる」の中で英語学習にとって大事なのは、「できるまでやり続ける」ことなので、粛々と学びを重ねていきます。


以下、イングリッシュライフからの抜粋です。

「1級に受かる姿勢」

英検1級。準1級の人が腕まくり

をして受けても、ほとんどが撃沈して

しまう難易度。でも、本当はここで英語

が「一応」できるかどうかが分かれる

場所だと思います。「一応」と言うのは

1級にやっと合格したての人の英語は

これから自分の英語を本物にしていく

というレベルだと思います。自尊心満杯

の時期で、ペラペラで、もう向かうところ

敵なしだ~と思いたいのですが、ここから

が本当のスタートなんです。

...とまあ、前置きはこのくらいにして、

「じゃあ、偉そうに言うけど、あんたなら

どうするの?」って聞かれたとして、どう

答えるかですよね。

基本姿勢は、ズバリ、勉強法なんかないんだ

と諦めることです。「え?何だって?」

と思うでしょう。そうです。準1を取ったら

あとはもう独立期なんですよ。人に教えて

もらおう、なんていう姿勢では、取るのに

何年もかかります。もう自力本願です。

すべったら、すべて自分の責任ですね。

自分のスタイルに合ったやり方を自分で

見つけるのが大切なんですね。ここで

見つけておかないと、1級を取った後が

続かないんです。伸びないんです。

それを踏まえて、合格するスタイルは、

こんな感じかも。

1.文法は準1までで一応マスターしている。
  発音に関しては、自分の発音を完全に
  受け入れている。完璧な発音の追求など
  とはとっくに決別している。

2.単語の棒暗記は辞めている。猛烈に読んで
  語彙力をつけている。読むのは、タイムや
  ニューズウィーク、リーダーズ・ダイジェスト
  などの雑誌や、ペーパーバックなどあらゆる
  ものを手当たり次第に読む。雑誌は時間を
  計りながら読む。

3.リスニングは、CNNとドラマをバランス良く
  聴いている。(映画もいいが、台詞が案外
  少なかったりする。ドラマは台詞が多い。)

4.定期的にアウトプットをする場所を持っている。
  インプットばかりだと、張り合いがなく、また
  ライバルも得られない。

5.英語で知的な討論をしている。

6.英語の勉強をより、英語を通して内容
  そのものを仕入れる姿勢が見られる。

7.合格する事を信じて、受けまくっている。

8.TOEICや通検なども同時に受け、自分の
  英語力の推移を絶えずモニターしている。

9.2次試験は、「合格する」などという優しい
  姿勢ではなく、「もぎ取ってくる」という感じ。
  メラメラの気迫で迫っていく。

10.既に、何らかの形で1級を取った後の計画
   を立てている。


今週末は仕事はせず色々勉強します!!

東京の雪

朝電車から降りると雪が降ってました。

「積もる感じじゃないな」

都会の雪は、あっという間に溶けてしまいます。



私の英語と同じように・・・。



少し降っただけでは雪は溶けてしまいますが、

ある一定期間集中的に降った雪は都会でも溶けません。


根雪となって残ります。

もっとちゃんとやらないと。。。

深々と降る雪のように。。。。


焦らず、弛まず、明日(幸せな老後)を目指して


何となく雪を見てそう思ったおっさんでした。

おっちゃん、Let it go を歌う

レリゴ~♪レリゴ~♪ キャン ホールドィ バック エニー モ~ォ~♪♪

ああ、ついにストレスからおかしくなったか?
そうではありません。

前から気になっていたYumiさんの発音セミナーに発作的に申し込んだのでその練習です。せっかく参加するのなら歌くらい覚えとかいないとあまり意味がないということでボチボチ練習することにしました。

歌を使って英語のリズムや音に慣れるというのは、非常に大事なことだと思うのですが、中々うまく乗せられないです。たいてい字余り…
音のつながりだとかを少し学んでこようと思います。

しかし、ホント発音は練習しないとだめなことは分かっているのですが、後回しになります。セミナーとかに行った後は、ちょっと練習するんだけど、音読も含め中々続きません…。
来週末はCNNを題材にしたセミナーがあるので、そっちも行ってきます。
それはココ
行くだけじゃ意味はないのですが、気分転換も含めて。。。

「あれっ、仕事が忙しいっていってなかった」とどこからか怒られそうですが、最近は週末も仕事してるし、それはそれということで、スキマにちょっと練習してみます。

それと、今月のCNNeeの特集で読解に関していいことが書いてありました。よく私が陥る長い文章で主語と動詞が分からなくなったときにどうするか。前置詞を使ってうまく見分けることなどが書いてあり参考になります。あと最近マイブームの語源の話しもあって、充実してました。


いよいよ、来週は英検二次ですが、受験の方は楽しんできてください。
楽しむ余裕もないかもしれませんが、そういう気持ちをもってるだけでも違うし、焦って早口にならずゆっくりはっきりと喋る方が、相手に伝わりやすいです。これもCNNeeに入っていたマララさんのスピーチを聞いて思いました。
あと結構効くと思うのは、待合室で隣りの人に話しかけること。どうせこれ以上練習したってしょうがないし、それよりリラックスすることが大事です。
自分が受けないと思って好きなこと言ってますが、ご容赦を。
今うまく喋る自信がないことは確かだし、いつ受けても合格できるようなレベルに最低でもなりたいです。なります

まあそういうことで、皆さん良い週末をお過ごしください。

英検1級過去問を解いてみた。~それでいいのか~

今週のお買いもの~♪♪


Amazonアソシエイト by 137億年の物語―宇宙が始まってから今日までの全歴史 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル




えっ、また~!!
理由はあるんです。

英検の問題がHPにアップされたので、先週末にさっそく解いてみました。
家だと集中できないので、駅前の自習室でやりました。
一応、毎日語彙にも触れてるし、新聞とかも読んでるんでどれだけ伸びたか力試しです!!

今回は、素直に語彙→空所補充→内容一致の順に解いたのですが、しか~し途中内容一致で猛烈な睡魔が…。
頭に入らないし、意識喪失。。。気がついたら、1時間以上経過し、自分のいびきで起床。。。
周りの方本当にごめんなさい。m(__)m

残りをざーっと解答。読解を終わらせて、逃げるようにタリーズに移動し、リスニングの問題を解いて帰宅。

で、結果。
言い訳が多いので、もうお分かりだと思いますが、こんなでした。

語彙 15/25   はい、毎日やってるくせに、某ブログにあったちっちゃな目標17点も未達成
空所補充 5/6  これは、まずまず
内容一致 12/20 チーン。残念ながらご臨終~!
合計32/51

一方、リスニングは
日常会話  10/10 詳細は調べてませんが、過去問比率高し
記事     10/10 マグレです
リアルライフ 6/10 こんなもんか
インタビュー 4/4 聞けてないけど問題は難しくなかった
合計 30/34
総合計 62/85

今回の合格は作文込みで77点なので、ぎりぎりボーダーぽい感じです。
しかし、いくら睡魔が襲ったといえ、内容一致がひどすぎ。。。

その夜に学習仲間とSKYPEで内容一致の精読をしたのですが、改めて読むとそんなに読めない文章じゃない。
第一次大戦後のワイマール共和国の話しなのですが、興味もないから知らないし、おもしろくないし、頭に入ってこない。日経の金融関連の記事と一緒の感じです。
大体ダーウィンとか、こういう外国の歴史物とかが嫌いなのです。

「う~ん、どうしよう。」
「そうだ、あれがあったじゃないか!!」


ということで、冒頭の写真の「137億年の物語」が登場です。
これは、12月のCNNeeの特集インタビューで著者のクリストファーロイドさんのインタビューを聞いて気になっていた本です。
本屋で見てみたらこれなら、読めそう。137億年の地球の歴史すべてにふれています。

とりあえず1日1章寝る前に読みだしています。おもしろい!
こういう話しを読んでいけば、嫌いな話しも理解を深められるのではないかと期待します。

それと、教養のあるおっさんを演じられたら、何となく良くないですか?

原書じゃないし、そんなんでいいのか!と言われそうですが、

画像


頑張ります!!

«  | ホーム |  »

プロフィール

Hiroshi

Author:Hiroshi
2011年から勉強開始

2013年 TOEIC935
2013年 TOEIC965IP
2014年 英検1級(通算7回)
2015年 通訳案内士取得
2015年 英検1級奨励賞受賞

英検® 特化型塾サクシード

最新記事

最新コメント

カテゴリ

英検1級 (149)
英検1級2次試験 (44)
目標管理とか (22)
英語勉強法 (43)
英検準1級 (9)
雑記 (113)
オンライン英会話 (8)
音読 (7)
TOEIC (13)
通訳案内士 (18)
未分類 (12)

月別アーカイブ

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる