FC2ブログ

2013-11

成長を実感

昨日は会社を午後休んで、古い友人と銀座で贅沢ランチでした。

交友から30周年の企画だったので、何人かで集まり、
またSkypeでロスにいる仲間とも話そうという企画だったのですが、
最後になって介護の問題や何やかやで、二人になりました。

中々自分だけで、思うようにならない年頃ですが、楽しい時間を
過ごす事が出来ました。

写真は飯の後で寄った出光美術館からの眺望です。
これは実際には、1月に行った時の写真ですが、
皇居を目の前にした贅沢な眺望が味わえます。
全く美術には疎いのですが、眺めが良い事だけは確かです(汗)
画像


さて英語の話しです。今日は成長の実感です。

去年の秋に私は、英検準1級を受験しました。
その時は、リスニングの問題の内、PART2が難しいと感じていました。

PART2のリスニング問題は6個あって、各々2問の問題があります。
従って満点は12点なのですが、昨年過去問を解いた時には、非常に
バラつきがありました。

昨年やった過去問11回分の結果は以下の通りです。

6 10 10 6 8 9 7 10 6 11 6

平均すると8点なのですが、相当ぶれています。


ふと、1年たって変化はあるのかと思い、直近3回の解いていない過去問を
やってみました。
11点、11点、10点でした。

間違いはあるのですが、昨年の印象と比較すると、
随分聞けるようになったなというのが実感です。


TOEICのLの点数は、殆ど上がっていないので、リスニング能力が
上がってるのか、勉強の方向性に問題はないのかが不安でしたが、
少し安心しました。
特にリスニングは中々成長を実感出来ませんからね。


昨日の自分や、1ヶ月前の自分と比較すると分かりませんが、1年前の
自分と比較すると進歩が実感出来ると思います。


努力していれば、やった事は絶対無駄ではないと信じています。

しかし、自分で思うだけでは、安心出来ません。
それには、客観的な記録を残しておくことが重要だと思います。
模試については、私は出来る限り記録を残しています。
記録を残しておけば、過去との比較が出来、自分の成長を実感出来ます。
汚いですが、私のノートです。(下が英検準1級、上がTOEICPART5の記録です)
画像


私は勉強用にはA5サイズのLIHIT LAB.のルーズリーフを使っています。
これが優れているのは、リングになっているので、普通のリーズリーフと
異なって、リングノートのように折り返す事が出来ます。

かさばらないので、通勤で電車の中で読むのも邪魔になりませんし、
端っこが書きにくい事もありません。
専用ルーズリーフがいりますが、かなりお気に入りの文具です。






語学学習は長期戦ですよね。

迷いや結果から、自分の道を信じれなくなる時もあります。

1年前の自分は何をしていたんだろう。
自分は何をしたんだろう。

色んな証し(記録)を残しておくことで、自分の努力や成果に自信を
持てるのかもしれないと思いました。

自分の記録と共に歩き続けます。

The long and winding road

«  | ホーム |  »

プロフィール

Hiroshi

Author:Hiroshi
2011年から勉強開始

2013年 TOEIC935
2013年 TOEIC965IP
2014年 英検1級(通算9回)
2015年 通訳案内士取得
2015年 英検1級奨励賞受賞

英検® 特化型塾サクシード

最新記事

最新コメント

カテゴリ

英検1級 (164)
英検1級2次試験 (51)
目標管理とか (23)
英語勉強法 (45)
英検準1級 (9)
雑記 (127)
オンライン英会話 (8)
音読 (7)
TOEIC (13)
通訳案内士 (41)
未分類 (12)

月別アーカイブ

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる