2013-09

9月も終わり・・・

「あ~あ、もう9月も終わりかぁ。早いなぁ~。」
このセリフは、今日、何回日本全国でつぶやかれたのでしょうか。

さて、今日は英語学習について振り返ってみます。

年初のブログを辿ってみるとこんな事を目標に書いてました。

 目標
 
  英検1級取得 と TOEIC950
  (950を前半に達成して後半英検に取組む) 


目標の達成度合いは、TOEICはIPでしたが、良しとします。
英検に関しては、今年は無理ですが、2014年になんとかします。


しかし、学習の中身の計画は、当初の計画とは全く異なっています。

項目別取組み計画
  Writing   : フルーツイングリッシュのEssay、ドラゴンイングリッシュ
  Reading  : 語彙強化、(3~4000語)、多読、実ビジ
  Listening  : 実ビジ、攻略リスニング 
  Speaking :  実ビジ音読、オンライン英会話

  
やったこと
   Writing   :  フルーツイングリッシュのEssay (2月まで)
             8月から英検ライティング
  Reading  :  語彙(ピー単金メダル、1級単語少し)定着度低
            Asahi weekly 5月購読開始~
  Listening  : NHK NEWS 、その他ばらばら 
  Speaking : オンライン英会話(25分換算 週6コマ)

  5月より茅ヶ崎教室 上級 通学

  これにTOEIC関連のトレーニングが加わわります。

振り返ると、茅ヶ崎教室とTOEIC以外は、どれも中途半端で、やった気に
なっているだけの勉強ですね。
私の場合、復習が甘いので学びが浅く、
定着までに結局時間がかかる取組みをしている所が駄目です。

10月からはこだわった取組みをして、一つでも多く自分の物にします。


今勉強にかけている時間は、多分平均3時間/日です。


微妙な時間ですが、普通のサラリーマンが普通に捻出出来る時間がこんな
感じなのでしょう。その時間の最大効率化をこれから考えます。

私の下期の課題は読解力の強化に尽きます。
英検の問題も読めませんし、TOEICで見直しが出来る余裕は全くありません。

特に来年の4月には、異動の希望を出しているので、その時までに少なくとも
業界紙やFTがストレスを感じず読めるようになりたいです。
(異動の希望はあくまでも希望なのですが・・・)

英検が終わったら、時間の捻出も含め、何をするのか考えます。


  

青春の詩 サミュエルウルマンを読む

先週末の朗唱練習会が終わった後に、次の朗唱素材を何が良いかを
オンラインの先生と話しをしていた時に、「前にインビクタスに感動したと
言っていたからあれが良いのでは」とアドバイスをもらいました。

詩の朗読というのは、念頭になかったのですが、それもありかと思い、
原文を取ってきました。

私の好きなおっさん俳優のモーガンフリーマンが主演したインビクタスの中で、
マンデラ大統領役のモーガンフリーマンが、詩の一部のフレーズを何度も
つぶやきます。
(この映画は、南アフリカでマンデラ政権が誕生し、ワールドカップラグビーが
南アで初開催された時の実話を元に作られています。良い映画です。 )

それが、以下のフレーズです。

 I am the master of my fate: 私が我が運命の支配者
 I am the captain of my soul.
 私が我が魂の指揮官なのだ

 ご興味がある方は、INVICTUS William Ernest Henleyで検索してみて下さい。
 詩的な表現もありますが、力強い意志を感じさせてくれます。


これの他に、何か他にないかなあと考えて、思い出したのが

サミュエルウルマンの「青春」という詩です。

「青春とは人生のある期間を言うのではなく
心の様相を言うのだ。」


という出だしで始まる詩です。
色々な所で紹介されているので、ご存知の方も多いのではないでしょうか。
邦訳等は、詩の普及活動をしている「新青春の会」のHPをご覧下さい。

随分昔に見たことはあるのですが、その時は「中高年の詩だな」と思っただけで
心には響きませんでした。(当たり前です。)
でも、今読むと良いです。特に英語で読むと魂に響く感じです。
(この詩に感動するようになったのは、おっさんになった「証し」です )

これとインビクタスを次の暗唱素材として、取り組みます。
並行して、他の素材でも少しずつ音読を重ねてみたいと思います。

詩だけではなく、洋楽の朗読もありかとも思います。
いずれにしろ、自分の好きな物を愉しんでやるという事が大事なんでしょうね。

最近やっと少しだけ英語に前向きに取り組めるようになってきました
それが一番の収穫かもしれません。

英検の勉強はどうしたかって? 今週末から頑張ります。

“YOUTH” Samuel Ulman

Youth is not a time of life -it is a state of mind ;
it is a temper of the will, a quality of a imagination,
a vigor of the emotions, a predominance of courage over timidity,
of the appetite for adventure over love of ease.

Nobody grows old only by deserting their ideals.
Years wrinkle the skin, but to give up enthusiasm wrinkles the soul

Worry, doubt, self-distrust, fear, and despair― there are the long, long, years
that bow the head and turn the growing spirit back to dust.

Whether seventy or sixteen, there is in every being's heart the love of
wonder, the sweet amazement at the stars and the starlike things
and thoughts, the undouted challenge of events, the unfailing childlike
appetite for what next, and the joy and the game of life.

You are as young as your faith, as old as your doubt;
as young as your self-confidence, as old as your fear,
as young as your hope, as old as your despair.


So long as your heart receives messages of beauty, cheer, courage,
grandeur, and power from the earth, from man and from the Infinit,
so long you are young.

When the writer are all down and all the central place of your heart is
covered with the snows of pessimism and the ice of cyncism,
then you are grown old indeed and may God have mercy on your soul.




インビクタス / 負けざる者たち [DVD]
ワーナー・ホーム・ビデオ
2010-11-03
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by インビクタス / 負けざる者たち [DVD] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

「気づき」を得る

昨日は天満先生の朗唱練習会に行ってきました。

欠席者の方も出た為、3名での開催になったので、たくさんの
フィードバックをもらい、すごく刺激になりました。
また他の参加者のスピーチを見ることで、自分との違いを感じ、自分の
スピーチに取り入れることが出来ました。これも1人では出来ないことです。

また今回は、自分の姿を映像(ビデオ)で見るというおぞましい体験を通して
自分の所作の悪癖を再確認することが出来ました。
英語の練習のみならず、人からどう見られているか、どう見せれば良いかと
いったことにも大いに参考になりました。
(分かってはいましたが、姿勢が悪すぎです。 )


天満先生は、発音を改善するという話しの中で、人が間違いに気付く段階には
いくつかの段階があるということを言われていました。

例えば、私がよくやる間違いで「 I am enjoying・・・.」 と言う場合、
「エンジョイング」ではなく、何故か「エンジョイニング」と言ってしまいます。
(余談ですが、私のオンラインのJ先生によると、日本人には多いそうです)

 1.最初の段階   
   自分が間違っていることに気付かない。
   私も最初は何を指摘されているか、分からず、きょとんとしていました。
 2.次の段階   
   指摘されると分かる。  "enjoying" not "enjyoning"
 3.更に次の段階
   自分で言った後に自分で間違いに気付く。 

  3.に至っている人は、自分で間違いを直せるようになっているので、
 上達が速いというような話しでした。

 自分がどこの段階にあることを理解し、自分なりに直す方法を持っておく必要が
 あると思います。 
 ちなみに私は、自分で直せないので、A&AのN先生に発音を習います。

せっかくなので、昨日の練習会を経たスピーチ(暗唱です)を貼り付けます。
(単独で聞くと酷いですが、以前の9/7掲載の物と較べると、大分違います。)

[VOON] Jobs2013.09.24final


ここからは、ちょっと「気づき」について思うことを書きます。

気付くということはすごく大事な事です。

特に自分の事に関しては気付いていない事も多いですし、ぼんやり
分かっていても認めたくないことも多いのではないかと思います。

でも気付いたという事は、大きなチャンスではないでしょうか。
気付かなければ、変えることすら出来ません。一生そのままです。

だから、「気づき」は次に進むための大きな第一歩です。

それを認めて、受け入れることで、人は変われる・成長すると私は信じています。

私自身が、3年前の気づきを経て、どの程度変われたか疑問な所もありますが、
少なくとも屑がまともな人間に戻ってきました。(笑)

そんな事はないに越したことはありませんが、何かがないと、
中々自分を変えられないのかもしれません。

だから、私は幸運だったのだと思います。
ぎりぎり間に合うことが出来たのだから・・・。
(まあこれも来年はっきりするのですが。)

こんなおっさんでも間に合ったのですから、今気付いた人は幸せなのです。

う~え~を、む~いて、あ~るこ~う~♪♪

今週も頑張りましょう!!

やらない後悔・・・。

友人N:「加藤あいの盗撮ビデオって見たことあるか?」

私:「はぁ???、何それ?」

友人N:「じゃあ、これあげるよ」 と言われDVDをもらいました。


これは、9年位前の私の学生時代からの悪友N君との会話です。

当時我々は40才になったばかりでしたが、彼曰く

 「死ぬまでにとにかく色んな事を知っておきたいんだよね。
  くだらないものも含めて知らないで死ぬって嫌なんだ。」


その時は、スケベなおっさんの言い訳だろうと思いましたが、
なんとなくずっと私の心に引っかかって来ました。


3週間位前にネットで、

 やって後悔するより、やらない後悔のほうが私は嫌だ!
 というような書き込みを見て、ふと冒頭の話しを思い出しました。


何でも興味を持つこと、まずはやってみる事が次に繋がるのではと思います。

「やってみなはれ」ってやつですね。

で、その時私が何をしたかというと、天満先生の朗唱練習会に申し込みました。

ちなみに以下の1~6は天満先生のHPからの抜粋で、朗唱の効果です。

  1.発音が向上する
  2.文法力が伸びる
  3.語彙力が伸びる
  4.表現力がつく
  5.アイコンタクトに慣れる
  6.英語の地頭が強くなる

前にブログに書いたとおり、練習はしていたのですが、英検の勉強を
しなきゃとか、英語でプレゼンする機会は全くないしとか、色々言い訳もあり
申し込んでませんでした。
でも、やらない後悔を考えたら、つい申し込んでいました。
(素材が私の大好きなスピーチだったというのも大きな理由です。)

朗唱練習会はこれからですが、スピーチを意識することで、音読の練習が
随分変わってきたように思います。これだけでも参加の価値はありました。


迷うなら、魂の赴くままに、とっとと「やれ!」ってことです。

”Most important, have the courage to follow your heart and intuition.

They somehow already know what you truly want to become.

Everything else is secondary.”

By Steve Jobs

追記:どうでも良い事ですが、友人の名誉のために・・・。
    彼は私の友人の中で最も人格的に優れた人物です。
    多分10年後には、社長になっているので、そのとき開東閣で彼に
    おごってもらうのが私のささやかな夢の一つです。

英語力とTOEIC力

おかげさまで、IPテストの結果は、望外の結果となりました。
私の点数は、英語力の向上もありますが、TOEIC力を高めて
来たことも非常に大きな要素になっています。

TOEICの点数はTEX加藤さんが言われているように

 英語力×TOEIC力×気力 です。

私の場合、TOEIC力に大きく頼ってきました。

TOEICというテストは、回によって難度の違いはあるものの、
比較的ブレなく、受験者の実力を測る事が出来る非常に良いテストです。
そのため、出題傾向や頻出問題といった物に対応(形式への慣れ、学習)
することで効率よく点数を上げることが出来ます。

また多くの人が手こずるのは、時間の制約です。
リーディングパートをどうやって、時間内に終わらせるかというのも
TOEIC攻略の大きな鍵です。

それらに効率よく対応するのが、TOEIC力です。
もちろん英語力だけでも対応可能ですが、私の場合、英語力向上にかける
十分な時間がなかったので、TOEIC力に大きく頼りました。

TOEIC力は、大きくは3つに分かれると思います。

  1.パート別対策・頻出パターン対応強化

   Lパート ・・・ PART2のリテンション、P1&2のシャープペンの使い方
            P3&P4の先読みの手法、
            P3&P4頻出問題への慣れ
            (飛行機の遅れ、予約の変更、交通情報・・・)

   Rパート ・・・ P5&P6の空所対応
             P7の文書に合わせた読み方(読まずに見る)
            (採用、クレーム、広告、手紙、Notice)、DPの読み方         


  2.TOEIC独特の世界観・トリックへの理解と対応

    清く・正しく・美しい普遍的な世界への理解
    頻出トリック(コピーとコーヒー等)や会話が自然に流れる物(P2)
 

  3.いわゆる時短のテクニック

    専用シャープペン、Lのマーク塗りのタイミング、
    パート別時間配分、ディレクション時間の活用・・・・・等々。

また、TOEICという試験は、英語の試験ですが、純粋に英語の能力を
測るだけでなく、英語を通して情報処理能力を測る試験という側面を
持っています。


特にパート7の長文は、英文を読むという意識から英文の情報をスキャン
するという意識に変えるだけでも、処理スピードが上がると思います。


私にとってはTOEICは戦いでした。
とにかく点数が早く欲しかったので、出来る事は何でもやりました。

TOEIC力とは関係ないですが、
勝負試験で席が悪ければ空席に
変えてもらうなんてこともやりました。(笑)


まさに全身サイボーグです。
001から009まで全部入れたので、残っているのは、
戦闘の役に立たないギルモア博士だけです。(爆)



なので、これ以上TOEIC力は上がりません。
点数を向上させるためには、英語力の向上が欠かせません。
英語力を向上させたらTOEICに再度挑戦します。


TOEIC力の向上にも、トレーニングは必要ですが、膨大な単語を覚える
わけではないので、目標点とトレーニング次第ですが、3ヵ月後に
100点上げる、6ヵ月後に200点上げる、ということは実現出来ます。


通勤時間、昼休み、朝ちょっとも早起き、そんな時間に毎日続けるだけで
変わります。私の場合、通勤の往復2時間とどこかで1時間でした。


そうは言っても、人生何事もいい加減が良い加減なので、
あまり頑張らないで、続ける事が一番です。

私も当面の目標達成に向けて、毎日続けていきたいと思います。











  
  
    

TOEIC IPテスト合格?!

しあわせは~あるいてこない~!

だ~から、あるい~ていくんだよ~!


皆さん、歩いていますか~!

私は、昨日は12,821歩でした。まずまずです。


昼休みいつものように、近所のコンビニで買ったアイスを手に

橋の下の一人朗唱会を終わらせて席に戻ってきたら

封筒がおいてありました。

これは・・・・。   「TOEICレポート在中」 

「キター\(◎o◎)/!」

待ちに待った社内TOEICIPテスト結果レポートです。



今回は結果を一人で噛みしめるため、封筒を握りしめ、
再び橋の下に行き、開封の儀です。


良くも悪くもこれが、最後と決めたIPテストの結果です。
緊張しました。正直中々開けられませんでした。


開封~!


L が 485 これはまあ妥当な所です



R が えっ、えっ~まじすか~ 480 480~!!

てことは 965 965 やった~!

うおぉぉぉぉ-----------------!!

IPテストとは言え、自己ベストを大幅に更新しました!!

900超えがコミットだったので、間違いなくIPテスト合格です!!
特に大きな壁の950をRの480で超えたのは素直に嬉しかったです。


約3年、続けてきて良かったと心の底から思えました。
最近、あちこちゆるくなっているおじさんは、フェンシング太田状態でした。


「努力は大体裏切らない」 これは私の昔の上司の言葉です。
箱根を走ったことがある人なのですが、「必ず」をつけると
裏切られた時に、がっかりする、だから「大体」なんだと
言っていました。

努力は裏切らない事を証明出来て良かったです。 


う~ん、そうですね、一番お礼を言いたいのは、いしがみさんですね。
誰?、「全てはあの日から」の記事で、アドバイスをくれた先輩です。
(ちなみにあの記事は、色々と目的を果たしたので、削除しました。)
え~と次はきっかけをくれた上司ですね。
崖っぷちに追い込まれて、生まれ変わることが出来ました。


私は、会社のIPで結果を出すことには2つの意味があると思っています。

 1. 英語の能力をアピールすることが出来る。

 2. 継続して成果を出すことで、努力出来る人間であることを証明出来る。

    
 特に2はいざとなった時に大きいのではないかと思います。
 (同じ様な成果を出す人間だった場合、どちらを評価しますか?)


 私の会社のIP結果です。
              合計    L     R
   2011年3月  685   395    290
   2011年8月  770   400    370
   2012年1月  895   470    425
   2013年8月  965   485    480

 会社のレコードとして上記の数字が残ります。
 どうでしょう。1と2の達成を証明出来ていませんか?


 もし、私のブログを読んでいただいた方で、会社にIPテストがあるなら
 勉強して絶対に受けて下さい。絶対に損はないはずです。



次に続くのはアナタです!!!

勉強を始めた当時は、こんな点数が取れるとは思っていませんでした。
しかし、まだまだこれからです。
TOEIC力に助けられての高得点ですから、もっともっと英語力を高めて
英語力で勝負出来るようになったら、またTOEICを受けます。



応援していただき、ありがとうございました!!

今日はちょっとはしゃぎ過ぎたかもしれませんが、お許しください。
おっちゃんの奮闘が少しでも皆様のお役に立てればこんなに嬉しい
ことはありません。


(ホントは愚息にそれを一番感じて欲しいんですけどね。ブツブツ)


今日も元気にいきましょう!!

画像


画像

つまらない大人にはなりたくない!

ガラスのジェーネレーション♪、さよならレーボリューション♪
つまらないおと~な~には、なりた~くな~い♪
So one more kiss me♪


こんにちは、つまらない大人の代表Hirosshiです。

なんでこんな出だしかと言うと、珍しく映画というかフィルムコンサートを

見に行ってきました。 佐野元春の「No damage」です。

82年~83年のコンサートツアーをフィルムにまとめた映画です。
私が東京に来たのが、83年で、これが都会の歌かと感動しました。

ブログの最初の歌詞は「ガラスのレボリューション」という曲の歌詞です。
全国の映画館でやっているようなので、おっさん・おばちゃんは是非どうぞ!



画像





それにしても、当時なりたかったオトナ、漠然と想い描いていた未来とは
似てもにつかぬ30年後になりました。ハア~。 


でも、英語を始めて少しはまともな人になってきたので、
焦らず・弛まず歩みたいと思います。


1年前にブログを書いている自分なんて全く想像もしていませんでした。

3年前には英語を勉強する日が来るとは夢想だにしていませんでした。


色んな方との出会いもあり、おもしろいなあと思います。
少し1歩を踏み出すと、新しい変化が生まれるのかなと思います。


それと出遅れ話題ですが、オリンピック決まりました。

日本の最終プレゼンは皆さん良かったですねえ。
佐藤さんのスピーチも良かったですが、高円宮妃久子さんのスピーチは
素晴らしいスピーチでした。英語はもちろん、間や、笑顔、気品、
ああいうオトナになりたいものです。
まだ見られていない方は必見です。

でもあの黄金のピンバッチっていくらするんだろうなと思ったのは
わたしだけですか?
 

2020年世界中から人が訪れます。
日本って自然は豊かで、ご飯もうまいし、いい国だと思うんですよね。
この素晴らしい日本という国を伝えられるよう私も英語だけではなく、
日本についても学びを重ねていきたいと思います。
(トップに英検に通訳案内士をつけ加えました。)


せっかくの機会です。
日本全国ペラペラ化して、世界の人とオリンピックを楽しみましょう~!!



今日はガリガリ君にこの夏2本目の「あ・た・り」がでました~!!!!!!!!

これってついてるの・・・? 

と思ったら、今日はもっといいことがありました。

明日も良い1日でありますように! 


画像

やるべし!をやってみた 

えーっとですね。大体ちょうど1ヵ月やってみました。


何をかというと

やるべし!やるべし! です。 あっ、音読です。


題材はスティーブジョブスのスタンドフォードでのスピーチの一部です。
3番目の話しで、「About a year ago から、 Everything else is secondary」
までです。大体3分弱です。下にスクリプトをつけておきます。 

回数は200回まで数えましたが、そこから先は分かりません。

覚えようとしていなかったので、やっと150回を超えた位から
口に多少馴染んできて、つぶやけるようになってきました。

今は、音読というより、普通に1人でいる時につぶやいています。

歩いている時とか・・・。 

つぶやきのおかげで、先週は築地と日比谷で外人から道を聞かれました。

家の近所では気持ち変なオヤジ扱いされました・・・。


今日はその変遷を大胆にも音で辿ってみたいと思います。


えっ、聞きたくない。まあそうでしょうね。

はっきり言っときますが、へたです!!

こんだけやってこれかという感じですが、まあいいです。
自分の記録としてちょっと残してみます。

今までもシャドーイングもどきはやっていましたが、丁寧に練習した
のは、初めてです。「究極の英語勉強法」で100%シャドーイングの
重要性は感じていましたが、ちゃんとやったことはありませんでした。

丁寧にストレスやイントネーションを意識をしたののも初めてです。
スクリプトにストレスや音のつながりを書き込みました。


下手は下手なりに変わったのではないかと思いたいです。


最初のは、単語のストレスも滅茶苦茶、リズムも悪いし、
発音何それって感じです。(それでも50回目です)

何回か録ってはいるのですが、あんまりひどいので
50回目と今日録った物だけアップします。


う~ん、どうも言い訳が多いですねえ。


それでは皆さまどうぞお楽しみ下さい。
(身を削るブログではなかったのですが、方向性が変わってきました。笑)

50回目

[VOON] Jobs 2013.08.15

いやあ。我ながらよくこれをアップ出来るとほめてあげたいです。

今日

[VOON] JOBS.2013.09.07

う~ん!
きれに発音出来なくても、滑らかに読めるようになりたんですよね。


引き続き精進するのだ~!!!!!!!!!!!

一読入魂
で読むべし~!!

About a year ago I was diagnosed with cancer.
I had a scan at 7:30 in the morning, and it clearly
showed a tumor on my pancreas. I didn't even
know what a pancreas was. The doctors told me
this was almost certainly a type of cancer that is
incurable, and that I should expect to live no longer
than three to six months. My doctor advised me to
go home and get my affairs in order, which is
doctor's code for prepare to die. It means to try
and tell your kids everything you thought you'd
have the next 10 years to tell them in just a few
months. It means to make sure everything is
buttoned up so that it will be as easy as
possible for your family.
It means to say your goodbyes.

I lived with that diagnosis all day.
Later that evening I had a biopsy, where they stuck
an endoscope down my throat, through my stomach
and into my intestines, put a needle into my
pancreas and got a few cells from the tumor.
I was sedated, but my wife, who was there, told me
that when they viewed the cells under a microscope
the doctors started crying because it turned out
to be a very rare form of pancreatic cancer that is
curable with surgery. I had the surgery and I'm fine
now.

This was the closest I've been to facing death,
and I hope it's the closest I get for a few more
decades. Having lived through it, I can now say
this to you with a bit more certainty than when
death was a useful but purely intellectual concept:

No one wants to die. Even people who want to
go to heaven don't want to die to get there.
And yet death is the destination we all share.
No one has ever escaped it.
And that is as it should be, because Death is
very likely the single best invention of Life.
It is Life's change agent. It clears out the old
to make way for the new. Right now the new
is you, but someday not too long from now,
you will gradually become the old and be cleared
away. Sorry to be so dramatic, but it is quite true.

Your time is limited, so don't waste it living
someone else's life. Don't be trapped by dogma ?
which is living with the results of other people's
thinking. Don't let the noise of others' opinions
drown out your own inner voice. And most
important, have the courage to follow your heart
and intuition. They somehow already know what
you truly want to become. Everything else is
secondary.

さあ準備は出来たか!

9月に入りましたが、皆さん夏休みはどう過ごされましたか?

私は、忙しいわけではないですが、どこへも行かないので休んでいません。
でも時々半休を取って、会社帰りにおっさんの夏休みを満喫しました!
あんなことや、こんなことも・・・・。
もちろん、家には1日会社に行っていることになってます。幸せです。

さて9月の学習計画です。
もちろん、10月の英検に向けて猛特訓なのですが、課題が色々あり過ぎて
収拾がついていません。

現状

 1. 語彙    (パス単Aランクすら全く間に合っていません)
 2. 読解    (ASAHI WEEKLYしか読んでません)
 3. 作文    (1本書くのに2時間かかっています)
 4. リスニング (特に何も出来てません。NHKのニュースを朝聞くだけです)

残念ながら全部に対応することは私には出来ないので、英検については
以下に取り組みます。合格のための勉強ではありませんが、今の実力です。

 1. パス単Aランクの全員の顔と名前を一致させる!!  
    毎日挨拶するべし!!
 2. 長文読解問題120から最低1日1題を読む!!
    読むべ~し!!
 3. 作文は1週1題。時間を区切り、脳内スピードUP!!
    書くべ~し!!
 4. リスニング 余裕がないので無視無視 大丈夫か?!

 ※ちなみに、エッセイは困った時のA&Aなので、A&Aのあっこさんの
  添削レッスンを受けています。本当に作文は嫌いなので、助かってます。
  もちろん小学校の時の通知表は「もう少し頑張りましょう」欄にはんこが
  押してありました。

英検以外には、茅ヶ崎のルーティンがあって、勉強をサボると途端に授業で
恥をかきます。(ここ2週はそんな感じです)
出来る事をやらなかった自分に対して情けなくなるので、ちょっとふんばって
宿題をこなしたいです。

あと忘れてならないのは、9月23日に天満先生の朗唱会に参加することに
したので、その練習(Jobsのスピーチ)もあります。
(今はこれに力を入れています。)


そう言えば、今年のテーマには、発音(発話)の向上というテーマは全く
入っていなかったのですが、気がついたら、色んなセミナーに行ってます。

えっーっとですね。7月から順番に書いてみると

 7月天満先生の発音セミナー、8月広田先生の発音ワークショップ、
 9月JOY先生の発音セミナー、9月天満先生の朗唱練習会

あと、アテネフランセの秋の単発セミナーもまだ検討中です。
(春の単発セミナーに引き続きです。大石先生という先生がやっていて、
 基礎も教えてくれるので、私のような発音初心者に◎です。)

どのセミナーも大変勉強になりました。天満先生も言われているとおり、
学習の初期に発音をやるのは、大事なことだと思います。
その後の英語学習に全て活きてきます。

教えてもらっても、その後練習しないとうまくはなりませんが、
発音は独学で一番難しい所です。
会話を考えている方は是非、これらの先生のセミナーお勧めします。


色々話しが脱線しましたが、自分に出来る事、自分と約束した事は
毎日やり切り、実りの秋にしたいと思います。

やるべし、やるべし!! (ですよね)

«  | ホーム |  »

プロフィール

Hiroshi

Author:Hiroshi
2011年から勉強開始

2013年 TOEIC935
2013年 TOEIC965IP
2014年 英検1級(通算7回)
2015年 通訳案内士取得
2015年 英検1級奨励賞受賞

英検ゼミ サクシード

最新記事

最新コメント

カテゴリ

英検1級 (138)
英検1級2次試験 (40)
目標管理とか (22)
英語勉強法 (41)
英検準1級 (9)
雑記 (107)
オンライン英会話 (8)
音読 (7)
TOEIC (13)
通訳案内士 (17)
未分類 (12)

月別アーカイブ

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる