FC2ブログ

2012-11

楽しいオンライン英会話

英検準1級の二次試験対策として、10月後半からオンライン英会話を始めました。他の方のブログを参考に、以下のレッスンを受けていますが、やっぱり言葉なので人を相手にすると楽しいです。

1.A&A English
 主にグラマーを教えてもらっています。テキストはSide By Sideですが、意外と知らない表現もあり、勉強になります。英語で受けるグラマーはニュアンスを含めての勉強なので、新鮮な感じです。一億人の英文法を英語で教えてもらっている感じですかね。

2.プレミア英会話
 カランメソッドを毎日やってます。口のトレーニングですね。本当は50分のレッスンがトレーニングとしては良いのでしょうが、疲れるので25分でやってます。復習も含めると40分くらい動かしています。

3.i Talk
チケットを買って、好きな先生のレッスンをとっています。やっているレッスンはフリートーキングやArticle Readingです。総じて良い先生が多いのではと思います。また、オーナーが、3年くらい前から英語の勉強を始めた方なので学習者の気持ちをよく理解してくれている気がします。

しばらくは、この3校でレッスンを進めます。







 

カランメソッド

カランメソッドをプレミア英会話で始めてそろそろ1カ月が経過。STAGE2のlesson16あたりです。早いのかどうかはかなり微妙な感じです。最初の頃言えてなかったフレーズが、少しは言えるようになった気もしますが、気のせいかも。

カランは口の訓練には良いとは思いますが、これだけでしゃべられるようにはならないので、違うトレーニングトが必要です。カランが口と反射神経を養うトレーニングだとすれば、言葉を呼び出すトレーニング(article reading 等)が必要なのでしょうね。今日のレッスンはまあまあ進んだと思います。

英検準1級二次対策(オンライン英会話)

二次対策でお世話になったのが、オンライン英会話です。


1.バリューイングリッシュ http://valueenglish.com/

英検対策コースをしっかり持っています。WEB上に無料の虎の巻も公開されており、非常に参考になりました。英検準1級のコースは、6回で5,980円で、非常に丁寧な良いコースだと思います。(コースは受講しませんでした。)


2.iTalk ENGLISH   http://www.italkenglish.jp/plan.php

対策コースはありませんが、通常のレッスンの中で対策をしてくれます。(スクールの教材に旺文社の予想問題があるので、それでレッスンを受けられます。)iTalkには入会してレッスンを受けましたが、自分だけで練習するのと人を相手に練習するのでは全く異なるので良い練習になりました。ただし、先生によっては教材が分からず質問だけになってしまった時もあるので、サポートの方に依頼する方が良いかもしれません。


また別のレッスンで言われ、非常に参考になったのが、 以下のアドバイスでした。
Do you think that it is important ~?という質問に対して、 「Yes,I think ~」と答えたのですが、「Yes,I think ~」では自信を持って答えているように聞こえないから、[Yes it is. Because~」とか「Yes, I definitely think so,」とか、はっきり答えた方が、面接官にアピール出来ると言われました。確かにそうだなと思ったので、自分の言い易い言葉で付け加えるようにしました。ちなみに、私は「Yes, I definitely think so,」です。

オンライン英会話は対策として非常に有効なので、是非トライして下さい。

英検準1級二次対策(参考書)

英検準1級の二次対策は、定番の「14日でできる! 英検準1級 二次試験・面接 完全予想問題 」を買いました。それ以外にも通常の過去問題集の二次試験の問題を練習しました。まずは、どのくらいしゃべると2分になるかを体で覚えることが大事だと思います。

また準備時間の1分は、以下のように使っていました。
まず骨格となるストーリーを日本語でパッと考え、そのナレーションを英語で言うための重要な語句が、英語で言えるかを確認していました。私の場合、特定の単語につまると、それを思い出そうと「Wo~っ」となってしまうので、そうならないよう、分かる単語だけで説明するようにしていました。

例えば、投票所で投票している絵の場合に「投票する」という言葉が思い浮かばなかったら、それを使わないで「たくさんの人が選挙に来ていました」みたいな感じです。質問もこの問題集と過去問をやっておけばかなり答えられるようになると思います。

またいくつかのテーマ(環境、教育、景気、高齢化、少子化etc)については、この質問が来たら多少強引でも、このフレーズを使おうというのも決めておきました。自分の得意な話しをして、とりあえず答えて何とか3点をとるという戦法です。何も答えないで終わるというのが、最悪なのだと思います。
(まあ、実際の試験では想定していた環境問題の質問がきて、よしっと思ったのに3R(Reduce、Recycle、Reuse)の内Reduceが出て来なくて焦りましたが・・・。)







英検準1級1次対策

私の場合、語彙に問題があったので、旺文社の英検準1級でる準パス単を買いました。無料の音源もダウンロード出来、通勤時にも聞けたので非常に良かったです。
大体90%位の出来で試験には臨み、点数は20点でした。模試でもその位だったので、9割くらい覚えれば20点はとれると思います。

あとは、模試をいっぱい解きました。英検のHPの3回+2005年の6回問題集(音なし)+短期完成3回過去問題集を2冊をやりましたので、15回分の問題を解いた形になります。問題に慣れるのは、どの試験でも大事なので、たくさん問題集を解くことをお勧めします。
得点の内訳は変わりましたが、作文を除くトータル得点は大きく変わりませんでしたので、問題のレベルは揃っているということだと思います。
短期完成3回過去問題集はリスニング音源も入っているので大変お得な問題集で、お勧めです。また音読のパッケージとしても準1級の素材は非常に優秀なので、試験は終わりましたがスクリプトの音読は継続しています。
(完全英語上達マップの森沢先生の著書にも使われています。)

リスニングはPART2がTOEICよりも難しいと思いますが、PART3で満点を狙えば必要な点は取れると思います。そのために筆記を早めに終わらせて、先読みをすることが大事だと思います。どんなトピックかを想像しておいて、何を聞き逃してはいけないかを待ち伏せ出来れば、完ぺきです。
私は本番でやってはいけない深追いをしてしまい、PART3で3問乱れて4点しか取れませんでした。結果的にPART2は良かったのですが、PART2はそこそこで、PART1とPART3で取りこぼしを防ぐ聞き方が大事だと思います。私の得点は、12点、11点、4点で合計27点でした。

作文は何もやっていなかったので、8点でした。完全な英借文で、質問をおうむ返しに使っただけの答えだったので、まあこの程度の点数だと思います。
読解は、7月位から多読を始めてpenguinのGrade3程度の物をたくさん読みスピードを上げる練習をしました。Japann times Weeklyも6月に始めましたが、3週位で挫折してますので難しいものを読む力はまだありません。読解は25点でした。









Amazonアソシエイト by 英検準1級 でる順パス単 (旺文社英検書) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル




英検準1級二次試験合格!!

英検準1級二次試験無事合格していました。
満点38点に対して、得点は29点、合格点は22点でした。
内訳は、ナレーション 12/15
     Q&A      14/20
     アティチュード  3/3 でした。

私の面接官は、女性の優しい感じの面接官でした。
私の受験した会場(横浜市緑区)は、教室が5つ位あって、受付した順に5つの
教室の前に並んでいきました。複数の面接官がいる場合、誰が面接に当たる
かというのも合否の大きな要素だと思いました。
私の面接官は、アティチュードも非常に優しくつけてくれたと思っています。
(簡単な自己紹介、会社員であること、自分の仕事を答えただけです。)
面接官もThat's very interesting.といった位で、すぐにテストにはいりました。

試験の中身はこんな感じでした。
私のナレーションは、ごみ処理の有料化の話しで、とりあえず何とか止まらずに
言い切りました。多分、時間は1分40秒くらいだったと思います。
しばらく無言の時間があったので、一瞬何か付け足そうかと思いましたが、ボロ
が出るのでやめました。

Q1: 4番目の絵を見て、あなたが男性ならどう思いますか?に対しては
    仕組みは、うまくいっていないので、何かしなければならいと答えました。

Q2: 環境について何をしなければいけないと思うかというような質問に、
    3R(Reduce、Recycle、Ruse)が大事であると言おうとしたのですが、
    Reuseが中々出ずに一瞬パニックになりました。

Q3: これは、全く思い出せませんが、短く答えて3点くらいはもらえたのではな
    いかと思います。

Q4 : 地方の政府は地域のことをもっとやらないといけないか?に対しては
     地域のためにあるのだから当然もっとやらなければいけないというよう
     なことを答えました。 (理由を具体的に出来なかったので×です。)

多分Q1、Q2が4点で、Q3とQ4が3点だと思います。

他の方のブログで、面接官の手元が見えるというようなことがありましたが、
大きなボードがあって全く見えませんでした。その方が良かったですが。

二次については、出来た手ごたえが全くなかったのですが、通過してほっとして
います。

また別の機会に色々英検準1級について、書いていきます。

  

«  | ホーム |  »

プロフィール

Hiroshi

Author:Hiroshi
2011年から勉強開始

2013年 TOEIC935
2013年 TOEIC965IP
2014年 英検1級(通算9回)
2015年 通訳案内士取得
2015年 英検1級奨励賞受賞

英検® 特化型塾サクシード

最新記事

最新コメント

カテゴリ

英検1級 (164)
英検1級2次試験 (51)
目標管理とか (23)
英語勉強法 (45)
英検準1級 (9)
雑記 (127)
オンライン英会話 (8)
音読 (7)
TOEIC (13)
通訳案内士 (40)
未分類 (12)

月別アーカイブ

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる