2012-11

TOEIC試験 私の解き方②

私の解き方の続き②です。

Part2のイントロ

Part3の先読みに全ての時間を当てます。あまり先まで読んでも結局忘れてしまうので、先読みの貯金(ペース)を作るためにも最初の3つ位までです。

PART2

・5W1Hの質問であれば、忘れないよう、頭の中で「when、when、when」とつぶやきます。頭を落とさなければ、中身が分かっていなくても解答出来ます。
・aが正解であった場合にも、PART5を1問やろうとしたり、PART3/4の先読みをすると次への集中が欠けますので、やっていませんでした。aが正解の場合は、小休止してます。
・とにかく動詞を含めた最初の3Words位が一番大事です。


Part3のイントロ

くどいですが、同じPART3を先読みします。PART4の先読みを途中に入れたこともあるのですが、あまりうまくいきませんでした。最初の3ブロックを絶対に落とさない、先読みの貯金を作るという方法が私には良かったです。

PART3とPart4

①最初の会話が流れ出したら、意識を7:3か8:2位の割合で、会話に集中しながら問題を解きます。マークシートには線だけ塗ってきれいに塗るのは後回しです。

②会話が流れている間に問題を解き終わらせます。場合によっては、会話が終了する前に問題が全て出る場合もあるので、解き終っても会話が 流れているかもしれません。

③問題を読んでいる間に次の先読みをします。先読みは選択肢まで読みたいですが、最低でも問題は読みます。

①~③を繰り返していくのですが、後半になると段々先読みの貯金が少なくなっていました。最初は、選択肢までちゃんと理解していたのが、最悪の場合先読みなしで会話に突入するまで貯金が減って押し込まれる時もあります。そんなときは、所詮最大3問捨てようと割り切り、次の先読みに移りました。こだわるとグダグダになります。

森の問題と木の問題
 設問と会話の順番は基本的には順番ですが、最初の問題にinfer(推察する)とかImply(暗示する)とかがあると最後まで聞かないと分からない(森の)問題もあるので、順番にはこだわり過ぎない方が良いと思います。(あれっ、1問目の答えがないと思っている間に2番目をスルーしてしまう)
逆に曜日を答えるような(木の)問題はそのポイントを聞き逃すと駄目なので、キーワードに集中します。往々にして森の問題はヒントがいくつかの場所に出てくるように思います。

Listeningセクションが終了したら、Part3とPart4の色塗りを全力でやります。

Readingセクションに続く

TOEIC試験 私の解き方①

TOEICの試験時の私の解き方について書いてみます。本来の英語力向上からは邪道かもしれませんが、点数を上げるために、色々試してみました。試験のやり方(解き方)を変えるだけで、特にリスニングの点数は変わると思いますので、自分にあったやり方を見つけてください。私の場合、400点が460点~480点に変わった感じです。

まずは、準備編の受験必須アイテムです。
  1.ユンケル(集中力が高まる気がします)
  2.腕時計(万が一に備え、2個)
  3.マークシート用シャープペンシル
    (塗る時間削減で2分~3分節約出来るので、
     時間が足りない人は絶対必要です。)

Listening Section共通

1.リズム(集中と弛緩)が最も重要で、1回崩れると総崩れになる可能性があります。そのために、分からない・出来なくても次の問題に引きずらないことが重要です。

2.ペースを守れないと英語の会話が単なる音に変わってしまいますので、どうペースを守るか、崩れそうになった時に立て直せるか(問題を捨てられるか)が鍵です。

3.readingの時間は、取り返すことが出来ますが、Listeningは取り返せないので、Listeningに注意を払うのが良いと思います。


Introduction ~ Part1のイントロ

1.Part3の先読みに全ての時間をあてる。3つ位のQとAを読む。時間が余れば、PART3で聞き逃していけない問題、曜日・時間等の問題に後で消せるように○を薄くつける。(曜日とかは意識しないとすぐ忘れるので、集中すべきところを意識するため)

2.問題を半分に折って、Part3とPart4を解くときに問題と解答用紙を近付けられるようにする。 目線を動かさず問題から解答にすぐ移れるので、すごく良いです。

PART1

・絵を見て状況を把握し、問題を瞬間想像。(人の人数、持っているもの、方向、道路等々)正解だと思う記号が来るまで順番にシャーペンを動かす。迷った時には、シャープペンの先を動かさない。 (動かした後は不正解の選択肢を捨てる(忘れる)感じです。)

以下続く








多読 There's A Boy in the Girl's Bathroom

多読の中で一番好きな本がコレ!!HOLESを書いたSacherのThere's A Boy in the Girl's Bathroom です。スクールカウンセラーと悪ガキの心の交流を描いた本です。人を信じ、あるがままを受け入れることの大切さを教えてくれます。洋書で初めて泣けてきました。(まあ大した数を読んでいませんが・・・)

あとはMarvinシリーズもすごく好きなシリーズもすごくおもしろいです。使っている単語は、レベル3位の難しくない単語ですが、GradeReaderと違って、説明的でないからおもしろいのだと思います。また、動作を表す単語は結構知らない単語もあるので、そういう点でも勉強になります。ぜひ読んでみてください。







There's A Boy in the Girl's Bathroom
Yearling
Louis Sachar

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by There's A Boy in the Girl's Bathroom の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

多読王国

読解スピードを上げるために、6月くらいから多読王国に参加しています。9月、10月は英検受験があり、あまり読めなかったので、少し頑張って、年内に100万語は超えたいです。主に読んでいるのは、語数制限本ですが、本としてはあまりおもしろくないですね。今手持ちに残っている、Level5、Level6が10冊ほどなので、それが終わったら、TEEN向けの本に移ろうと思っています。

今までは、図書館で借りたり、白金にあるBOOK OFF(すごく広い洋書コーナー有り)で買ったりしてましたが、あまり使っていないKindle4をちゃんと使おうと思っています。でも、一方でKindle4はPDFがあまりきれいに見えないので、新しいPAPER WHITEが欲しいと思う自分がいます。新しいものが出るとついつい欲しくなってしまうのが、自分のダメダメなところです。

ライティングの練習 フルーツイングリッシュ

ライティングがあまりにもひどく、今まで何も勉強してこなかったので、何か対策を立てようと思い、とりあえずフルーツイングリッシュのメルマガ購読を1カ月くらいやっています。メルマガにも、毎日短文練習がついているので、非常に役に立つと思いますが、11月末までのキャッシュバックキャンペーンがあったので、週2回作文コースに申し込みました。

英作文のフルーツフルイングリッシュ

作文は苦手なのですが、添削が非常に丁寧で、自分が書いた表現を活かしつつ、添削してもらえるので、こうすれば良いのかというのが、非常によく分かります。とりあえず2か月続けようと思っています。折角1か月無料なので最低でも、もう1か月は継続します。2か月やればちょっとは、苦手意識がなくなると思いたいです。

lang-8も良さそうですが、自分の書いたものを土台に添削してくれるというところと、相手のレベルが一定であるという所が良いと思います。値段は安くないですが、クオリティーを求めると妥当なのかと思います。

ちなみに下にあるのが添削の解説の抜粋です。これで半分くらいです

「(A)studyingもいちおう扱いは名詞のようなのですが、ここでは、できたら本当の名詞の方がいいです。他に例を挙げてみます。

At the airport I waited for his arriving.
At the airport I wanted for his arrival.

Arrivalの方が自然な言い方です。

(B)or「どちらか」というより、「知識も経験も」という方が自然だと思います。

(C)somebodyでもいいですが、ネイティブの人は、よくpeople out thereという言い方をします。out there=「どこかに、向こうの方で」という意味もありますが、もっと大きな意味として「世間の」というような意味です。

イメージ的には「そこら中にいる人たち」=「世間の人」しかし、別にそんなに「世間」という大げさな言葉でなくて構いません。それはどのような文で、この表現を使うにもよります。 「このブログを読んでくれる人たち」という訳になると思います。 」

ipod touchで勉強

先月末に新しいipod touchを買いました。画面が大きくなってすごく見やすくなりました。前の機種ではPDF化した実ビジを読むには小さくてきつかったですが、新しい機種は全然違います。また解像度が上がっており、鮮明さも増しています。そろそろ老眼が訪れている身には、大変ありがたいです。

私の場合、英語の勉強になくてはならないGadgetになっています。通勤時間が主な勉強時間でもあるので、色々なアプリを入れています。

 ・iBOOK 自炊PDF(実ビジ、準1スクリプト、特急シリーズ、中村本) 
 ・i暗記  自炊単語帳
 ・Podcast(NHKニュース、CNNStudent、ESL(1.5倍速)) 
 ・瞬間英作文
 ・ビデオ(フレンズ 英語字幕)
 ・キクタン
 ・Kindle、Audible (大体寝てしまいますが・・・・)
 ・洋楽歌詞入り (80年代の曲に歌詞を入れて口パク練習)

便利過ぎて、色々入れ過ぎですが、ipodのおかげで電車の中で飽きるという事がありません。




 



最新モデル 第5世代 Apple iPod touch 32GB ホワイト&シルバー MD720J/A
アップル

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 最新モデル 第5世代 Apple iPod touch 32GB ホワイト&シルバー MD720J/A の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

楽しいオンライン英会話

英検準1級の二次試験対策として、10月後半からオンライン英会話を始めました。他の方のブログを参考に、以下のレッスンを受けていますが、やっぱり言葉なので人を相手にすると楽しいです。

1.A&A English
 主にグラマーを教えてもらっています。テキストはSide By Sideですが、意外と知らない表現もあり、勉強になります。英語で受けるグラマーはニュアンスを含めての勉強なので、新鮮な感じです。一億人の英文法を英語で教えてもらっている感じですかね。

2.プレミア英会話
 カランメソッドを毎日やってます。口のトレーニングですね。本当は50分のレッスンがトレーニングとしては良いのでしょうが、疲れるので25分でやってます。復習も含めると40分くらい動かしています。

3.i Talk
チケットを買って、好きな先生のレッスンをとっています。やっているレッスンはフリートーキングやArticle Readingです。総じて良い先生が多いのではと思います。また、オーナーが、3年くらい前から英語の勉強を始めた方なので学習者の気持ちをよく理解してくれている気がします。

しばらくは、この3校でレッスンを進めます。







 

カランメソッド

カランメソッドをプレミア英会話で始めてそろそろ1カ月が経過。STAGE2のlesson16あたりです。早いのかどうかはかなり微妙な感じです。最初の頃言えてなかったフレーズが、少しは言えるようになった気もしますが、気のせいかも。

カランは口の訓練には良いとは思いますが、これだけでしゃべられるようにはならないので、違うトレーニングトが必要です。カランが口と反射神経を養うトレーニングだとすれば、言葉を呼び出すトレーニング(article reading 等)が必要なのでしょうね。今日のレッスンはまあまあ進んだと思います。

英検準1級二次対策(オンライン英会話)

二次対策でお世話になったのが、オンライン英会話です。


1.バリューイングリッシュ http://valueenglish.com/

英検対策コースをしっかり持っています。WEB上に無料の虎の巻も公開されており、非常に参考になりました。英検準1級のコースは、6回で5,980円で、非常に丁寧な良いコースだと思います。(コースは受講しませんでした。)


2.iTalk ENGLISH   http://www.italkenglish.jp/plan.php

対策コースはありませんが、通常のレッスンの中で対策をしてくれます。(スクールの教材に旺文社の予想問題があるので、それでレッスンを受けられます。)iTalkには入会してレッスンを受けましたが、自分だけで練習するのと人を相手に練習するのでは全く異なるので良い練習になりました。ただし、先生によっては教材が分からず質問だけになってしまった時もあるので、サポートの方に依頼する方が良いかもしれません。


また別のレッスンで言われ、非常に参考になったのが、 以下のアドバイスでした。
Do you think that it is important ~?という質問に対して、 「Yes,I think ~」と答えたのですが、「Yes,I think ~」では自信を持って答えているように聞こえないから、[Yes it is. Because~」とか「Yes, I definitely think so,」とか、はっきり答えた方が、面接官にアピール出来ると言われました。確かにそうだなと思ったので、自分の言い易い言葉で付け加えるようにしました。ちなみに、私は「Yes, I definitely think so,」です。

オンライン英会話は対策として非常に有効なので、是非トライして下さい。

英検準1級二次対策(参考書)

英検準1級の二次対策は、定番の「14日でできる! 英検準1級 二次試験・面接 完全予想問題 」を買いました。それ以外にも通常の過去問題集の二次試験の問題を練習しました。まずは、どのくらいしゃべると2分になるかを体で覚えることが大事だと思います。

また準備時間の1分は、以下のように使っていました。
まず骨格となるストーリーを日本語でパッと考え、そのナレーションを英語で言うための重要な語句が、英語で言えるかを確認していました。私の場合、特定の単語につまると、それを思い出そうと「Wo~っ」となってしまうので、そうならないよう、分かる単語だけで説明するようにしていました。

例えば、投票所で投票している絵の場合に「投票する」という言葉が思い浮かばなかったら、それを使わないで「たくさんの人が選挙に来ていました」みたいな感じです。質問もこの問題集と過去問をやっておけばかなり答えられるようになると思います。

またいくつかのテーマ(環境、教育、景気、高齢化、少子化etc)については、この質問が来たら多少強引でも、このフレーズを使おうというのも決めておきました。自分の得意な話しをして、とりあえず答えて何とか3点をとるという戦法です。何も答えないで終わるというのが、最悪なのだと思います。
(まあ、実際の試験では想定していた環境問題の質問がきて、よしっと思ったのに3R(Reduce、Recycle、Reuse)の内Reduceが出て来なくて焦りましたが・・・。)







«  | ホーム |  »

プロフィール

Hiroshi

Author:Hiroshi
2011年から勉強開始

2013年 TOEIC935
2013年 TOEIC965IP
2014年 英検1級(通算7回)
2015年 通訳案内士取得
2015年 英検1級奨励賞受賞

英検ゼミ サクシード

最新記事

最新コメント

カテゴリ

英検1級 (138)
英検1級2次試験 (40)
目標管理とか (22)
英語勉強法 (41)
英検準1級 (9)
雑記 (106)
オンライン英会話 (8)
音読 (7)
TOEIC (13)
通訳案内士 (17)
未分類 (10)

月別アーカイブ

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる