FC2ブログ

2014-11

英検1級二次試験結果速報

3点上がってました。

えっ

ということは、


前回が57点


57+3


そうです。60点!!



合格したーーーーーーーーー!!
やったーーーーーーーーー!!!

画像


もしかしたらという欲もあり、HPでの確認は受験の時よりも緊張しました。

前回とは逆で、スピーチが質疑応答のミスをカバーしたということです。
今回は、色々手を尽くしましたが、スピーチクラスの先生のノウハウが本当に助けてくれました。片道1時間かけて通った甲斐がありました。
また毎日スピーチ練習に付き合ってくれた仲間のおかげであり、どこかで応援していただいている皆さんのおかげです。
ありがとうございました。

いずれにしろ、まだまだこれからです。
次の回はどうするか分かりませんが、また1次からチャレンジします。
イッチー先生曰くの3回に1回合格する新人になれたので、次は秀人を目指します。

道は必ず続いています。
それを信じ、道をひらいていきたいと思います。

皆さんの道がひらけることを願いつつ

多謝

Hiroshi



松下幸之助

「道をひらく」

自分には自分に与えられた道がある。
天与の尊い道がある。
どんな道かは知らないが、他の人には歩めない。
自分だけしか歩めない、二度と歩めぬかけがえのないこの道。
広いときもある。
狭いときもある。
のぼりもあれば、くだりもある。
坦々としたときもあれば、かきわけかきわけ汗するときもある。
この道が果たしてよいのか悪いのか、思案にあまるときもあろう。
なぐさめを求めたくなるときもあろう。
しかし、所詮はこの道しかないのではないか。
あきらめろと言うのではない。
いま立っているこの道、いま歩んでいるこの道、とにかくこの道を休まず歩むことである。
自分だけしか歩めない大事な道ではないか。
自分だけに与えられているかけがえのないこの道ではないか。
他人の道に心を奪われ、思案にくれて立ちすくんでいても、道は少しもひらけない。
道をひらくためには、まず歩まねばならぬ。
心を定め、懸命に歩まねばならぬ。
それがたとえ遠い道のように思えても、休まず歩む姿からは必ず新たな道がひらけてくる。
深い喜びも生まれてくる。

«  | ホーム |  »

プロフィール

Hiroshi

Author:Hiroshi
2011年から勉強開始

2013年 TOEIC935
2013年 TOEIC965IP
2014年 英検1級(通算9回)
2015年 通訳案内士取得
2015年 英検1級奨励賞受賞

英検® 特化型塾サクシード

最新記事

最新コメント

カテゴリ

英検1級 (164)
英検1級2次試験 (51)
目標管理とか (23)
英語勉強法 (45)
英検準1級 (9)
雑記 (127)
オンライン英会話 (8)
音読 (7)
TOEIC (13)
通訳案内士 (40)
未分類 (12)

月別アーカイブ

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる