2013-08

お気に入りの場所

最近のお気に入りの場所です。

画像


どこかというと、隅田川の橋の下です。
おっさんがたそがれそうな場所ですが、そうではありません。

私の仕事はず~っと座っている事務仕事です。
なので、午後には睡魔が襲って来ますzzz。

そんな時は、眠気覚ましとストレッチを兼ねて、会社の周りを散歩します。
その時に行くのがこの場所です。

で、何をするかというと、音読です。
最近はSteve Jobsのスピーチの抜粋です。スタンフォードのやつです。
気分によっては茅ケ崎英語の宿題の時もあります。

ちょっと前までは、隅田川沿いを歩きながら音読していたのですが、
あまりにも暑く、近年ピンチな頭皮にも良くないので、日陰を探して、
たどり着きました。

ハトがいたら嫌だなあと思ったのですが、そんなこともなく、暑くもありません。
いつもの通り音読を始めると、なんと中々良いです!
良いというのは、天井が低く反響するので、自分の声がよく聞こえるし、
何より、いつものへたっぴいではなく、反響している分、声に深みが出ます。
「おお、喉から声でてるかな」と勘違いさせてくれます (>_<) 

声に響きが出て、気持ちがいいのと、誰もいないので、調子に乗って、
朗誦もどきをやっています。
誰かに見られたら恥ずかしいですが、大きな声を
出せる場所は中々ないので、ちょっと良いかなと思います。

ちなみに朗誦というのは、FORWARDの石渡先生が始めたトレーニングで、
天満先生も取り入れています。

抜粋版を1回読むと、大体3分弱です。
今やっと音読の回数は120回を超えました。
滑らかさは出ていませんが、同じ素材でこれだけの回数を読んだのは、
初めてです。もう少し回数を重ねることで、どう変わるのか、変わらないのか
試してみたいと思います。

一応、50回目、100回目は音読の録音はしていますが、全く変わって
いません。相変わらず機関銃を撃っているような感じで、平坦です。
キモチは込めてるんですけどねえ。記録は引き続き録っていきます。

いずれにしろまだまだ回数が足りないので、只管朗読の精神で、
仕上げていきます。

ちなみに朝の大江戸線でこのスピーチをつぶやいているおっちゃんを
見かけたら私だと思って下さい。(あ、混んでない所で一応やってます。)

ちょっと変な人かもしれませんが、眠気覚ましに丁度良いのと上手に
なりたいので、そういうことはあまり気にならなくなりました。

いつも散歩のお供はコンビニのガリガリ君です。
今日は久し振りに当たりが出ました!! 微妙なウレシサです。
明日も一人朗誦会を楽しんでやりたいと思います。

画像

2020年夏 ~あれから10年~

会社のIPは無事終了しました。

応援していただいた皆様どうもありがとうございました!m(__)m

出来は?でしたが、それが今の実力だし、出せる力は出し切りました。TOEICスコア=英語力×TOEIC力×気力の内、英語力が全く足りません。
それをこれから鍛え上げます!!


さて、この後は英検なのですが、その前に今日は未来の日記を書いてみます。未来の自分になることで、成功のイメージ・道筋を具体化するという代物です。

本当は半年か1年先が良いと思うのですが、私の場合英語のレベルアップに時間がかかりそうなので、設定は2020年です。

2020年某月某日

いよいよ東京オリンピックが始まる!
私もボランティア通訳として、オリンピックに参加することになった。
どんな国の人と出会えるのか、楽しみである。
先日は築地の朝市にAUSSIEの老夫婦をアテンドした。
久し振りに築地に来たが、相変わらず活気があるし、日本の食は豊かだ。

思えば、2011年に英語の勉強を始めてから10年目に突入した。
随分前の様な気もするし、つい昨日の様な気もする。
動機は、リストラ対策だったが、細々と続けてきて本当に良かったと思う。
 
仕事も、英語を必要とする部署への異動が叶い、それなりに順調だ。英検1級の取得後、通訳ガイドの資格も取り、英語を楽しむ余裕も出て来た。

怠け者の私が学習を継続出来たのは、ブログ、セミナー、オフ会を通して知り合った人達に励まされてきたからだ。そういう人達がいなかったらとても継続出来なかった。

今年は久し振りに「IP戦士の聖地リバティタワー」でTOEICを受けてみよう。Rabbitさんのブログによれば、今も熱いメンバーが集っているようなので、楽しみである。
 
それと、ず~っとお世話になっているA&Aも質の高いオンライン英会話スクールとして大人気となっている。嬉しい限りだ。
オーナーとA先生は相変わらず「STUPID!!」と毎日楽しそうに言いあっている、
この二人は変わらない・・・。ヽ(^o^)丿

と、私のあるべき2020年はこんな感じですが、いかがでしょうか?

おままごとみたいな所もありますが、自分の言葉で詳細かつ鮮明にイメージを作り、実現に向け何をすべきかを考えることは、良いことだと思います。

上記を実現させるために、私も明日から、再度修行の道に入りますが、少し楽しみながら英語を学んでいきたいと思います。

皆さま、今後ともよろしくお願い致します! 

決戦の刻迫る!!

夏バテ気味で、気持ちにカラダ(勉強量)がついていいきません。

昨日は横浜にある英総研神奈川でTOEICを中心に教えていらっしゃる
広田さんの「リスニング力向上のための発音ワークショップ」に
参加して来ました。

相変わらず発音はダメダメですが、非常に楽しくかつ為になるセミナー
でした。特にペアワークで自分の発音がどう伝わっているか(伝わらないか)が
よく分かりました。
また音読に対するいくつかのヒントをもらいましたので、取り組んでいきたいと
思います。

その帰りに、何度かセミナーで顔を合わせている方と色んな話しをさせて
もらい、非常に楽しかったです。セミナーに出ていると、他の出席者の方からの
気付きや学びも多く、私の様な怠け者には有難いです。

来週水曜日はいよいよ会社のIPテストです。
私の会社では、求められるスコアはなく、会社での私の記録は895なので、
人事的にはこれ以上点数をとっても何も意味はないのですが、学習を継続した
結果を刻みたいと思います。(先日人事の人と話したらまだ受けるんですか?
というような事を言われました。笑) 
自分にとっての勉強のきっかけとなったIPテストなのでけじめです。
次が何点であっても会社のIPはこれで最後です。

写真は、2011年の5月に京都に出張に行った時に北野天満宮で買った
お守りです。その頃は英語学習を始めたばかりで、何も分かっておらず、
今から思うとやったつもりの学習を繰り返していました。

その時、北野天満宮には「どうか、900点を取れるようになりますように。
使える英語を身につけられますように。」と真剣にお願いしました。
あの時の崖っぷちサラリーマンの想いを忘れないように、そのお守りは
いつも持ち歩いています。

また京都では、たくさんの個人ガイドと思われる方が、旅行者をアテンド
しており、「英語が出来れば、こういうことも出来るようになるんだなあ」
と妙に感心しました。
その後初めて観光ガイドの国家資格があることを知りました。

私にとって使える英語というのは、多分永遠に身につかないもので、
一生学び続けるのだと思いますが、いつか北野天満宮にお守りを
奉納しにいきたいと思います。ちゃんと胸をはって菅原道真公にお礼を
言える様に、自分に出来る事を日々重ねていきたいと思います!

画像

TOEICと英検の関係

8月1日から次回英検の申し込みが始まりました。
私もポチッと1級に申し込みました。

まだ相当実力差があるので、今回の目標は、各項目で受験者平均を
上回ることとしました。 それでも大変です・・・。

 さて、TOEICと英検ですが、色々比較されますがどちらも良いテストです。
なので、私は両方のテストをうまく使って英語の実力を上げていくのが
良いと思っています。
特に私のように普段の仕事でも英語を使わない場合には、やはり
こういうテストをうまく活用しないと、モチベーションの維持が大変です。

TOEICは小刻みに点数が上がるし、受ける気になれば受験回数を
増やすことが出来ます。英検の場合は合否だけなので、自分の学習の
習熟度がわかりにくい所があります。

一方、英検はなんと言っても4技能を測る事が出来る所が良いです。
範囲もビジネスに限定していないので、語彙の幅も広がります。

私が英検準1級を受けたのは、TOEICでAランクを取った後でしたが、
語彙は、準1級のパス単で分からない単語が半分くらいある感じでした。
(多分500個以上知らない単語があったと思います。)

また、一次でエッセイが、二次試験でスピーキングがあるので、TOEICでは
やらないアウトプットの練習をすることが出来ます。
私も準1級を受けるために、オンライン英会話とライティングの添削の
フルーツイングリッシュをはじめました。

TOEICには、S&Wがあるのですが、費用が1万円であることと、
全員が同じ試験を受けるので、特にスピーキングはきついかなと思います。

またTOEICだけを道しるべにしていると、普通はどこかで踊り場を迎えます。
それが、何点かは人によると思いますが、そういった時に英検に目を向けて
見るのも良いのかなと思います。私の場合は900点が一つの山でした。

英検とTOEICの点数の相関は、800点前後から準1級に取り組んでも
良いのかなと思います。準1級は730~750点みたいな話しはありますが、
昔はそうだったかもしれませんが、今はTOEICの対策が進んでいるので、
英検準1級に合格レベルの方は800点台の半ばだと思います。
(先読み等の対策をしていない人は別です。)

逆に英検しか取り組まれていない方は、TOEICに取り組まれると、
速読等の瞬発力も鍛えられるし、英検とは異なる語彙強化や英文に
慣れることが出来ると思います。

好き嫌いもありますが、TOEICはスポーツのような感じがして私は好きです。
日頃色んなトレーニングを積んで、心技体を当日に合わせて調整し、
試合で全力を出し切るっていう感じです。
私の場合、時間が足りないから本当に全力です。

来週水曜日は、1年半ぶりの会社のIPテストです。
準備は不十分ですが、残りの1週間ですべきことをやって、ベストを尽くします!
前回の895点超えが目標です。会社ではこれ以上点数を上げても意味はない
のですが、900点にはこだわりたいです。それで会社のIPテストは卒業です。

あっ、席は当然のようにラジカセの前を陣取ります。
(会社では、良い席を確保したいという人がいないので特等席が空いています)

2年前の中村澄子先生のセミナー

会社のTOEIC IPテストの日程も決まりましたが、
英検の方に頭が入って、TOEICの訓練が全く進んでいません。

で、久し振りに1000本ノック5を朝やったのですが、まずいです。
出来ません・・・。
私のレベルではちゃんとTOEIC用の体を作らないと点数が
取れないので、PART5だけでも今日から特訓です。

それはそれとして、今日は私の勉強のきっかけとなった2年前の
セミナーについて書きます。

参考書を買って、自分で適当にTOEICの勉強をしていましたが、
目標までに時間がかかりそうだったので、後輩に教えてもらった
中村先生のセミナー(リスニング、リーディングの両方)に
参加することにしました。本当は教室が良かったのですが、
タイミングが合わずセミナーになりました。

私にとっては、生まれて初めての自発的なセミナー参加で、
非常に強烈なインパクトがありました。

もちろん、中村先生の講義も素晴らしく、TOEICのことをよく知らなかった
私は、一生懸命ノートを取って、先生のマシンガントークに必死について
いきました。人生で一番ノートを取った3日間でした。
その甲斐があって、10月にLが400→480にパッと上がりました。
中でも、PART3&4の先読みの仕方とPART2の捉え方は目から鱗でした。
先生のセミナーに比較的早くたどりつけたのは、幸運だったと思います。

講義の他にもう一つ感心したのは、出席者の真剣さでした。

社会人でこんなに真剣に勉強しようとしている人がいるというのは、
私にとって驚きでした。
ボロボロの1000本ノックを持って一番前に嬉しそうに座っていたお母さん、
履歴書に必要なので、どうしても次のテストで800点を獲りたいんです、
と言っていた私より先輩のお父さん。すごく皆さん一生懸命でした。

今でもあの人達はどうしているのだろうと思います。

 先日、ある学習者の方とお話した時にも思ったのですが、
成果を早く出せる人は、非常に行動が目的的というか、
正しい道を見つける嗅覚が優れています。

なんで、そこにたどりつける?という所をきちんと押さえています。
積極的に獲りにいこうという姿勢が、そういう出会いを呼ぶのかと思います。
(それと、圧倒的な努力!本当に頭が下がります。)

 今年は、中村先生も多忙の為、残念ながらセミナー開催はないようですが、
東京にはKIYOさんのTOEIC学習会という最高の学びの場もあります。

この夏は、自分の学習に合った学びの場を探し、参加されてはいかがでしょうか。

 私は、天満先生の朗唱練習会かアテネフランセの発音セミナーに行くか
思案中です。それより英検1級単語を覚える方が先なんですが・・・。

 あ、写真は3月の中村先生と花田先生のジョイントセミナーの時に
もらったサインです。生まれて初めてサインをお願いしました。
ちなみに本は「出来る人のTOEIC勉強法」です。
先生の本は多分全部読みましたが、私にはこれが一番です。



画像















できる人のTOEICテスト勉強法
中経出版
中村 澄子


Amazonアソシエイト by できる人のTOEICテスト勉強法 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

やっぱりNHKのニュースで英会話はいい!

今週は茅ヶ崎の教室が夏休みだったこともあり、
NHKのニュースで英会話(テレビではなくPC)を見ていました。

実は先日来、A&Aの日本人先生とニュースで英会話を
使ったレッスンについて色々話しをしていて、先日は私が
実験台になって模擬レッスンも行いました。

その時は、自分の実力不足を思い知らされたというか
一人でやっていると何となくわかった気になっていたことが、
人に伝えようとすると、分かっていなかったことに気づかされました。

で、やっぱりニュースで英会話は素晴らしい教材だと再認識しました。

ターゲットは英検でいうと準1級から1級を目指す人、TOEICだと
Lが400位の人からがターゲットでしょうか。
(あくまで私の主観です。)

音声も3パターン(通常のニュース番組、読み上げ早い、ゆっくり)
あり、学習者のレベルによって変えられます。

ちなみに今日は、通常を数回(2~3回)聞いて、読み上げ(2回)を
聞いて、大意をメモするようにしました。

そして、その後スクリプトで拾えない音を確認して、通常のニュースを
2回聞きます。それに音読を数回入れてみました。

大体30分強くらいです。

人によって時間によって、レベルや内容を工夫次第で替えられます。

例えば、音読・シャドーイングを中心に行なう、単語テストをうまく
活用する、他の先生のように和文から英作文の練習に活用すると
いったことも可能です。(英作文は私は無理です・・・。)

私が今通っている茅ヶ崎方式と非常に似たレッスンを組み立てることが
可能になります。

なので、私も今通っている茅ヶ崎方式も9月で一旦区切りとなるので、
ニュースで英会話に移行しようと考えています。

予算も限られており、これからライティングのレッスンをやりたいので、
リスニングはニュースで英会話の徹底活用に切り替えようと思います。

但し、私の場合、自分だけだと甘くなるので、そこをどうするか、
考えていきたいと思います。

«  | ホーム |  »

プロフィール

Hiroshi

Author:Hiroshi
2011年から勉強開始

2013年 TOEIC935
2013年 TOEIC965IP
2014年 英検1級(通算8回)
2015年 通訳案内士取得
2015年 英検1級奨励賞受賞

英検® 特化型塾サクシード

最新記事

最新コメント

カテゴリ

英検1級 (158)
英検1級2次試験 (49)
目標管理とか (22)
英語勉強法 (45)
英検準1級 (9)
雑記 (114)
オンライン英会話 (8)
音読 (7)
TOEIC (13)
通訳案内士 (18)
未分類 (12)

月別アーカイブ

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる